【保存版】たなとつくえの学習机(最終更新2017年11月)

たなとつくえとは

浜本工芸×学習机評論家「たなとつくえ」@IDC大塚家具

「たなとつくえ」とは、学習机評論家である私がデザインし、国産高級家具メーカーの浜本工芸が製造する、コラボレーションブランドです。2017年8月にデビューし、現在はIDC大塚家具でのみ販売されています。

たなとつくえの学習家具は浜本工芸が作るわけですから、もちろんナラ無垢をふんだんに使っており、国産でこれ以上ないくらいに丁寧に仕上げられています。品質的にはこれ以上のものはないと言っても過言ではないでしょう。

たなとつくえリリース記事

浜本工芸とは

浜本工芸本社

浜本工芸は家庭用総合家具メーカーとして日本で3本の指に入る規模を誇ります。現在はオーク材も扱っていますが、基本的にナラ材だけに特化しているのが大きな特徴です。1948年創業、本社は広島市南区です。

1950年代から片袖机を作っており、学習机が皇室に献上されたという実績もあります。浜本工芸の学習家具の価格は高価ですが、知れば知るほど割安であることが分かっていただけるはずです。

「浜本工芸の学習机」詳細

IDC大塚家具とは

IDC大塚家具・有明本社ショールーム

IDC大塚家具は全国に24店(提携店含む)の店舗ネットワークを持つ大型家具販売店です。たなとつくえの学習家具は、そのうち12店舗で展示販売中です。

たなとつくえ取扱店舗一覧

IDC大塚家具は中~高価格帯の品揃えが豊富で、品質の高い国産家具や輸入家具を多数取り揃えています。学習家具売場も品質が高いものだけを厳選しており、安心して選ぶことができます。



たなとつくえの学習家具ラインナップ

  • ミニマ・デスク
  • ハロウ・チェア
  • フレム・オープンシェルフ

たなとつくえの学習家具は現在のところ上記の3アイテムのみです。いずれも浜本工芸が製造しており、ナチュラルオーク色、ダークオーク色、カフェオーク色の3色展開ですので、ほかの浜本工芸製品と組み合わせることが可能です。

ミニマ・デスク

たなとつくえ・ミニマデスクセット

ミニマ・デスクのコンセプトは「ミニマム(最小限)」。子供が成長して上棚が必要なくなれば、上棚を足元棚として使うことができることが最大の特徴です(上棚、デスク本体、ワゴンはそれぞれ別売可能)。また、天板奥行も必要最小限の60cmにとどめ、圧迫感の少ないコンパクトサイズに仕上げています。

ミニマ・デスク詳細

ハロウ・チェア

たなとつくえ・halow(ハロウ)チェア

ハロウ・チェアは「たかが学習椅子」と言えないほど、たくさんのセールスポイントがあります。背もたれが低くて圧迫感が少ないだけでなく、重心が低いので倒れにくく、子供でも椅子を引きやすいです。また、大型の足置きステップにより、子供が落ち着いて勉強をすることができます。

ハロウ・チェア詳細

フレム・オープンシェルフ

たなとつくえ・FLEM(フレム)オープンシェルフ

フレム・オープンシェルフは、小学生を卒業すると使いにくいランドセルラックに対するアンチテーゼから生まれたシンプルなオープンシェルフです。固定棚はデスク天板と同じ高さなので、ランドセルを置くにも最適。ほかの学用品を収めるのにも最適な奥行35cmで、高さ空間を有効活用できます。

⇒ フレム・オープンシェルフ詳細

たなとつくえの学習家具は国産最高級と言える浜本工芸が作っているので価格は結構高価です。それだけでなく、表面材は基本的にエンボスシート(プリント化粧紙)は使わずにナラ突板を使っていますから、浜本工芸の学習家具ラインナップと比べても高級仕様と言えます。

ですから絶対値で見れば高価ですが、スペックをよくご覧いただくとむしろ割安であることが分かっていただけるはずです。わたくし学習机評論家が無理を押し通したにもかかわらず価格を抑えることができたのは、なにより浜本工芸とIDC大塚家具の努力によるところが大きいと個人的には思っております。

たなとつくえの学習机は、ただでさえコスパ最強の浜本工芸に輪をかけてコスパが高くなっています。ぶっちゃけ、「学習机の奥行は65cm以上欲しいわ~」と思われる方にはオススメできませんけど、それ以外の方には自信を持ってオススメしたいと思います!

【関連】「たなとつくえの学習机」最新記事一覧

スポンサードリンク
スポンサードリンク