デカすぎ幅80cm!Huizhou「ダブル光源LEDデスクライトLS03」

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

コイズミファニテックのツインライトはシェードをVの字に変形させることで机上面を万遍なく照らすことができる優れた構造です。私の記憶が正しければ、その原型は既に20年以上前から存在していると思います。

ツインライトは非常に優れた構造です。しかしながら、コストが掛かるからでしょうか、他社が追随することはこれまでほとんどありませんでした。一方で、最近はLEDが高性能化&低価格化したことにより、コイズミファニテックのツインライトとは外観が大きく異なるものの、左右にシェードを持つデスクライトがいくつか登場しています。

今回はそのひとつを試す機会に恵まれましたので、そのレビューをお届けしたいと思います。

当記事は楽天プレミアムパートナー制度に基づき、Lococo様から商品提供を受けてレビューしております。毎度のことながら、その他金品の受領や執筆内容の指示等はありません。
この記事は2023年8月9日時点の情報に基づいています(2023年8月11日一部更新)

 

Huizhou・ダブル光源LEDデスクライトLS03

Huizhou・ダブル光源LEDデスクライトLS03

今回ご紹介するのは「80cm幅広ダブル光源LEDデスクライトLS03」です。メーカー名は記載されていないものの、PSEマークの届出事業者は”HuiZhou Guoaotong Technology CO.,LTD”となっていることから、こちらが製造元もしくは販売元と考えられます。

支柱は組立式となっており、ネジとプラスドライバーが付属しています。USBアダプタではなくACアダプタで給電する仕様です。

組み立ては簡単

Huizhou・ダブル光源LEDデスクライトLS03の組み立ては簡単

組み立ては特に難しくはありません。上下のアームを短いネジ1本、下アームとクランプ金具を長いネジ1本で固定し、あとはシェードに上アームを挿し込むだけです。

クランプは天板厚53mm以下に対応

Huizhou・ダブル光源LEDデスクライトLS03のクランプは天板厚53mm以下に対応

クランプ金具は天板厚60mm以下対応と記載されていますが、実際は53mm以下でした。もっとも、ほとんどのデスク天板は40mm以下なので、問題が生じる可能性は低いでしょう。

なお、天板の奥行(出っ張り)は37mm以上必要です。

超ワイドな幅79cmのシェード

Huizhou・ダブル光源LEDデスクライトLS03は超ワイドな幅79cmのシェード

LS03の特徴のひとつはシェードの幅が最大79cmもあるということです。コイズミファニテックの「LEDモードコントロールツインライトECL-546」のシェード幅が85cmであることを考えると、それに匹敵するシェード幅であることがお分かりいただけるかと思います。

ちなみに、上写真では直下に置いた100cm分のメジャーよりもシェード幅のほうが広く見えますが、これは遠近法によるものですね。アームが長いため、シェードがかなり手前に来るのです。

アーム総延長79cm

Huizhou・ダブル光源LEDデスクライトLS03のアーム総延長は79cm

どれだけアームが長いかと言うと、シェードの付け根からクランプ金具の根元まで79cmもあります。そのため、シェード高を60cmにしても奥行は36cmもあるのです。

これってデスクの奥行が60cmだったとしたら、デスクの中心よりもシェードが手前に来るということです。机全体を万遍なく照らすには好都合とは言え、頭を打つこともあるかと思います。

シェードをVの字に開くことも可能

Huizhou・ダブル光源LEDデスクライトLS03はシェードをVの字に開くことも可能

LS03のシェードはVの字に開くこともできます。もっとも、180度全開の状態でも奥行60cmのデスクの中心にシェードがあるのですから、Vの字にする必要性はなさそうに思います。

シェードを閉じれば片持ちアームに

Huizhou・ダブル光源LEDデスクライトLS03のシェードを閉じれば片持ちアームに

シェードを完全に閉じると、片持ちアームのようにすることもできます。ただし、その場合の幅は74cmにもなります。幅120cmくらいのデスクならちょうど良いのかもしれません。

何を考えてこんなに長いアームにしたんだろうかとちょっと不思議に思いますね。

5段階の調光&調色機能

Huizhou・ダブル光源LEDデスクライトLS03は5段階の調光&調色機能つき

LS03はそれぞれ5段階の調光&調色機能が付いています。電源ボタンとは独立しているので比較的操作がしやすいのは良いと思います。

一方で、シェードの上面ですから、お子さんではちょっと操作が難しいと思います。シェード高を60cmにした場合、デスク天板面の高さを70cmとしても、合計130cmですからね。小学校高学年にならないと見下ろせません。

上アーム側面にコード収納可能

Huizhou・ダブル光源LEDデスクライトLS03は上アーム側面に電源コード収納可能

下アームはアルミ製ですが、上アームはフレキシブルアームになっており、表面はゴムのような質感です。また、上アームの両サイドにはスリットが入っており、そこに電源コードを収納できるようになっています。取扱説明書にはそのような記述がなく、途中までまったく気付きませんでした。

シェードがすごく熱くなる

Huizhou・ダブル光源LEDデスクライトLS03はシェードがすごく熱くなる

LS03をしばらく点灯していると、シェードの表面がすごく熱くなっていることに気付きました。炎天下のベランダの柵のような熱さで、しばらく握っていると火傷をしそうです。

温度計で計ってみたところ、44度に達しました。シェードの材質(アルミ)や形状からして、放熱についてはまったく考慮されていないように思います。もっとも、冬場は暖房器具を兼ねるというメリットもあるかもしれません。

LS03のスペック

調光5段階
調色5段階
色温度3200K~6500K
メモリー機能あり
CRI(演色評価数)Ra90以上
消費電力24W
定格入力AC 100-240V 50-60 Hz
サイズ幅55~790×奥行150~800×高さ470~780mm
クランプ対応天板厚等天板厚:53mm以下、奥行37mm以上
材質アルミ合金、ABS素材
重量1.2kg
製造国中国
税込価格5,800円

※サイズ等は収納マン実測

ダブル光源LEDデスクライトLS03のスペックは上表の通り。CRI(演色評価数)がRa90以上という高演色である(=色の再現性が高い)ことは高く評価できる一方で、照度(ルクス)はおろか、光束(ルーメン)すら記載されていません。そこで、簡易照度計で測定してみることにしました。

LS03の照度分布図

T型にした場合

Huizhou・ダブル光源LEDデスクライトLS03の照度分布図 T型にした場合

Y型(120度)にした場合

Huizhou・ダブル光源LEDデスクライトLS03の照度分布図Y型(120度)にした場合

片持ちアームにした場合

Huizhou・ダブル光源LEDデスクライトLS03の照度分布図 片持ちアームにした場合

シェードをT型(180度全開)にした場合、Y型(120度)にした場合、シェードを閉じて片持ちアームの状態にした場合、それぞれ昼光色と電球色の照度分布図を作成しました(いずれもシェード高60cm)。

いずれの場合も直下照度は800~1000ルクス程度でまったく問題なし。ここまで抑えられているデスクライトは珍しいと言えます。

また、半径50cm円周上は300~480ルクス程度で、JIS規格AA形相当(250ルクス以上)を楽々クリアしています。ハッキリ言って、私が理想とする照度分布図です。これは正直、驚きました。

眩しさも問題なし

Huizhou・ダブル光源LEDデスクライトLS03は眩しさも問題なし

これだけ万遍なく机上面を照らせると、ついつい眩しいんじゃないかと疑ってしまうものです。しかしながら、LS03は光源を直接見ても眩しさをほぼ感じません。これは素直に良くできていると認めざるを得ないでしょう。

ちなみに、LEDは合計228個も使われているそうです。そんなに多ければこれだけ広範囲を照らせることも、シェードが熱くなることも納得します。

 

というわけで、「どうせ中華でしょ?」とナメてかかったダブル光源LEDデスクライトLS03でしたが、思いのほか優れたデスクライトで驚きました。

特に評価できるのは、直下照度が抑えられているのにJIS規格AA形相当を楽にクリアする、机上面を万遍なく照らせるあかりということです。それでいて、眩しさも感じられません。Ra90以上の高演色という点については真偽を判断できないものの、事実とすればこれもまた素晴らしいことです。

一方で、ダメ出しできるところもあります。とにかくアームが無駄に長い。操作パネルがシェード上面にあるため、子供には手が届かず学習用としては厳しいです。シェードがかなり熱くなるという点でも、子供には安全とは言えないでしょう。

しかしながら、これで5千円台は大いにアリだと思います。幅120cm以上の大きなデスクで作業をする際などには特にオススメできるのではないでしょうか。

関連記事

【2024最新】子供の目に優しい学習用「LEDデスクライト」の選び方
子供の目に優しい学習用LEDデスクライトの選び方について完璧にまとめてみました。蛍光灯との違いから、演色性、シェード幅、多灯式、JIS規格AA形相当、ブルーライト対策、調色&調光機能、ルーメン、ルクスなどの用語も解説しています。
学習机評論家が選ぶ「学習用LEDデスクライト」のオススメ 超厳選10選
学習机評論家が選ぶ「学習用LEDデスクライト」のオススメ。かなり厳選して価格帯別に計10台をピックアップしてみました。コイズミファニテックが強いですが、BenQ、ジェントス、オーム電機、アイリスオーヤマといった新興勢力にも注目です。
小泉ピンチ!?アイリスオーヤマ「LDL-TCDL-B」のコスパがヤバい
アイリスオーヤマのT型デスクライト「LDL-TCDL-B(クランプタイプ)」はハッキリ言ってコスパ良すぎます。JIS規格AA形相当でデスクの天板全体をムラなく照らすことができ、それでいて直下照度は2000ルクス程度に抑えています。無段階調光&調色機能、リモコン、2.1AのUSB給電ポート付きで5千円台!
円形&面発光でまぶしくない!オーム電機「ODS/AS-LDC6K」
オーム電機の「AS-LDC6K-W」は円形シェード&面発光のクランプ式デスクライトです。JIS規格AA形準拠で机上を万遍なく照らすことができ、しかも光源を直接見ても眩しくありません。調色&調光機能ももちろん搭載。スタンド式の「ODS-LDC6K-W」もあります。
この記事を書いた人

学習机評論家。前職である家具メーカー勤務の経験をもとに、オススメの学習机を紹介しています。
日本で初めて一般家庭向け収納&インテリア・コーディネートサービスを始めて20年の収納&インテリアのプロでもあります。TVチャンピオン収納ダメ主婦しつけ王優勝。詳しいプロフィールはこちら

収納マン(芝谷 浩)をフォローする
デスクライト2024学習机
収納マン(芝谷 浩)をフォローする
学習机評論家のオススメ

コメント 皆様からご質問・ご意見など