初めての方はコチラからどうぞ

学習机の購入を検討するにあたって色々と分からないことがあると思います。いつ買えば良いのか、どんなものを買えば良いのか、そもそも必要なのかと、悩みは尽きません。
そんな方はまず、以下のページからご覧ください。
各ページのコメント欄でのご質問もお待ちしております。お気軽にどうぞ!

学習机のトレンドが3分で分かる!まとめ
『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

学習机によく使われる材質の硬さを一覧にしてみました!

学習机によく使われる材質の硬さを一覧にしてみました。それぞれの木の種類の横の数字は水を1とした場合の比重です。基本的には数値が大きい(=硬い)ほど学習机の天板に適していると言えますが、そうとも言えないところもあります。暴れやすさ(変形のしやすさ)、加工のしやすさ、木目の美しさ、表面の粗さ(細かさ)などの要素も考慮する必要があるからです。また、塗装によっても表面硬度は大きく変わります。そのため以下はあくまで参考としてご覧いただければと思います。

あくまで私見ですが、材質に関してザックリ言うと、比重が0.6以上であれば十分、それ以下は要注意かなと思います。ただそれよりも、ウレタン塗装か自然塗装(オイル塗装)かの違いのほうが天板の表面硬度に大きく影響を与えると考えています。

 

↑ 硬い

  • メープル(かえで) 0.72
  • レッドオーク 0.70前後
  • ホワイトオーク 0.70前後
  • バーチ(カバ) 0.69
  • ナラ 0.68
  • アッシュ(タモ) 0.65~0.69
  • ウォルナット 0.64
  • ニレ 0.63
  • ビーチ(ブナ) 0.62~0.74
  • MDF 0.60~0.70
  • ラバーウッド 0.60前後
  • チェリー(さくら) 0.60
  • ヒノキ 0.41
  • アルダー 0.40~0.50
  • パイン 0.35~0.60

↓ 軟らかい

 

※上記の数値はいくつかのデータを参照して作成したものです。

※カタログ表記でナラとなっているものが実際にはオークであったり、パインと表記されていても実際には種類がたくさんあって特定できないことが多々あります。

コメント