スタンド式で移動に便利!リビング学習におすすめのデスクライト4選

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

最近は小学校低学年を中心にリビングやダイニングで学習することが一般的になっています。お子さんの性格にもよりますが、そのほうが安心して宿題ができるし、親も家事をしながらコミュニケーションを取りやすいというのがメリットです。

一方で、デメリットもあります。テレビの音などで集中できない、きょうだいが邪魔をする、ついつい親が小言を言ってしまうなどです。また、よく目につくからこそ姿勢が悪く感じられたり、学習机で勉強するのと違ってデスクライトがないことを心配することもあるでしょう。

結論から言うと、リビング学習には必ずしもデスクライトが必要というわけではありません。今回はその理由を説明したうえで、リビング学習におすすめのデスクライトをご紹介したいと思います。

※この記事は2020年12月19日時点の情報に基づいています(2023年10月25日一部更新)

 

リビング学習に最適なデスクライトの選び方

実際に勉強するのはどこ?

ダイニングの隅に設置したカウンターデスク

「リビング学習」と言っても実際の形態は様々です。リビング学習と言いながら実際はダイニングテーブルで勉強していたり、ダイニングもしくはリビングの隅にカウンターデスクを造り付けていることもあります。また、天井照明からの距離も様々ですし、窓からの光の影響もあるでしょう。

そのため、一概にデスクライトが必要な環境かどうか、またどんなデスクライトが最適かを言い当てることはできません。しかしながら、天井照明に背を向けている場合は概ねデスクライトが必要と言えると思います。

なお、「窓から太陽の光が挿し込むから大丈夫」とおっしゃる方もいると思いますが、太陽の光は強すぎますし、一方でカーテンで遮った状態で曇ってくると暗すぎます。基本的に自然光だけで勉強をするのは難しいとお考え下さい。

テーブル上で照度をチェックしよう

リビングダイニングの天井照明

天井照明があるから大丈夫だとも言い切れません。テーブルの上に照度計を置いて200ルクスに満たない場合はデスクライトを使用したほうが良いでしょう。

なお、天井照明の真下で250ルクス以上あれば別にデスクライトは必要ないと思いますし(※下記注)、400ルクス以上あれば理想的です。天井照明の真下であるにもかかわらず200ルクスに満たない場合は、照明器具の買い替えを検討してもらうのも良いかもしれません。JIS規格A形相当のデスクライトだと半径50cmの1/3円周上で150ルクス以上が条件ですから、天井照明の買い替えで200ルクス以上になるならデスクライトの必要性は少ないと思います。

また、ダイニングテーブルやリビングテーブルの上は電球色(温かみのある灯り)の電球を使用していることが多いですが、電球色だとどうしても照度が低くなりがちです。昼白色または温白色(白味のある灯り)のほうが明るいので、調色機能付きで部屋の広さに合った照明器具を使うようにしましょう。

※補足…200ルクス未満ならデスクライトが必要、250ルクス以上あれば必要なし。間の50ルクスが意味するところは、微妙なゾーンだということです。デスクライトがあったほうがベターですが、なくても問題ないレベルだと思います。なお、明るさの感じ方は個人差があります。

スタンド式が移動できて便利

MJ-TLL1の照度を各部屋で測定

部屋の隅にカウンターデスクや学習机を置いて勉強する場合はクランプ式デスクライトのほうが良いです。そのほうがシェード幅が広くて、スタンド(台座)が邪魔になることもありません。クランプ式デスクライトについては下記をご参照ください。

学習机評論家が選ぶ「学習用LEDデスクライト」のオススメ 超厳選10選
学習机評論家が選ぶ「学習用LEDデスクライト」のオススメ。かなり厳選して価格帯別に計10台をピックアップしてみました。コイズミファニテックが強いですが、BenQ、ジェントス、オーム電機、アイリスオーヤマといった新興勢力にも注目です。

一方で、ダイニングテーブルやリビングテーブルの上で勉強する場合は移動がしやすいスタンド式が良いでしょう。もっと言えば、充電式でコードレスのものや、軽くて持ち運びやすいものが理想です。

以上を踏まえまして、おすすめのデスクライトを紹介したいと思います。

 

リビング学習におすすめのデスクライト4選

ニトリ・充電式LEDデスクライト「DX-SX20」

ニトリの充電式LEDデスクライト「DX-SX20」(税込2,790円2,990円)は無印良品の「手元をてらすリビングライトMJ-TLL1」(2023年10月確認時点で販売終了?)の1/3以下の価格にもかかわらず、軽くて、連続点灯時間が長くて、調色機能まで備えています。このくらいの値段だったら、子供が落として壊してしまっても怒らなくて済みますね。

無印良品より良いかも!ニトリの充電式LEDデスクライト「DX-SX20」
ニトリの「USB充電式ポータブルLEDデスクライトDX-SX20(ホワイト)」を購入しました。無印良品の「手元をてらすリビングライト(MJ-TLL1)」にとてもよく似たデザインですが比較してみると、ニトリのは3段階調色機能つき、2000mAhのバッテリーで4時間点灯、にもかかわらず3千円以下というコスパの良さを誇ります。

オーム電機・DS-LS78-W

オーム電機の「DS-LS78-W」(税込4,329円~)は面発光を採用しており、眩しさを感じにくいデスクライトです。調色機能はないものの、昼白色で短時間集中で勉強するなら問題ないでしょう。写真で見るよりも実物は円形のシェードが大きいことに驚くと思いますが、JIS規格AA形相当で広範囲を照らすことができ、高演色(Ra93)の割りにコスパが良いです。

円形&面発光でまぶしくない!オーム電機「ODS/AS-LDC6K」
オーム電機の「AS-LDC6K-W」は円形シェード&面発光のクランプ式デスクライトです。JIS規格AA形準拠で机上を万遍なく照らすことができ、しかも光源を直接見ても眩しくありません。調色&調光機能ももちろん搭載。スタンド式の「ODS-LDC6K-W」もあります。

アイリスオーヤマ・LDL-TBDL-B

デスクライトは明るければ良いというわけではありませんが、天井照明を補うのに十分でないと意味がないです。そこで、サイズはかなり大振りになるものの、アイリスオーヤマの「LDL-TBDL-B」(税込5,533円6,970円~)はいかがでしょう。めちゃハイスペックなのに激安です。

小泉ピンチ!?アイリスオーヤマ「LDL-TCDL-B」のコスパがヤバい
アイリスオーヤマのT型デスクライト「LDL-TCDL-B(クランプタイプ)」はハッキリ言ってコスパ良すぎます。JIS規格AA形相当でデスクの天板全体をムラなく照らすことができ、それでいて直下照度は2000ルクス程度に抑えています。無段階調光&調色機能、リモコン、2.1AのUSB給電ポート付きで5千円台!

BenQ・親子デスクライト

もうちょっと落ち着いた感じのほうが良いと思われる方にはBenQの「Wit MindDuo 親子デスクライト」(税込34,800円)をおすすめしたいと思います。独自の弓なり形状のシェードでコンパクトでも広い範囲を照射可能。もちろんJIS規格AA形相当で、調光や調色は非常に優秀なセンサーが自動で最適化してくれます。ただし、重量は4.3kgありますから持ち運ぶ際はちょっと重いと感じるかもしれません。

シェード幅が狭いのに広く照らせる!BenQ「WiT MindDuo親子デスクライト」
BenQ(ベンキュー)の「WiT MindDuo親子デスクライト」はシェード幅が狭いのに広く照らせるという画期的なLEDデスクライトです。コイズミファニテックのECL-357やツインバードのLE-H635Wと比較しながらレビューします。

 

というわけで、リビング学習におすすめのデスクライトを4つ紹介しました。デスクライトを持ってくるだけでも面倒なのにいちいち電源コードを抜き挿しするのは面倒ですから、ニトリの充電式LEDデスクライトは便利です。

しかし、十分に明るくないと意味がないですし、バッテリーが途中で切れてしまっては逆にストレス。かと言って子供が忘れずに使うかどうかも怪しいものにお金は使いたくない場合はオーム電機の面発光のスタンドライトが良いでしょう。

あまり移動させる必要がなければ、アイリスオーヤマのスタンドライトがめちゃお得です。これだけハイスペックなら学習用としてまったく問題ないでしょう。BenQの親子デスクライトもオススメですが、3万円台になってしまうとさすがにちょっと手が出しにくいですね。

以上を参考に、お気に入りのデスクライトを見つけていただければと思います。

関連記事

「ルーメン」と「ルクス」の違いって?リビング学習に大切な照明器具の話
照明器具のスペックに記載されている「ルーメン(lm)」と「ルクス(lx)」の違いを主にリビングダイニング学習に則して解説します。ルーメンは光束、ルクスは照度の単位です。気になる方は一度、シーリングライト、デスクライト、自然光の明るさを照度計で測ってみるのも良いでしょう。
日立「まなびのあかり」買ってみた→とても明るいが高演色は実感できず
日立グローバルライフソリューションズのLEDシーリングライト「まなびのあかり」(LEC-AH602PM)を買ってみました。NECの蛍光灯とオーデリックのLEDと比較したところ、高い演色性は実感できませんでしたが、隅々まで非常に明るいのは良いと思います。
オーデリックの8畳用シーリングライト3機種を買って照度を比較してみた
オーデリックのLEDシーリングライトを3機種購入して比較してみました。「フラットプレートOL291362BC」はシンプルなデザインかつ面発光で天窓のよう。「SH8244LDR」は割りとベーシックなデザインでもっとも明るいです。「SH8205...
【2024最新】子供の目に優しい学習用「LEDデスクライト」の選び方
子供の目に優しい学習用LEDデスクライトの選び方について完璧にまとめてみました。蛍光灯との違いから、演色性、シェード幅、多灯式、JIS規格AA形相当、ブルーライト対策、調色&調光機能、ルーメン、ルクスなどの用語も解説しています。
この記事を書いた人

家具メーカーを退職後、2002年に収納スタイルコーディネーターとして独立。多くのご家庭の片づけの悩みを解決してきました。TVチャンピオン「収納ダメ主婦しつけ王」選手権で優勝するなどメディア出演多数。
長女が小学校に入学するのを機に学習机を購入してブログで報告したところ、学習机について相談が殺到。以後、「学習机評論家」としてメーカーの展示会や販売店に足を運ぶなどして日々情報収集に努めています。詳しいプロフィールはこちら

収納マン(芝谷 浩)をフォローする
デスクライト・照明器具

コメント 皆様からご質問・ご意見など

  1. くま より:

    はじめまして。
    リビング学習用のライトとしてソニックのリビングからスタンドライトが出ています。
    良さそうで気になっているのですが、学習机評論家さんはどう思われますか?

  2. くま より:

    申し訳ございません、誤字です。
    ソニックのリビガクです。

    • 収納マン より:

      くまさま

      はじめまして^^

      ソニックのリビガクというシリーズのスタンドライトというのは「LV-4698-W」のことですね。
      初めて見ましたが、かなり良いと思います。

      直下1,740ルクスなら許容範囲だと思いますし、何より面発光ですから眩しさはほとんど感じられないと思います。
      しかも、JIS規格AA形相当、高演色のRa95、調光機能もあります。
      それでいて、実売価が5千円を切るというのは安いです。

      一方で、amazonでのレビューを見ると、シェードがお辞儀してしまうことがあるそうですが、この構造だとそうなるでしょうね。
      アームがお辞儀してきたらテープや接着剤で固定すれば良いと割り切ってしまえば良いでしょう。

      先日もアイリスオーヤマのデスクライトを買ったばかりですが、これも買って試してみようかなぁと思います。
      貴重な情報ありがとうございました^^

      • くま より:

        ご丁寧な返信ありがとうございます。
        思っていたより高評価で驚きました!大変参考になります。
        購入してみようと思います♪
        また、学習机評論家さん購入された際は実際の評価楽しみにしています。
        ありがとうございました。

        • 収納マン より:

          くまさま

          本当にリビガクの「LV-4698-W」はこう評価に値すると思いますよ^^

          私のほうでも、もし購入したらまたこちらでレビューさせていただきます。

          こちらこそ貴重な情報ありがとうございました!