学習机の設置スペースを考えるとき、椅子の引き代はどれくらい必要?

学習机の天板の奥行については、コンパクトなほうが良いとか、逆に広いほうが良いとかいう話はよく聞きます。しかし、意外と学習椅子も含めた設置スペースまで話が及ぶことはありません。

このことは実はダイニングセットを選ぶときも同様の傾向があります。天板サイズはどれくらいが良いという話は出ても、椅子をセットしたときにどれくらいのスペースが必要となるかということは見過ごされがちなのです。

ダイニングチェアがダイニングテーブルのオマケでないのと同様に、学習椅子も学習机のオマケではありません。特に日本の住宅は一般的にスペースに余裕がないことが多いので、座り心地だけでなく、設置スペースについても入念に考えておきたいものです。

最低限、デスク天板+チェアの奥行は必要

通常、子供が学習机で勉強をするときは、上写真のように学習椅子の前のほうが少し机の下に入り込んだ状態となります。この場合、仮にデスク天板の奥行を650mm、学習椅子の奥行を500mmとすると、全体の奥行はザッと1050mm程度(650+500-100mm)となります。

しかしながら、常にこの状態ではありません。たとえば掃除機をかけるときなどは学習椅子を出す必要があるので、その際には最低限1150mm(650+500mm)のスペースが必要となります。

また、特にリビングダイニングなどに置く場合は、椅子の後ろを家族が通ることもあるでしょう。人が通るスペースを確保するには一般的に肩幅程度の450mm以上が必要となりますので、子供が座った状態の1050mm+450mmで合わせて1500mmのスペースが必要となります。



足元棚を使う場合はデスク天板奥行+500mm程度必要

組み替え式デスクで書棚の前にデスクを置くスタイルの場合や、足元棚のあるベーシックデスクの場合は、足元棚の本などを取る際には椅子をいったん除けてから潜り込む必要があります。

新入学児童の場合、デスクの前でうずくまるとだいたい奥行500mm程度のスペース、大人だと同じく600mm以上必要かと思います。つまり、足元棚を使おうと思ったら、デスク天板奥行+500~600mmは考えておかないといけないわけですね。

さらに、足元棚全体を使おうと思えば、学習椅子だけでなくワゴンも出す必要があります。デスクの奥行方向に余裕がない場合は、幅方向に椅子やワゴンを出さなくてはなりません。そうすると、幅方向におよそデスク2台分のスペースが必要となります。

ワゴンをL字レイアウトにする場合

Cライン脚の学習机

ワゴンを手前に引いてL字型レイアウトにする場合は、デスク天板の奥行+ワゴンの奥行が必要になります。さらにこの状態で引出しを開け閉めするには、引出しの奥行以上の奥行(通常400~500mm程度)が必要になります。

ワゴンの奥行は学習椅子の奥行とそれほど変わらないので、ワゴンを手前に引いてL字型レイアウトにする場合もそれほど奥行に気を配る必要はありません。ただし、この状態で引出しを開け閉めすることは当然考えられますから、そうするとデスク天板の奥行の3倍程度(デスク+ワゴン+引出し)のスペースが必要ということになります。

このように見てみると、基本的にはデスク天板の奥行+学習椅子ないしワゴンの奥行程度のスペースがあれば良いわけですが、通路や引出しを開けるスペースなども考慮すると、最大でデスク天板の奥行の3倍程度ものスペースが必要になるのです。

そう考えると、デスクの奥行の10cm程度の違いというのは本当に小さな違いと言うこともできますし、3倍になることを前提とすれば非常に大きな違いを生じさせることと考えることもできます。

また、単純に奥行を確認するだけでなく、デスクや学習椅子の脚の形状も実際に必要な奥行方向のスペースに影響を及ぼします。たとえばカリモク家具のオークフォレストにCU1017の組み合わせなら、あまり椅子を引かなくても座ることができて省スペースです。

冒頭でも申し上げた通り、学習椅子は学習机のオマケではありません。落ち着いて勉強するためだけではなく、設置スペースを考えるうえでも非常に重要なエレメントのひとつです。

こういったことを考慮すると、学習椅子を決めてから学習机を決めたほうが良い場合もあるでしょう。是非いろんな角度から検討してみてください。

【関連記事】

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

コメント

  1. 悩める子鹿 より:

    はじめまして。
    4年生と1年生の学習机を検討していてこちらのサイトを知り、勉強させていただいています。デスクランドのことを知り、車で30分ほどの距離だったので、カモミールのフリーワンに決めてきました。粗大ゴミで今ある家具を処分しないといけないので、配送は6月末にしていただきましたが…。

    先に下見に行った私はベーシックデスクがいいかなと思って、カモミールベーシックかコファーノを考えていましたが、主人と娘たちと見に行った結果、転居の可能性があるので色々な組み合わせができた方がいいし、後々天板が少しでも広くなる方がいいという主人の意見で、カモミールのフリーワンを2台買って、長女は天板を拡張して上棚を付け、本棚を外側に向けてL字型に、次女は拡張せずに上棚を付け、本棚を外側に向けたL字型にして、リビングの7畳ほどのスペースを子供スペースにして、その中で出っ張ったスペース(170×260cm)の170cm側の壁面に机をつけて、背中合わせに配置することにしました(拙い説明で申し訳ありません)
    ちょうど本棚と本棚の間が60cmほどあくので、そこを入口としてちょっと囲まれた学習スペースになるかなと思います。
    本棚を内側に向けた方がきちんと固定できていいのでしょうが、やっぱり奥側の棚が使いにくいと思うので、固定は諦めて外側に向けるつもりです。勉強スペース以外の子供スペースにはおもちゃ用の棚と、もし学習机だけでは学用品やバッグ等(子供部屋がとれないので、洋服以外の子供用品はすべてリビングにあります)の収納で困るのであれば、無印のユニットシェルフを購入するつもりです。

    本題ですが、机が決定した今、椅子について悩んでいます。
    回転椅子は集中できなさそうなので、木製椅子にしようと思っているのですが、囲まれたスペースなので、カモミールの学習椅子は場所をとるような気がして、オルレアの4本脚かオルレアのSDC-147WWNKを考えているのですが、材質的に合うと思いますか?現行のキャスター付きは形があまり好きではないので考えていません。
    またキャスター付きの椅子の座面下の棚には本来ランドセルを収納するのだと思いますが、ここにカラーボックスのインナーボックス(幅約39cm)や無印のソフトボックス(幅約37cm)を置くことは可能なのでしょうか?
    そういったボックスにリュックやバッグを入れられたら便利だと思うので、座面下の棚付きの椅子にするのであればボックスが入ったらいいな…と。
    オルレアの椅子は展示しておらず、カモミールの椅子はありましたが、その時はボックスを持って行っていなかったので入るのかはわかりませんでした。

    またカモミールの椅子は2万円ほど、オルレアの4本脚が15600円、オルレアのSDC-147WWNKが1万円ちょっとで、2台買うとなるとSDC-147WWNKの値段は魅力的です。

    トリップトラップが2台あるので、とりあえずそれを使ってもよいのですが、脚が意外と邪魔かな…と思ったり。

    まとまりのない長文で申し訳ありませんが、収納マン様のご意見をお聞かせいただけたら幸いです。

    • 収納マン より:

      悩める子鹿さま

      はじめまして^^

      デスクランドで学習机を購入されたんですかー。
      あそこなら、カモミール・フリーワンタイプのレイアウトのイメージがしやすくて良いですね♪

      学習机のレイアウトで「背中合わせに配置」というのは、デスクを背中合わせではなく、お嬢様方が背中合わせになるということですよね?
      ワゴンをデスク下に収めた状態だと思いますので、確かに椅子を引く余裕が十分ではなく、狭苦しく感じそうです。

      その点で言えば、オルレアの斜め前脚チェア(SDC-149)がオススメです。
      前足が斜めになっているので、椅子をあまり引かなくても斜め後ろから滑り込むようにして座りやすいからです。

      オルレアのSDC-147とカモミールのKM97の座り心地はほとんど同じでしょう。
      ただし、SDC-147は小型の前後キャスターなので、床がフローリングの場合はキズが付きやすいです。
      また、色合いや材質については、KM97のほうがデスクにマッチしやすいことは言うまでもありません。

      オルレアのチェアはいずれもラバーウッドですが、オルレアのデスクはカモミール同様にカバ(バーチ)です。
      なので、材質の違いは少なくともコイズミファニテックとしては許容範囲と考えているでしょう。
      ホワイトやナチュラルの色合いやツヤは若干異なるものの、これらの違いが気になるかどうかは個人差があると思います。

      オルレアのSDC-128は4本脚なので、脚の裏にフェルトを貼れば、フローリングの上で使うのに適しています。
      SDC-147、SDC-149、カモミールKM97を使う場合は、デスクカーペットまたはチェアマットを敷くのが無難でしょう。

      ともあれ現状、トリップトラップが2台あるということなので、まずはそれを使って様子を見られても良いのではないかと思います。
      トリップトラップも脚が斜めになっているので、そのメリットも分かりやすいでしょう。

      椅子の座面下の収納スペースには、カラーボックスのインナーボックス程度の箱やバスケットは置けると思います。
      ただし、深すぎてもリュックなどが出し入れしにくいと思いますので、椅子が届いてからサイズを確認して、使いやすそうな大きさの箱を手配したほうが良いでしょう。

      以上、ご参考になれば幸いです^^

  2. 悩める子鹿 より:

    貴重なご意見ありがとうございます。
    やはり機能性なら斜め脚なのですね。
    確かに次女はトリップトラップを横から滑り込むように座っています。

    そうです。娘たちが背中合わせで座る形になります。
    まだまだおもちゃでも遊びますし、お友達が遊びに来たりすることも考えると、勉強スペース以外のスペースも確保したいので、配置が難しいですね。

    今までは元々私が使っていた180×45cmの長机を2人で使っていたのですが、長女が塾に行き始め、テキスト、ノート、問題集、問題集用のノートを同時に広げる場面が多々あり、開いては閉じを繰り返す娘を見て、私がイライラしてしまって 笑
    収納マンさんがおっしゃる天板は最低100×60cm必要という言葉に心底共感しました。
    そのシチュエーションにならないとわからないものですね(^_^;)小学校の宿題程度ならまだ十分ですし。

    カモミールは、天板と上棚の間隔が広いので、上棚があっても天板を奥まで使用しやすいと感じました。また、小引き出しよりもハート窓の付いた小棚?の方が腕時計やメガネをしまいやすい気がしました。
    シンプルに少し可愛らしさがあるものが好きな娘たちにはドンピシャだったようです。
    キラキラやカラーデスクには見向きもしませんでした(^_^;)

    元々1年生の姪っ子がモモナチュラルのエマを買って、それを見たことから自分だけの机が欲しい!という流れでしたので、こちらのサイトに出会わなければデザインだけで選んでいたかもしれません(エマ、ものすごく可愛いんですけどね)

    おっしゃる通り、トリップトラップでしばらく様子を見て、スペース的にいけそうであれば新しい椅子を考えたいと思います!

    机が届いて使い始めたらまた感想等ご報告できたらと思います。
    本当にありがとうございました。

    • 収納マン より:

      悩める子鹿さま

      なるほどなるほどー。
      カモミールのフリーワンタイプに至った経緯がよく分かりました。
      勉強をするのに十分なスペースを確保しつつ、まだまだ遊び盛りのお嬢様方にピッタリの選択肢ですね^^

      オルレアのSDC-147とSDC-128は2017年度以前のモデルなので在庫限り。
      いつ売り切れるか分からない状況ではありますが、まずはトリップトラップで様子をご覧になってから購入していただければと思います^^

スポンサードリンク
スポンサードリンク