学習机評論家のオススメ

学習机評論家・収納マンが、学習机の選び方やオススメのデスクなどを紹介します。

*

コイズミSCL-357が初登場第1位!2017年度学習用LEDデスクライト・ランキング

      2016/12/27

さーて、皆様お待ちかねの「2017年度学習用LEDデスクライト・ランキング」のコーナーがやってまいりました―!

ってゆーか、今年度はやめておこうかと思ってたんですけどね。メンツもあまり変わり映えしませんし。「またコイズミか」ってゆーのもアレじゃないですか(笑)

でも今年度は私も結構あちこち足を運んでLEDデスクライトについて学びましたので、評価項目をちょっと変えて改めてランキングを作成することにしました。

 

2017年度学習用LEDデスクライト・ランキング

2017年度学習用LEDデスクライト・ランキング※1…仕様上はRa80以上、実測値はおよそRa85 ※2…浜本工芸およびカリモク家具の取扱い品は店頭での実売価を想定 ※価格は2016/12/20現在の楽天市場およびアマゾンにおける最安値 ※価格はすべて税込

2017年度は2016年度より少し増やして、学習机メーカー各社ほかのクランプ式LEDデスクライト14機種を対象に比較しました。基本的に数字で比較できないところは収納マンの独断と偏見によるもの(≒いい加減なもの)とご理解ください(苦笑)

評価項目は、シェード幅、操作性、デザイン、調色機能、価格の5項目。操作性はスイッチの操作性に重点を置きつつ、アームの操作性も若干考慮しました。2016年度は調光機能の有無についても評価の対象としましたが、これはかえって子供にとって良くない可能性があるため、2017年度は評価の対象から外しました。

以上の5項目それぞれに順位を決めたうえで、順位に応じた得点を設定し、総合得点によってランキングを作成しました。なお、調色機能の有無についてはあまり点差が大きくならないようにしております。

それでは、まずはランキング上位5機種について詳しく見ていきましょう!

 

第1位 小泉成器 SCL-357

初登場1位となったのは、小泉成器のSCL-357でございます!

「コイズミファニテックじゃなくて小泉成器?しかもECL-357の間違いじゃないの?」などと野暮なことは言わないでください。ランキング表の価格のところがモザイクかかってるとか、そーいうのも言いっこなしで。大人の事情ってもんがあるんです!(笑)

この1位はぶっちぎりです。すべての項目でハイスコア。私も今年、かたちが同じものを購入しましたので安心してオススメできます。

 

第2位 コイズミファニテック ECL-611

惜しくも昨年度第1位から陥落して第2位となったのはコイズミファニテックのECL-611/612です。

これはシェード幅が決して広くないにもかかわらず、デザイン性と操作性が抜群。上締めクランプも設置や位置調整が楽で良いですね。

 

第3位 コイズミファニテック ECL-546

第3位はやはりコイズミファニテック、ECL-546です。2016年度同様、上位3位は「コイズミ」独占です。総合得点で見てもこれら上位3位は別格です。

ECL-546はコイズミファニテックのLEDデスクライトの最上位モデルということで価格も高めですけど、やはりシェード幅が広いツインライトである点が素晴らしいです。今回のランキングでは特段シェード幅の広さにウエイトを置いているわけではありませんが、やはり学習用としてはシェード幅が広ければ広いほど良いことは間違いないですね。

 

第4位 くろがね工作所 TS-T16LED

2016年度に続いて第4位を堅持したのはくろがね工作所のTS-T16LEDです。アーム式のTS-A16LEDも同ランクと考えてもらって問題ありません。

TS-T16LED/TS-A16LEDは何と言ってもカラフルな調光調色5色インジケーターが分かりやすいですし、子供も喜びそうな感じで良いですね。あと、平均演色評価数が今回トップのRa87。これは驚きました。

 

第5位 イトーキ L-77

昨年度モデルのL-76からリニューアルされたことによって、最下位から一気に5位に浮上したのはイトーキのL-77

何が良くなったかというと、調色機能が付いたこと、にもかかわらず価格が安くなったこと、さらにカラーバリエーションが5色に増えたことです。いやー、これは実にめでたい。

 

第6位以下総評

第6位以下はまとめて紹介していきます。前述の通り、上位3位はぶっちぎり、4~9位までが2番手集団となっております。

まず第6位のイトーキ・L-52UD。これはアーム式のL-57WDとほぼ同じと考えて良いと思いますが、安定した総合力があると言えます。

第7位は浜本工芸のC3763。個人的には好きですし、スイッチの操作性も良いんですけど、アームの精度がイマイチですね。ホワーイ?クレオコーギョー。

第8位は山田照明のZ-N1100。これは新登場というか、まだ発売すらされていません(笑)シェード幅が狭いものの、今後、木工系メーカーで採用が進むであろうということで対象に加えました。でも想定以上に大健闘で驚きました。

第9位は興和のルピナスEK261。やさしい光の面発光で個人的には好きなんですけどねー。Z-N1100もそうですけど、EK261はスイッチがシェードの上側にあることがネガティブ要因です。背の高い大人なら上から見て操作できますけど、背の低い子供では難しいです。

あと、9位から下はすべて調色機能なし。これについては、調色機能の有無であまり得点差が付かないように配慮したんですけど、それを抜いても9位から下はランキングに大きく影響しませんでした。

つまり、ありていに言うと、10位以下のデスクライトは子供のことを考えて作られているとは思えません。ニトリのくみあわせですくデラックスにも装備されているLED-1612Tは、価格が安いということもあってかなり良い順位になるんじゃないかと思ったんですけど、平均演色評価数を問い合わせたところ「測定していないので分かりません」と返ってきて驚きました。マジすか、あり得ないでしょ!?(※文末に追記あり)

ちなみに今回の対象機種には敢えて入れませんでしたが、あるメーカーのLEDデスクライトは平均演色評価数がRa70ということでした。現在はほとんど店頭に並んでいない古いモデルとは言え、こういうのはちょっと困ります。極端な話、子供が青と緑を識別できないということになりかねません。

 

今回、2017年度学習用LEDデスクライト・ランキングを作成してみて、やっぱりコイズミ、くろがね、イトーキの3大学習机メーカーのデスクライトは良くできているのだなと改めて感心しました。今回のランキングはあくまで収納マンが独断と偏見に基づいていい加減に作ったものですけど、おそらくこの3社の製品はどんな切り口で見ても学習用として優れていることは間違いないと思います。

まあそうは言っても今回のランキングはあくまで私の独断と偏見によるものです。何を重視するかは人それぞれですから、あくまでもご参考までにご覧いただければと思います。

2016/12/27追記:

ニトリのくみあわせですくデラックスなどに搭載されているのと同型と思われるLDY-6315Lについて、静和貿易に問い合わせてみたところ、平均演色評価数は80と回答がありました。ただし、まったく同じ仕様であるという確証はないため、あくまで参考値としてご理解いただければと思います。

 

【関連記事】

 - ランキング, デスクライト, 2017学習机 , , , , , , ,

Comment

  1. タケタケ より:

    収納マンさま

    こんにちは。
    昨日は、どこかに乗っ取られて何か仕込まれたのか、陰謀かと心配しておりました(^^ゞ
    プログラムの不具合だったのなら良かったです。

    SCL-357圧倒的ですね。特におね…ゲホゲホ。
    スペックは文句なしですし、ECL-546のように前に突き出しているという特徴も無い…ですよね?確か、取り付けにも癖がなくてすごく良かった印象です。

    そういえば、ルピナスEK261が比較対象に入っていますが、ルピナスEK263ではないのでしょうか?
    興和さんのページって古い型番でそのまんま残っていて、最新モデルが乗っていない印象なんですけど。
    EK261とEK263での性能差は分からないのですが、お値段は結構開いてますね(^^ゞ

    • 収納マン より:

      タケタケさま

      こんばんは^^

      いやー、昨日はご心配をお掛けしました^^;
      私も10年以上、ホームページやブログを複数運営しておりますが、こんなに長時間も障害が解消しなかったことはなかったので、ちょっと甘く見ておりました。

      SCL-357はアーム式で自由自在にシェード位置を決めることができるので、ECL-546のように前に突き出すという機能はありません。
      ただ、非常に長いアームであるため、上棚の形状によっては立てた本などにアームが干渉する場合もありますし、その点が気になる方もいらっしゃるかとは思います。

      今回のランキングでは、ルピナスEK261だけでなく、ルピナスEK263も含まれておりますよ。
      なんと、最下位という結果に終わっているのですが。

      EK261とEK263の価格の違いは、事実上、EK261がカタログ掲載品、EK263がカタログ外商品として扱われていることに原因があるのかもしれません。
      浜本工芸の価格への配慮というのも、ひょっとしたらあるのかもです。

      個人的にはルピナスの面発光は非常に高く評価しているのですが、今回はその点を全く評価に入れていません。
      ルピナスの操作スイッチがシェードの下面や支柱にあって、調色機能もあれば、もっと評価を上げることができるんですけどねー。

      • タケタケ より:

        収納マンさま

        お返事ありがとうございます。

        >ルピナスEK263も含まれ
        2種類含まれてたのですね。
        早とちりしました。
        >なんと、最下位
        な、なんと(^^ゞ
        面発光を考慮しないとなると、致し方なしともいえますね…。
        そういえば、購入したEK320を一月ほど使用しています。照明としては調色機能が欲しいなと贅沢は感じますが、ヒンジが若干弱い気が…。
        あの細身で格好いいのですが、やはりちょっと厳しいところもあるようです。
        子供の使用を考えると、SCL-357の巨大アームで剛性を確保してライトを移動でき、ババンと照らしてくれるのがやっぱり良いですね。
        あ、お尋ね忘れてました。
        ECL-357のクランプは上締めなのでしょうか?

        • 収納マン より:

          タケタケさま

          EK320だけでなく、アームが樹脂製のものは、やや動きがギクシャクしがちですし、耐久性の面でも不安を感じますね。

          個人的にはやはりシェードの幅が広くて、いちいちアームを調整する必要がないものが、子供にとって使いやすいのではないかと思います。

          ECL-357のクランプは上締めではなく、下締めです。
          SCL-357ももちろん同様です^^

          • タケタケ より:

            収納マンさま

            お返事ありがとうございます。
            >ECL-357のクランプ
            上締めって特殊なのですね。了解です。

            まったく関係がないのですが。
            我が家、今月からタブレット学習というものを導入してみました。
            我が家のダイニングは照明だけだと夜は若干暗いのでスタンドライトをつけるのですが、そうすると今度は明るすぎるのですよね(^^ゞ
            ルピナスだと明かりが白いから光度を落としても若干明るすぎる気がするし、ピンクライトは休憩モードにしてもやはり若干明るすぎる気がするし。
            画面が発光するものを使うとなると、調光+調色機能の両方が欲しい気がする贅沢物です(^^ゞ
            ライトの開発にタブレット学習の面も一考してもらえると嬉しいな~、なんて思っている今日この頃です。
            関係の無い長文、失礼しました(^^ゞ

  2. 収納マン より:

    タケタケさま

    上締めクランプはまだあまり普及していないですね。
    山田照明でうかがった際はZ-10発売時の2009年以来ということですので、まだ10年も経っていないんじゃないかと思います。

    タブレット学習をする場合、ディスプレイ自体が発光するタブレット端末はデスクライトとは相性が悪いですよね。
    対策としては主に2つあると思います。

    一般的に、タブレットやスマホは光センサーを搭載しているので、周囲のあかり環境に応じて画面が暗くなるはずです。
    バックライトの自動調光がオフになっている場合もありますから、まずそれを確認してみてください。

    それでもグレア(反射)を感じるようでしたら、ノングレアフィルムをタブレットのディスプレイに貼ると良いでしょう。

    ノングレアフィルムを貼ると画質が悪くなると言う方もいますが、画面の大きいタブレットはノングレアのほうが指すべりが良いと思います。
    私もスマホはガラスフィルム、電子書籍リーダーやタブレット端末はノングレアフィルムを貼るようにしています^^

    • タケタケ より:

      収納マンさま

      お返事ありがとうございます。
      早いもので、今年も今日で終わりですよ!?
      掃除がまだ終わりません(ーー;)

      >タブレット端末はデスクライトとは相性が悪い
      そうなのですよね~。
      しかも大人の使用と異なり、小学生のタブレット学習となると、ノートのように机の上に置いて使うことを前提としているため余計に…。
      光度を自動で調節してくれないので、自分で多少は調節してみたのですが、どうにも…。
      もうちょっと工夫してみます。フィルムも考えないといけないですね…。
      横からのぞき込んだ自分の目のために(^^ゞ

      それでは、今年も大変お世話になりました。
      また来年もよろしくお願いします。

      • 収納マン より:

        タケタケさま

        本当に!今年も残すところ、ごくわずかとなりましたね~。
        私も結局、事務所の掃除や自転車の洗車まで手が回りませんでした^^;

        タブレット学習の件、光度を自動で調節してくれず、自分で調整しても合わないということは、グレアの影響のほうが多そうですね。
        サイズが合いそうな安いアンチグレアフィルムを貼ってみてお試しください。

        それでは、良いお年をお迎えください^^

  3. さとまま より:

    はじめまして。
    カリモクの学習机に取り付けるデスクライトを探しております。
    カリモクの1000台限定のオート機能の付いているライトにするか、カリモクのKS0170にするか迷ってます。
    KS0170は色がブラックしかないなので、娘は嫌がりそうで。
    こちらのランキングをみるとコイズミのライトも(お値段も良心的(*^^*))良さそうですが、カリモクの学習机に取り付ける事は可能でしょうか?
    目が悪くなりつつある娘なので、ライトは目に優しいものを選んであげたいと思ってます。
    宜しくお願い致します。

    • 収納マン より:

      さとままさま

      はじめまして^^

      カリモク家具の学習机にセットするデスクライトをお探しとのことですが、どのモデルでしょうか?
      モデルによって取付可能かどうかが変わってくることがあります。

      スタンド式のKS0170かセンサー付きのKS0160にするかという点につきましては、お嬢さんがどちらの色を好まれるかという点とセンサー機能が必要かどうかという点が決め手となるでしょう。
      色の好みはともかくとして、センサーについては難しいところですね。

      子供は親が注意して見ておかないと、ライトを点け忘れていることもありますから、その点ではセンサー付きであることはメリットです。
      他方、ライトの前に障害物があるとセンサーが働かないという問題もあります。
      そういう問題があるので、少なくとも今のところはセンサー付きのものがあまり消費者の支持を集められていないのだろうと私は考えています。

      センサー付きのデスクライトが普及しないのは、もちろんコストの問題もあります。
      KS0170とKS0160を比べた場合、センサー機能を無視すれば、デスクライトとしては明らかにKS0170のほうがハイスペックです。

      KS0170は調色機能付きでLEDは28チップ使用、KS0160は調色機能がなくLEDは2チップだけです。
      KS0160は直下が眩しく、相対的にデスクの端は暗く感じられる照度分布となっています。

      個人的にはやはり、デスクライトはできるだけシェード幅が広いものを選んでいただくのが良いと思います。
      お嬢さまの目の健康を気にされるならなおさら、ランキングを参考に目に負担の少ないものを選んでいただければと思います^^

  4. さとまま より:

    収納マン様

    こんばんは。
    大変わかりやすく教えて頂きありがとうございます。
    カリモクの学習机はボナシェルタのホワイトエンジェル色で椅子はピンクのシートです。
    やはり全体がホワイトなので、ホワイトのライトがいいかなと思います。

    コイズミのランキング3位までのお品が取り付け可能であればいいのですが。
    宜しくお願い致します。

    • 収納マン より:

      さとままさま

      机はボナシェルタのエンジェルホワイト色ですかー。数量限定モデルですよね♪
      それならデスクライトが黒というのはあり得ないでしょう。
      ホワイト系が理想的だと思います。

      ランキング3位までのコイズミファニテックのデスクライトをボナシェルタに取り付ける場合、まずECL-611は無理なんです。
      クランプ金具の対応厚みがボナシェルタでは天板が厚すぎて挟み込めないのです。

      あと、書棚の前にデスクという配置の場合、デスクライトはセンターに取り付ける必要がありますが、棚板が干渉する可能性が高いため、ECL-546は取り付けできません。
      SCL-357(ECL-357)ならデスク側面に取付可能ですが、書棚に干渉する可能性があります。

      デスクの後ろに書棚を置かないのであれば、SCL-357(ECL-357)が取付可能です。
      エンジェルホワイト色にピンクの座面なら、ホワイト×ピンクのECL-358のほうが似合いますね♪

  5. さとまま より:

    収納マン様

    おはようございます。
    コイズミ ECL-358にする事にしました。
    ピンク色が入っている事で、娘のテンションが上がりそうです(*^^*)
    机の前は採光を取り入れる為に窓になっており今後も書籍棚などを置く予定がないので、取り付けられそうですね!

    ここ数週間悩んでいたので、本当に感謝しています。

    色々とアドバイスをありがとうございました(*^^*)

    • 収納マン より:

      さとままさま

      あー、それは良かったです♪
      意外と圧迫感はないと思いますし、カラーコーディネートがバッチリ合うとうれしいですよね^^
      何より、お嬢さんが喜ばれるのが、私もうれしいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

2016年度学習用LEDデスクライトランキング
ベスト3はコイズミ独占!2016年度学習用LEDデスクライト・ランキング

「学習机は引出しが命」を信条とする収納マンですが、LEDデスクライトも学習机を選 …

コイズミファニテック・CDファースト
本邦初公開!?2016最新版・人気学習机ランキング【コイズミ突撃レポート3】

コイズミファニテック突撃レポートの第3回は、引き続きコイズミファニテックのYさん …

コイズミファニテック・オルレア・ベーシックデスク
【価格帯別オススメ学習机】2017年度は平均購入価格帯の7万円台がアツい!

4万円台、5万円台、6万円台と来まして、いよいよ平均購入価格帯の7万円台の学習机 …

ヤザワ・LEDデスクスタンドSDLE07N12WH
Under5000yen!リビングダイニング学習に最適かもしれないLEDスタンドライト

以前に、クランプ式デスクライトの取り付けが無理な場合にオススメのLEDスタンドラ …

表面が変質してグニャグニャになってしまったデスクマット
唖然!学習机の塩ビ製デスクマットが芳香剤の液体で変質してフニャフニャに

先日のこと。私が家に帰って晩御飯の支度をしようとしたところに、息子が申し訳なさそ …

イトーキ・コファーノ
最新版!イトーキ学習机2016年度人気ランキングTop 5【イトーキ突撃レポート4】

いよいよイトーキ突撃レポートも最終回の第4回目となりました。今回は2016年度最 …

ハーフェレのデスクベッド(デスク使用時)
デスク天板を押し下げると収納式ベッドが姿を現す!ハーフェレの「デスクベッド」

以前に一瞬だけ、ベッドがデスクに変形する「デスクベッド」なるものを紹介しました。 …

コイズミファニテック・WDスペシャル・ミドルタイプ
【価格帯別オススメ学習机】9万円台はコイズミとカリモクのガチバトル再び!?

4万円台から順番に紹介して参りました価格帯別オススメ学習机も、今回の9万円台のオ …

飛騨産業・ソフィオSUGI
飛騨産業の2017学習机はキビシー!?2モデル減&仕様ダウン&値上げの3重苦

飛騨産業(キツツキマーク)の学習机は、早くも6月22日に「DESK COLLEC …

水平移動するアーム
なるほど納得☆Zライトのヒミツに迫る!山田照明が考える理想の「あかり」とは

前回に引き続き、山田照明の東京ショールームからお送りします。 【前回】Zライト兄 …