まるで社長室!?学習机を「壁に向けて設置しないメリット」は意外と多い

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

6畳間にベッドと学習家具をレイアウトしたレイアウトの一例

一般的に学習机は上図のように壁に向けて配置することが多いと思います。その理由は定かではありませんが、ほかの収納家具などは壁に沿って配置することが多いことや、背面にデスクライトなどの配線があること、壁に向けたほうがまとまった回遊スペースを確保しやすいことなどが考えられます。

では、学習机を壁に向けるのではなく、部屋の真ん中に置くのはナシ・・でしょうか。

私はそんなことはないと考えています。実際、上場企業の社長室というものをイメージすると、机は部屋の真ん中にドンと置かれていることが多いと思います。社長室と子供部屋では根本的に何かが違うとは感じるものの、子供部屋やリビングダイニングの真ん中に机を置くにも一定の合理性があると考えられるのではないでしょうか。

そこで今回は、学習机を壁に向けて設置しないメリットについて考えてみたいと思います。

 

1.コミュニケーションが取りやすい

学習机を壁に向けて設置しないメリット1.コミュニケーションが取りやすい

社長室の真ん中に机が置かれているのは、部下が入ってきたときにそのまま報告や相談がしやすいからだと思います。逆に、社長が壁に向かって仕事をしていると、手を止めて振り返らなければなりません。

一方で、子供部屋に親が入ってきて我が子にお伺いを立てるということはないと思います。しかしながら、お子さんの向かい側に座って勉強を見てあげるというシチュエーションならあり得るでしょう。

つまり、学習机を壁に向けてレイアウトしないことによってコミュニケーションを取りやすくできると考えられます。

2.天井照明に背を向けない

学習机評論家の新提案!「背書の陣」 

一般的に天井照明は部屋の中央付近に取り付けられています。そのため、壁に向けて学習机を置くと、天井照明に背を向けてしまうことになります。

しかし、学習机を部屋の真ん中に置くと、天井照明に背を向けることがなく、頭や手の影が生じることもありません。なお、LEDシーリングライトが机の真上に近い位置の場合は、デスクライトを使わなくてもさほど問題ないくらい十分な明るさがあります。

 

3.開放感がある

学習机評論家の新提案!「背書の陣」 

学習机を壁づけにすると、当然ながらお子さんの正面は壁です。そのほうが落ち着くという人もいるとは思いますが、逆に圧迫感を感じるという人もいることでしょう。

学習机を壁に向けないレイアウトにすれば、目の前を遮るものがなくなり、圧迫感が軽減されます。開放的な気分で勉強に臨むことができるかもしれません。

 

4.家具をレイアウトしやすいことも

学習机を壁に向けて設置しないメリット4.意外とレイアウトしやすいこともある

間取りによりけりのところはありますが、学習机を壁に向けて配置しないほうが家具のレイアウトがしやすい場合もあります。

たとえば上図のような4畳半の子供部屋の場合、普通に学習机を壁付けにすると配置可能な書棚は1本ですが(上図左)、壁付けにしない場合は書棚を2本並べることができます(上図右)。しかも、机の横に書棚を置いた場合は書棚の本を手に取るのに移動を伴いますが、右図の状態なら椅子を回転させるだけで手が届き非常に合理的です。

 

以上、学習机を壁に向けて設置しないメリットを4点紹介しました。もちろん、壁づけにしたほうが良い場合もありますから、一概に部屋の真ん中に机を置いたほうが良いというわけではありません。状況に応じて、そして何よりお子さんにとってベターなレイアウトを検討してみてください。

なお、学習机を壁につけないことによって、集中力を高める効果が期待できるそうです。このあたりはコイズミファニテックのホームページに詳しく書かれているのでご一読いただければと思います。

学習机は壁につけない方が集中力は高まる?学習環境の新常識 | 学習机・デスクのコイズミファニテック株式会社
小学校くらいのお子様を持つ家庭では、学習机をどこに配置すれば良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。間取り的には学習机を壁につけた方が部屋を広く見せられますが、学習環境という視点では壁にはつけない方がおすすめです。 今回... View Article

関連記事

学習机評論家の新提案!能率アップの学習家具レイアウト「背書の陣」
学習机評論家の新提案!能率アップの学習家具レイアウト「背書の陣」をご紹介します。背書の陣なら、大量の本にすぐ手が届く、本棚をたくさん置ける、勉強に集中できるなどのメリットがあります。また、4畳半でもレイアウト可能です。
学習机を窓際に置くのはNG?デメリットが多いがダメとまでは言えない
学習机を窓際に置くことによって生じ得るデメリットは、採光のコントロールが難しい、夏の暑さや冬の寒さの影響を受けやすい、カーテンなどの開閉が難しい、掃除がしにくい、結露およびカビの心配が生じることがある、気が散りやすいなど。逆にメリットは考えられないので、できるだけ避けたほうが良いと考えられます。
学習机の設置スペースを考えるとき、椅子の引き代はどれくらい必要?
学習机の設置スペースを考えるとき、椅子の引き代はどれくらい必要でしょうか。基本的には椅子の奥行サイズだけは最低限確保したいところです。足元棚がある場合は500mm以上必要と考えたほうが良いでしょう。また、ワゴンの引き代も考えておいたほうが良いと思います。
4畳半の子供部屋にデスクとベッドとハンガーラックをレイアウトする方法
4畳半の子供部屋に学習机とベッドを配置しようと思ったら、ロフトベッドやミドルベッドじゃないとレイアウトは無理?いえいえ、そんなことはありません。工夫次第でデスクとベッドはもちろん、棚や洋服の収納まで十分確保することができます。

コメント 皆様からご質問・ご意見など