『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

Zライト2021カタログ公開!Z-10Rのスタンド式「Z-10D」など発売

リビングダイニングの天井照明

我が家ではオーデリックのシーリングライトをいくつも使っています。オーデリックの何が良いかと言うと、大手照明器具メーカーの中で一番リモコンがカッコイイ。そして、照明器具そのものもオシャレなものが多く、その割りに価格が手頃なのです。

Zライトでお馴染みの山田照明は、そのオーデリックの子会社。2019年4月にサンゲツ傘下から移ったばかりですが、デザイン重視でコスパも決して悪くないところは本当に相性が良い組み合わせだと感じます。

残念ながら我が家にはZライトはないのですが、照明器具メーカーとして実績があり、デザインでもリードする山田照明には大いに期待しているところです。

さてこのたび、その山田照明から「Zライト カタログ2020-2021」が発行されました。学習用として使えそうな新商品もありますので、ちょっと見てみましょう。

 

Z-10Rのスタンドタイプ「Z-10D」

新しいカタログに掲載されている商品のうち新商品は実質4モデルです。そのうち、学習用として使えそうなものは2モデル。まずは「Z-10D」から紹介したいと思います。

Z-10Dは従来からある「Z-10R」のクランプ金具に代えてベース(スタンド)を装備したモデルです。そのため、照明器具としてのスペックはZ-10Rとまったく同じ。Z-10Rとベースをセットで買うよりもお買い得で、なおかつベースをスマホやタブレット端末のスタンドとして使えるというメリットがあります。

Z-10Rは調色機能がなく、直下照度は2,430ルクスもある、あくまでコスパ重視のモデルです。そのZ-10Rにベースがセットになったわけですから、Zライトのアームの精緻さに惚れてなおかつスタンド式デスクライトを探し求めている方には選択肢のひとつになると思います。

演色性↑価格↓「Z-S5000N」

Zライトでもっともセード幅が広い「Z-S5000」が「Z-S5000N」にリニューアルされました。セードの広さはそのままに、演色性はRa80からRa90にアップ。直下照度は2,090ルクスから1,800ルクスに抑えられました。にもかかわらず、価格は1割ほどダウンしました。

なお、調光は無段階だったのが5段階に変更。同時に操作ボタンも変更されています。また、演色性のアップとともに消費電力も10.0Wから10.5Wにアップしています。もっとも、このあたりは些細な変更と言えるでしょう。

 

「Z-S7000」がJIS規格AA形相当からA形相当に!?

学習用として使えそうなZライトの新型は以上の2モデルですが、品番が変わっていないのに「Z-S7000」の仕様が変わっていることに気づきました。価格はそのままで演色性がRa80からRa90にアップしているのは良いことだとは思いますが、JIS規格AA形相当からA形相当に改悪されてしまっているのです。

こういうのは本当に困ります。私はこれまで割りとZ-S7000を推してきたからです。

JIS規格AA形相当だから良い、A形相当だから悪いという言い方は本意ではないのですが(この指標だけでは直下照度が明るすぎる場合もあるので)、天板面全体を照らせることが分かりやすい指標です。もちろん照度分布図自体も数値が変わっており、そこの部分を何の告知もなしに変えてしまうと、混乱が起きること必至です。実際、amazonや楽天市場でも仕様変更前の照度分布図が表示されています(2020/12/25現在)。

これではZライトの信頼性にキズが付いてしまいます。絶対に良くないです。

 

その事実を踏まえたうえでZライトの中で学習用としてもっとも最適なものを選ぶとしたら、私は「Z-80N」を選びます。Zライトのスタンダードモデルで、JIS規格AA形相当ながら直下照度は1,880ルクスに抑えられており、調光だけでなく調色も可能だからです。また、大型ながらデザインを損なわないハンドルも子供が使うのに最適です。学習机メーカーのものだとデザインが気に入らないとか、やっぱり調光機能は欲しいという方にオススメだと思います。

でも、Z-S7000の件は本当に残念です。これからZ-S7000に関する私の記述をチェックする作業に入りますが、きっと溜息が止まらないでしょう。山田照明を信頼していたからこそ、その反動も大きいです。

今ならまだ遅くないので、しっかりと仕様変更についてアナウンスしてもらいたいものですね。

関連記事

山田照明2017-2018カタログ発行記念!ZライトのオススメBEST3を聞いてみた
山田照明2017-2018カタログが発行されました。Zライトの新商品「ZM-015」を紹介しつつ、オススメのBEST3を聞いてみました。また、波長分布図と演色評価数の関係についてもうかがいました。
カッコイイだけじゃない!学習用途にも十分な山田照明の「Z-S7000」
山田照明の「Z-S7000」はオフィス向けのカッコイイだけのデスクライトではありません。学習用途にも十分な機能性を持ち合わせています。Z-N1100と比較しても広範囲をムラなく照らすことができ、それでいて直下照度は抑えられています。もちろん調色機能も完備。
Zライト兄弟が勢揃い!山田照明の東京ショールームに行ってきました
山田照明の東京ショールームに行ってきました。Zライトが勢ぞろいで、ほとんどすべての商品を見ることができます。医療用や天井照明、間接照明なども豊富で、これぞ山田照明というこだわりを随所に感じることができます。
オーデリックの8畳用シーリングライト3機種を買って照度を比較してみた
オーデリックのLEDシーリングライトを3機種購入して比較してみました。「フラットプレートOL291362BC」はシンプルなデザインかつ面発光で天窓のよう。「SH8244LDR」は割りとベーシックなデザインでもっとも明るいです。「SH8205LDR」は木製リングで装飾されていておしゃれですが、もっとも明るさが控えめです。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など