学習机の設置スペースを考えるとき、椅子の引き代はどれくらい必要?

学習机の天板の奥行については、コンパクトなほうが良いとか、逆に広いほうが良いとかいう話はよく聞きます。しかし、意外と学習椅子も含めた設置スペースまで話が及ぶことはありません。

このことは実はダイニングセットを選ぶときも同様の傾向があります。天板サイズはどれくらいが良いという話は出ても、椅子をセットしたときにどれくらいのスペースが必要となるかということは見過ごされがちなのです。

ダイニングチェアがダイニングテーブルのオマケでないのと同様に、学習椅子も学習机のオマケではありません。特に日本の住宅は一般的にスペースに余裕がないことが多いので、座り心地だけでなく、設置スペースについても入念に考えておきたいものです。

最低限、デスク天板+チェアの奥行は必要

通常、子供が学習机で勉強をするときは、上写真のように学習椅子の前のほうが少し机の下に入り込んだ状態となります。この場合、仮にデスク天板の奥行を650mm、学習椅子の奥行を500mmとすると、全体の奥行はザッと1050mm程度(650+500-100mm)となります。

しかしながら、常にこの状態ではありません。たとえば掃除機をかけるときなどは学習椅子を出す必要があるので、その際には最低限1150mm(650+500mm)のスペースが必要となります。

また、特にリビングダイニングなどに置く場合は、椅子の後ろを家族が通ることもあるでしょう。人が通るスペースを確保するには一般的に肩幅程度の450mm以上が必要となりますので、子供が座った状態の1050mm+450mmで合わせて1500mmのスペースが必要となります。



足元棚を使う場合はデスク天板奥行+500mm程度必要

組み替え式デスクで書棚の前にデスクを置くスタイルの場合や、足元棚のあるベーシックデスクの場合は、足元棚の本などを取る際には椅子をいったん除けてから潜り込む必要があります。

新入学児童の場合、デスクの前でうずくまるとだいたい奥行500mm程度のスペース、大人だと同じく600mm以上必要かと思います。つまり、足元棚を使おうと思ったら、デスク天板奥行+500~600mmは考えておかないといけないわけですね。

さらに、足元棚全体を使おうと思えば、学習椅子だけでなくワゴンも出す必要があります。デスクの奥行方向に余裕がない場合は、幅方向に椅子やワゴンを出さなくてはなりません。そうすると、幅方向におよそデスク2台分のスペースが必要となります。

ワゴンをL字レイアウトにする場合

Cライン脚の学習机

ワゴンを手前に引いてL字型レイアウトにする場合は、デスク天板の奥行+ワゴンの奥行が必要になります。さらにこの状態で引出しを開け閉めするには、引出しの奥行以上の奥行(通常400~500mm程度)が必要になります。

ワゴンの奥行は学習椅子の奥行とそれほど変わらないので、ワゴンを手前に引いてL字型レイアウトにする場合もそれほど奥行に気を配る必要はありません。ただし、この状態で引出しを開け閉めすることは当然考えられますから、そうするとデスク天板の奥行の3倍程度(デスク+ワゴン+引出し)のスペースが必要ということになります。

このように見てみると、基本的にはデスク天板の奥行+学習椅子ないしワゴンの奥行程度のスペースがあれば良いわけですが、通路や引出しを開けるスペースなども考慮すると、最大でデスク天板の奥行の3倍程度ものスペースが必要になるのです。

そう考えると、デスクの奥行の10cm程度の違いというのは本当に小さな違いと言うこともできますし、3倍になることを前提とすれば非常に大きな違いを生じさせることと考えることもできます。

また、単純に奥行を確認するだけでなく、デスクや学習椅子の脚の形状も実際に必要な奥行方向のスペースに影響を及ぼします。たとえばカリモク家具のオークフォレストにCU1017の組み合わせなら、あまり椅子を引かなくても座ることができて省スペースです。

冒頭でも申し上げた通り、学習椅子は学習机のオマケではありません。落ち着いて勉強するためだけではなく、設置スペースを考えるうえでも非常に重要なエレメントのひとつです。

こういったことを考慮すると、学習椅子を決めてから学習机を決めたほうが良い場合もあるでしょう。是非いろんな角度から検討してみてください。

【関連記事】

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

スポンサードリンク
スポンサードリンク