学習机評論家のオススメ

学習机評論家・収納マンが、学習机の選び方やオススメのデスクなどを紹介します。

*

いかにも「学習机」って感じがイヤ?子供の机に上棚があったほうが良い理由

   

最近はあまり話題に上がることもありませんが、私は学習机には上棚(ブックスタンド)があったほうが良いと考えています。そう考える理由は主に次の2つです。

  • 上棚があったほうが子供にとって楽しい場所になる
  • 機能的に使うためには上棚があったほうが良い

上棚があったほうが子供にとって楽しい場所になる

子供が勉強する机には、勉強に関係のないモノは置かないほうが良い…こういう意見もあります。決して私はそれを否定するつもりはありませんが、私はまったく逆の考え方を持っています。勉強に関係あるモノもそうでないモノもすべて学習机に集約したほうが良いと考えているのです。

それはなぜかと言うと、勉強と遊びを線引きする正当な理由が見当たらないからです。勉強は遊びであり、遊びは勉強であるべきだと考えています。「勉強が遊びって、どんだけネクラ?」と思われるかもしれませんが、私にとっては仕事も遊びも線引きがありません。

以下は完全に私の偏見ですが、しっかり遊ばない人は仕事ができないと思います。また、勉強と遊び、仕事と遊びに線引きをする人は、勉強や仕事を苦痛なものと考える傾向があるように思います。しっかり勉強し、真面目に仕事に打ち込むことはもちろん大切ですが、遊びから学ぶことは多いと思うのです。

学習机の上に勉強に関係ないモノ…ここでは敢えて「オモチャ」と呼びますが…オモチャがあると、子供は学習机に向かうことに抵抗がなくなります。上棚があればそこにはもちろん教科書などを置きますが、オモチャを並べると学習机が子供にとってもっと楽しい場所になるのです。

もちろんオモチャが目の前にあると、目の前の誘惑に負けて勉強に集中できないこともあるでしょう。私はむしろそれが良いと思うのです。常に目の前の誘惑に晒されることで、ときに誘惑に負け、それを反省し、いま自分が何をすべきなのかを冷静に判断できるようになります。人間というものは、人から禁止されると、むしろそれをしたい衝動に駆られるものなのです。親の命令ではなく、自分自身の意志で克服することが理想です。

また、私は収納のプロとして、限られたスペースで自分のモノを収める習慣を子供のうちから身に付ける必要があると考えています。理想を言えば、幼児期のオモチャの量を100%とすれば、小学生はオモチャを50%、勉強道具を50%、高校生くらいになればオモチャを20%、勉強道具を80%くらいにすべきだと考えています。

学習机とその周辺に勉強道具だけを収めるという発想からスタートすると、勉強と遊び、それぞれのバランスを考えることがありません。それはつまり、自分が何をしたいのか、何をすべきなのかということが分かりにくくなるということに繋がります。

社会人でも、オフィスの机の上に癒しと機能性を求める人がいます。それはもちろん悪いことではありません。そしてそれはやはり子供でも同じことが言えると思うのです。上棚がない平机でもそれを実践することは可能ですが、上棚があったほうがそれを実践しやすいと思います。

 

機能的に使うためには上棚があったほうが良い

収納のプロとしての経験で言うと、片づけが苦手なのに使い勝手を無視して、家具の見た目ばかり気にする人が相当数います。そういう人が収納家具を選ぶと、家具が使いにくいので部屋はグチャグチャになってしまいます。そうなると家具自体の見た目は良いはずなのに、せっかくの家具が台無しになってしまいます。

学習机でも同様のことが言えます。上棚がないほうがスッキリ見えます。もっと言えば脚は直線的で、引出しは少なく、デスクチェアも大人が使うようなもののほうがスマートです。しかしそれらは言うまでもなく、子供にとっては大変使いにくいものとなってしまいます。

多くの場合、見た目と機能性は反比例します。インテリア性を追い求めると使い勝手が悪くなり、維持管理に手間が掛かり、コストも掛かります。反対に、たとえば上棚があれば、教科書に手を伸ばすのが楽になり、学習の能率が上がります。見た目は損なわれるかもしれませんが。

学習机にインテリア性を求めることは決して悪いことではありません。しかしインテリア性の高い学習机を置けば部屋の見た目が良くなるというものでもありません。本気でインテリア性を高めようと思えば、ファイルの色や大きさを揃え、整然と並べるなどの手間を惜しまないことのほうがむしろ大事で、それは限られた時間の中で学習の能率向上とのバランスを考えながら実践すべきだと私は考えます。

 

以上はすべて私の経験に基づく考えです。学習机に上棚がなくても、モノを厳選し、維持管理に手間を掛けて、スッキリと使える親子もいます。また、経験上、図書館に行かないと集中して勉強できないと考える人は、上棚はないほうが良いに決まっていると言うことでしょう。

もちろん私はそれを否定するつもりはありません。それは紛れもなく事実ですし、親の経験がどうであれ子供の性格もひとりひとり違います。

しかしながら、安易に学習机そのものの見た目だけで判断を下すと失敗する可能性があるのも事実です。前述の理由から私は学習机には上棚があったほうが良いと考えますが、上棚が必要か不要かは各ご家庭の事情に応じて判断していただければと思います。

 

【関連】学習机の上棚はハイタイプとロータイプ、どちらが人気?

 - 学習机の選び方, 2016学習机

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

ベルメゾンDAYS×杉工場・国産学習デスクメーカーと考えた学習机[日本製]
ベルメゾンDAYS×杉工場オリジナルデスク「国産学習デスクメーカーと考えた学習机[日本製]」

「まいにちをかさねよう」がテーマの「ベルメゾンDAYS(デイズ)」。最近、テレビ …

コイズミファニテック・木製スクエアチェアKDC-095
座りやすさで選べば、木製学習椅子はやっぱり「斜め前脚チェア」がオススメ

新入学児童にとって学習机の脚形状が大事であるように、木製学習椅子の脚形状も大事で …

杉工場・スティック
アクタス→こどもビームスにスイッチ!2016年度の杉工場の新型学習机は「スティック」

縮小傾向の学習机市場において、杉工場は数少ない勝ち組であるように思います。もちろ …

イトーキ 学習チェア 2016 天然木 /ITOKI(イトーキ)木製チェア KM46-8
学習椅子はどっちが良いの?【木製チェアvs回転チェア】メリット&デメリット

一昔前とは異なり、最近は学習机のデザインに個性が出てきたため、同じシリーズの椅子 …

新入学時(奥行が深く幅が狭いデスクの場合)
学習机の天板サイズはどれくらい必要?実は1000×600mmで十分!

「学習机の天板のサイズはどれくらい必要?」という疑問。今回はその疑問にお答えすべ …

イトーキ・ロロック
フローリング?カーペット?学習机にセットする学習椅子を選ぶときは床にも注意

ここのところ学習椅子に絡むご質問が増えているので、改めて学習机にセットする学習椅 …

オカムラ・ラポール
オカムラ渾身の新作デスク「rapport(ラポール)」は4月以降発売!

オカムラ(岡村製作所)が2015年末に発売する予定と告知していた「rapport …

オカムラ・Tenuto(テヌート)
【速報版】脱ピエルナ!?オカムラの2016学習机はリビング対応&天然木路線に

9月28日にオカムラ(岡村製作所)の2016学習机カタログ(デジタル版)が公開さ …

ボロ布で自然塗料を塗り込んでいく
変質が心配?オイル塗装の耐薬品性能について簡単な実験をしてみました

我が家では学習机のそばにIKEAのIVAR(イーヴァル)シェルフユニットを置いて …

明和グラビア 吸着チェアマット ECM-56
まるで敷いていないような薄さ!明和グラビアの「貼ってはがせる!チェアマット」

今日は節分なのでコストコに恵方巻を買いに行ってきました。そのついでにナフコ21ス …