学習机によく使われる材質の硬さを一覧にしてみました!

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

木材・イメージ

およそ一般の方にとって、家具に使われる材質なんて表示があってもピンと来ないことが多いのではないでしょうか。実際、家具通販のレビューを見ても、よく分からずに買っている方が多いと感じます。そこで今回は、学習机によく使われる材質の硬さを一覧にしてみました。

それぞれの木の種類の横の数字は水を1とした場合の比重です。基本的には数値が大きい(=硬い)ほど学習机の天板に適していると言えますが、そうとも言えないところもあります。暴れやすさ(変形のしやすさ)、加工のしやすさ、木目の美しさ、表面の粗さ(細かさ)などの要素も考慮する必要があるからです。また、塗装によっても表面硬度は大きく変わります。そのため以下はあくまで参考としてご覧いただければと思います。

あくまで私見ですが、材質に関してザックリ言うと、比重が0.6以上であれば十分、それ以下は要注意かなと思います。ただそれよりも、ウレタン塗装か自然塗装(オイル塗装)かの違いのほうが天板の表面硬度に大きく影響を与えると考えています。

 

学習机によく使われる材質の硬さの一覧

比重樹種

硬い
0.72メープル(かえで)
0.70前後レッドオーク
0.70前後ホワイトオーク
0.69バーチ(カバ)
0.68ナラ
0.65~0.69アッシュ(タモ)
0.64ウォルナット
0.63ニレ
0.62~0.74ビーチ(ブナ)
0.60~0.70MDF
0.60前後ラバーウッド
0.60チェリー(さくら)
軟ら
かい
0.41ヒノキ
0.40~0.50アルダー
0.35~0.60パイン

※上表で太字のものは特に学習机でメジャーな材質

上記の数値はいくつかのデータを参照して作成したものです。ただし、カタログ表記ではオークと表示されているだけでホワイトオークかレッドオークか判断できない場合や、パインと表記されていても実際には種類がたくさんあって特定できないことが多々あります。

なお、学習机の天板には突板(つきいた)のものもあります。突板は木材を0.2~0.3mmくらいに薄くスライスしてMDF合板などに貼ったものです。当然、これくらいの厚みでは表面硬度への影響は極めて限定的と考えられます

硬い木材のほうがキズが付きやすいことは確かですが、硬ければ硬いほど良いという話でもありません。ガラスの上で書くと手が疲れやすいことからも分かる通り、多少の軟らかさがあったほうが良いとも言えます。人工的に作られたMDF(中繊維合板)はもっと硬いものもありますが、学習机の天板にはそれほど硬いものを使わないのは同じ理由からです。

また、一言でオークと言ってもピンキリです。たとえば国産家具メーカーなら最上級のものの中からさらに選別して使いますが、安いものはやはり価格相応のものを使っています。値段は正直なので、予算に合ったものを選ぶようにしましょう。

材質別 デスクの一例

オーク:カリモク家具 ピュアナチュール

カリモク家具の「ピュアナチュール」はオークの木目が美しいだけでなく、ピュアオーク塗装で起訴のものに触れているような質感が魅力です。

バーチ:イトーキ カモミール

イトーキの「カモミール」はバーチのナチュラルな風合いが魅力です。節や入皮の入ったラスティック材を使っています。

ナラ:浜本工芸 No.09デスク

浜本工芸の「No.09デスク」は木目のきめ細やかなナラを使っています。平行線状の柾目(まさめ)よりも年輪状の板目(いため)が多いです。

ウォルナット:マスターウォール コリス ラボ デスク

ウォルナットと言えばAKASE(旧・アカセ木工)のマスターウォール。「コリス ラボ デスク」はウォルナットだけでなく、ブラックチェリーやレッドオークを選ぶこともできます。

ビーチ:コイズミファニテック アルフ

コイズミファニテックの「アルフ」は木目の少ないビーチを使っています。木目が少ないからこそ他の木製家具とケンカしないこともメリットと言えましょう。

MDF:オカムラ クオーレ

オカムラの「クオーレ」の天板はパッと見た感じ天然木に見えるかもしれませんが、MDF合板に木目を直接印刷したものです。もちろん実用面ではまったく問題ないです。

ラバーウッド:大商産業 MWD-550

カラーデスクと言えばMDF合板を使うのが一般的ですが、大商産業の「MWD-520」は天板にラバーウッド(ゴムの木)を使っています。

アルダー:堀田木工所 ウインディ

堀田木工所の学習机は基本的にアルダー材を使っています。軟らかい材質を自然風塗装で仕上げているのでキズや汚れには弱いですが、国産にしては価格が安いのが魅力です。

パイン:アクタス ミッテ

以前はパイン材のデスクは珍しくなかったのですが、近年はほとんど見かけなくなりました。アクタスの「ミッテ」は稀有な存在と言えます。

 

こうやって材質別にデスクを並べてみると、同じように見える学習机もまた違った印象になるのではないでしょうか。実物を見れば塗装色やツヤの出し方、木目の違いなどによって、より個性が際立って見えると思います。

ですから是非、店頭で触れてみてください。なぜ天然木のデスクが人気なのか、その一端がお分かりいただけることでしょう。

関連記事

天板がMDF(中質繊維板)の学習机は良くないの?実は安くて丈夫なエコ素材
天板がMDF(中質繊維板)の学習机は良くないと思われがちですが、そんなことはありません。硬さは十分ですし、環境にも優しいエコ素材です。ただし、天然木に比べるとどうしても安っぽく見える可能性はあります。それでもパイン材よりはキズが付きにくくて良いです。
正しく理解したい、自然塗装(オイル仕上げ)の学習机のメリットとデメリット
自然塗装(オイル仕上げ、オイルフィニッシュ)のメリットとデメリットについて説明しています。自然塗装は厚い塗膜を形成しないので木に直接触れられる、有害物質(ホルムアルデヒド)を含まない、なんちゃって自然塗装ならコストが安いなどのメリットがあります。一方で、キズや汚れが付きやすい、メンテナンスが面倒というデメリットもあります。
学習机の引出の素材(内部材)の比較~やっぱり値段の高いほうが上質!
以前に学習机の産地と引出内部材の関係の一覧を作りましたが、今回は引出の素材(内部材)の機能的な比較をしてみたいと思います。 現在、学習机の引出の素材(内部材)で一般的なのは、ファルカタ(洋桐)、白塗りした粗悪な桐、樹脂フィルム貼りのパーティ...
Made in?産地別 学習机メーカー一覧
学習机メーカー各社の製造国とそれぞれの引出し内部材の違いについて簡単にまとめてみました。一般的に国産の品質が高いのは当然として、タイ、マレーシア、中国も決して侮れません。ベトナムやインドネシアは残念ながらそれらには劣ります。
この記事を書いた人

学習机評論家。前職である家具メーカー勤務の経験をもとに、オススメの学習机を紹介しています。
日本で初めて一般家庭向け収納&インテリア・コーディネートサービスを始めて20年の収納&インテリアのプロでもあります。TVチャンピオン収納ダメ主婦しつけ王優勝。詳しいプロフィールはこちら

収納マンをフォローする
学習机の選び方2015学習机
収納マンをフォローする
学習机評論家のオススメ

コメント 皆様からご質問・ご意見など