テレワーク向き?コイズミ「ガジェ」はコンパクトながら上棚付きのデスク

ここ数日で当ブログをプチリニューアルしました。本当はもっと抜本的にリニューアルしたかったんですけど、どうしても解決できない問題があって、ちょっと手を加えただけという感じになりました。

しかしながら、いじっているうちにいくつか改善を要する箇所が見つかりましたので、まだしばらくリニューアル作業が続く予定です。読者の皆様にはご迷惑をお掛けしますが、どうぞよろしくお願いします。

それはさておき。まだ2023年度の新作学習机の発表会の案内もありませんが、早くもコイズミファニテックから新作デスクが発売されました。早速、ご覧いただきましょう。

 

コイズミファニテック・Gaje(ガジェ)

KOIZUMI(コイズミ) デスク ダークブラウン W800×D500×H730mm Gaje(ガジェ)80幅デスク WO色 NDD-541WO

このたびコイズミファニテックから発売されたのは「Gaje(ガジェ)」というデスクです。幅80×奥行50cmのコンパクトなデスクで、本体に引出しはなく、ワゴンも用意されていません。一方で、上棚(卓上ラック)が用意されているというのは何だかちょっとうれしいところです。

カラー2色展開

KOIZUMI(コイズミ) サイドシェルフ ホワイトウォッシュ W385×D500×H730mm Gaje(ガジェ) WW色 NDB-242WW

上棚(卓上ラック)はデスクと同じ幅の80cmタイプのほか、40cmタイプも用意されており、別売のサイドラックの上に取り付けることもできます。ただ、上棚はデスクに取り付ける場合もサイドラックに取り付ける場合も完全には固定できないので、この形状では後ろ側に滑り落ちる危険性があるのではないかと思います。

カラーバリエーションはダークブラウンとホワイトウォッシュの2色。天板の材質は現時点では分かりませんがメラミン化粧板でしょうか。

ルトラよりお手頃価格に?

現時点では定価も分からないのですが、このスペックですから価格は「ルトラ」(上写真)よりも安く、それでいて「ワイズ」よりもリビングダイニングに置いて違和感のないデザインを目指したのだと思います。

もっとも、単純にオカムラの「リュブレ」にぶつけてきただけなのかもしれません(笑)

 

というわけで、コイズミファニテックの新商品「ガジェ」をご紹介しました。おそらくネーミングは「ガジェット」に由来するのだと思いますが、デジタル大辞泉によるとガジェットとは”気のきいた小道具”という意味もあるそうです。確かに、ガジェは上棚にペンやスマホを立てられるように気配りされた設計で、デザイン的にも気の利いた感じがします。

価格的にもおそらくルトラやワイズ、リュブレよりも手頃で、家具というより小道具という感覚で買える価格帯を目指したのでしょう。サイズもコンパクトで置く場所を選びません。

引出しがないというのがちょっと残念ではありますが、逆に言うと引出しが必要ならルトラやワイズ、ファリスあたりを購入してもらえば良いわけで。コイズミファニテックとしてはテレワーク用のデスクの購入を検討している人に対して敷居を下げる意図があったのではないかと思います。

KOIZUMI(コイズミ) デスク ホワイトウォッシュ W800×D500×H730mm Gaje(ガジェ)80幅デスク WW色 NDD-241WW
コイズミファニテック(koizumi furnitech)
¥19,825(2022/05/17 14:00時点)

関連記事

セレクトデスク比較!コイズミ・ビーノvsルトラvsワイズvsファリス
コイズミファニテックのビーノ、ルトラ、ワイズ、ファリスのセレクトデスク4商品を比較してみました。幅バリエーションが3サイズで2~3色展開のセレクトタイプという点では類似性があるものの、 価格、材質、引出しの数、奥行、ラインナップなど様々な点で微妙に違いがあります。
コイズミファニテック「WellBee(ウェルビー)」は傾斜天板採用!
コイズミファニテックから傾斜天板を採用した「WellBee(ウェルビー)」が発売されました。デザインはビーノやファリスに似た感じですが、天板はMDFダイレクトプリントであるなど質感はCDシリーズとほぼ同じ感じです。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など