まるで真昼の天窓!オーデリック「フラットプレートOL291412BC」

先々月から、我が家ではシーリングライトを蛍光灯からLEDにチェンジしていっています。

先々月は日立の「まなびのあかり」、先月は同じく「ラク見え」を設置しました。いずれも部屋の隅々まで照らすことができて大満足なのですが、いかんせんデザインが野暮ったい(苦笑)インテリアコーディネーターとしては受け入れがたいところがありました。

もうひとつ、「隅々まで照らしたいなら、たとえば6畳間に10畳用のシーリングライトを設置すれば良いのではないか?」という素朴な疑問を持つようになりました。そこで今回は、オシャレなオーデリックの「フラットプレートOL291412BC」を設置し、まなびのあかりなどと明るさを比較してみることにしました。

 

オーデリック・フラットプレートOL291412BC

オーデリック・フラットプレートOL291412BC

日立やパナソニックと違ってオーデリックはマイナーですが、デスクライトで言うと山田照明みたいな立ち位置で、デザイン性と機能美を備えた照明器具を作っています。

しかし、改めてオーデリックについて調べて驚きました。なんと山田照明がサンゲツの傘下を離脱してオーデリックの子会社になったというではありませんか!今年の4月の話です。

個人的にはこれは素晴らしい話だと思いますねー。オーデリックと山田照明は取扱商品が重複するところがありますけど、モノづくりに対する思想が似ていると感じます。これは良い組み合わせなんじゃないでしょうか?



開封→ナンジャコリャ!?

オーデリック・フラットプレートOL291412BC

それはさておき、さっそく開封してみて驚きました!ナンジャコリャ!?普通のシーリングライトだと思っていた私は、今まで見たことがないパーツの組み合わせに戸惑ってしまいました。

LEDの姿が全然見えない

オーデリック・フラットプレートOL291412BC

それぞれのパーツをすべて裏返してみた様子。本体はLEDの姿がまったく見えません。これ、本当にウチで使えるんだろうかと不安になってしまいます。

ちなみに本体の直径は600mm。10畳用ということもあって大きいです。

取扱説明書を読みながら設置

オーデリック・フラットプレートOL291412BC取扱説明書

オーデリック製品を含めてこれまで多くのシーリングライトを設置してきたという自負のある私ですが、こんな奇妙な構造のシーリングライトは初めてです。取扱説明書を参照しながら設置しました。

古い蛍光灯シーリングライトを取り外す

NECライティング・9LK212SG

まずは蛍光灯シーリングライトを取り外します。ダイニングキッチンで入居以来15年以上使ってきたNECライティング(現・ホタルクス)の「9LK212SG」(8~10畳用)です。他の部屋のシーリングライトをLEDに変えてからは、とにかく暗いと家族から不評でした。

ローゼットの耳にネジを取り付け

ローゼットの耳にネジを取り付け

蛍光灯シーリングライトを取り外したら、天井の引掛埋込ローゼットの耳に、付属のローゼットねじを1/4ほどねじ込みます。

我が家は偶然、耳(ネジ穴のある金具)のある引掛埋込ローゼットだったから良かったものの、耳のない角型や丸型の引掛シーリングだったら、付属の取付金具を木ネジで天井に取り付けなければいけないところでした。つまり、賃貸住宅では取り付けが難しい可能性があるというわけですね。

今回購入したのは「簡易取付A」というタイプで、6畳用と8畳用なら「クイックA」という賃貸住宅でもまったく問題ないネジ不要のタイプも用意されています。ただし、クイックAタイプは天井とシーリングライトの間に約10mmすき間が生じます。

天井に取付ベースを固定

天井に取付ベースを固定

次に十字型の取付ベースAに取付ベースBを被せてローゼットに固定します。なるほど、そういう構造だったのですねー。

カラビナで仮吊り→コネクタを接続

カラビナで仮吊り→コネクタを接続

そして、本体から伸びている紐の先のカラビナを取付ベースに引っ掛けて仮吊りします。そのうえで、コネクタを繋いで通電可能な状態に。コードは取付ベースのコード押えを曲げて固定します。

本体を時計回りに回して設置完了!

オーデリック・フラットプレートOL291412BC

あとは一般的なシーリングライトと同様に、時計回りに回して固定します。

ふああ~っ!まるで壁に埋め込まれたようにフラットな形状!素敵すぎます!

ちなみに厚み(高さ)は45mm。天井の熱感知器とほぼ同じ厚みで、日立の「ラク見え」の厚みが150mmほどあるのに比べると圧倒的な薄さです。

真昼の天窓みたいに超明るい!

オーデリック・フラットプレートOL291412BC

しかもこれがめちゃぐちゃ明るいんです!写真だとシーリングライトが明るすぎて部屋が真っ暗に見えてしまいますが、夜でもまるで真昼の天窓みたいに見えるんですよ。

電球色にすると満月のよう

オーデリック・フラットプレートOL291412BC

フラットプレートOL291412BCは調光調色可能で、しかも面発光。電球色にするとまるで満月のように見えます。いやー、これは癒されますねー。

 

他のシーリングライトと照度を比較

メーカー商品名商品番号畳用直下(lx)2700mm地点(lx)
オーデリックフラットプレートOL291412BC10760200
日立まなびのあかりLEC-AH602PM6590185
日立ラク見えLEC-AHS610P6590160
NECホタルック9LK212SG8~1015545

さて、ようやく設置を終えたところで、ほかのシーリングライトと比較してみたいと思います。

上表で直下と表示している数字は、シーリングライト直下の高さ700mmのところ、つまりデスクやダイニングテーブルと同じくらいの高さの照度です。また、2700mm地点というのは光源から6畳間の角までの距離に相当する長さで、こちらも高さ700mmで測定しています。いずれも精度が高いとは言えない簡易な照度計での数値ですので、参考程度にご覧ください。

上表の比較から分かることは、6畳用の日立「まなびのあかり」が2700mm地点で10畳用のオーデリック「フラットプレート」とほとんど変わらない数値を叩き出しているということです。つまり、まなびのあかりはムラなく部屋の隅々まで明るく照らすことができるスゴイやつだということが改めて証明されたと言えます。

一方で、まなびのあかりとフラットプレートの比較を見る限り、たとえば6畳間に10畳用のシーリングライトを設置すれば、部屋の隅まで十分な光を届けることが可能だと言うこともできるでしょう。オシャレなシーリングライトを設置したいけど照度不足が心配という場合は、実際の部屋の広さよりも大きい畳数の商品を選ぶと良いと思います。

ただし、畳数の大きなシーリングライトは理屈上、電気代が多く掛かります。また、それよりも、一般的にシーリングライトは畳数が上がるごとに商品価格が跳ね上がるので、その負担感のほうが大きいと思います。

それにしても蛍光灯シーリングライトがここまで暗かったとは…。学習机を置いている部屋でこんなショボいものを使っていたことに、我ながらあきれてしまいました(苦笑)

 

オーデリック・簡単リモコンRC919

オーデリック・簡単リモコンRC919

最後にリモコンについて触れておきたいと思います。調光調色可能であるにもかかわらず、フラットプレートにはリモコンが付属していません。そこで今回は5種類のリモコンが用意されている中から「簡単リモコンRC919」をチョイスしました。

これはシビれるくらいカッコイイ。日立なんかとは比べ物になりません(笑)マグネットでホルダーに取付けできるようになっています。

ちなみに本来はホルダーを木ネジで壁に固定するようになっていますが、我が家は賃貸住宅なので、いつものようにマステと両面テープで固定しました。

 

スマホアプリは使い物にならず

オーデリック・リモコンアプリ

実はフラットプレートのリモコンは一般的なシーリングライトのそれとは仕様が根本的に異なります。一般的には赤外線を利用しますが、フラットプレートはBluetooth(ブルートゥース)なのです。

そのため、Bluetooth対応のスマホに専用アプリをインストールすれば調光調色が可能だということなのですが、私が試してみたところ、まったく使い物になりませんでした。iPhoneでは一旦Bluetooth接続に成功してもすぐに切断されてしまい、androidでは接続には成功するもON/OFFの操作しかできませんでした。

個人的にはどうもBluetoothは当たり外れがあるように思います。期待していたら今回のようにダメだったり、どうせダメだろうと思っていたら意外と安定していたり。Bluetoothは広く普及しているものの、不確実性の高い技術だと思います。

 

というわけで、専用アプリは残念でしたが、今回購入したオーデリックのフラットプレートには非常に満足しています。デザインは素晴らしいし、明るすぎるくらい明るいのに眩しくありません。夜でも昼間のように明るくて、シーリングライトを買い替えたというよりもリフォームで天窓を設置したかのように錯覚するほどです。

価格は10畳用のシーリングライトとしては安くない部類ですが、これだけデザイン性が高くて性能も良いわけですからコスパは非常に良いと思います。さすがオーデリック。私の目に狂いはなかった(笑)

一緒に購入したリモコンのデザインも素敵です。シーリングライトそのもののデザインは差別化が難しいと思いますが、日本の家電メーカーはどうしてもっとリモコンのデザインや使い勝手を改善する努力をしないのでしょう?

それはさておき、フラットプレートに対してまったく不満がないわけではありません。明るすぎて虫が寄ってきやすいのです(苦笑)もっとも、これは虫が中に侵入できない構造だから、目に見えて気になるだけかもしれませんが。

ともあれ、オーデリックのフラットプレートはかなりオススメできると思います。6畳用から12畳用まで、ホワイトだけでなくブラックやナチュラル、ウォールナットもあるので、リビングダイニングに設置するには最適ではないでしょうか。

 

2020/11/06追記:

とても気に入ったので、私のオフィスに8畳用の「OL291362BC」を取り付けました。取付金具がちょっと違います。

オーデリックの8畳用シーリングライト3機種を買って照度を比較してみた
オーデリックのLEDシーリングライトを3機種購入して比較してみました。「フラットプレートOL291362BC」はシンプルなデザインかつ面発光で天窓のよう。「SH8244LDR」は割りとベーシックなデザインでもっとも明るいです。「SH8205LDR」は木製リングで装飾されていておしゃれですが、もっとも明るさが控えめです。

関連記事

日立のLEDシーリングライト「ラク見え」を「まなびのあかり」と比較
日立グローバルライフソリューションズの「ラク見え搭載モデル(LEC-AHS610P)」と「まなびのあかり(LEC-AH602PM)」を比較してみました。直下や部屋の隅はまなびのあかりのほうが明るいです。一方でラク見えのほうがデザイン的には良いのでリビングダイニング向きだと思います。
日立「まなびのあかり」買ってみた→とても明るいが高演色は実感できず
日立グローバルライフソリューションズのLEDシーリングライト「まなびのあかり」(LEC-AH602PM)を買ってみました。NECの蛍光灯とオーデリックのLEDと比較したところ、高い演色性は実感できませんでしたが、隅々まで非常に明るいのは良いと思います。
我が家もようやくLED化!オーデリックの調光&調色和風シーリングライトを取り付け
オーデリックの調光&調色和風LEDシーリングライト「OL291020」を購入しました。縁の白木がキレイで薄くてコンパクト。とても明るい上に、シーンに合わせて色温度を掛けられるので雰囲気もグッドです。リモコンのデザインも素敵。
マステ+両面テープで!賃貸の壁に電源タップやリモコンを取り付ける方法
賃貸住宅の壁紙に電源タップやリモコンホルダーを取り付ける方法。まずマスキングテープを貼り、そのうえに超強力両面テープを貼ればOKです。壁紙を損傷するリスクはゼロではありませんが、見た目にはほとんど影響ないと思います。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など

  1. 上田 より:

    この記事を読んでオーデリックのシーリングライトを購入しようと思いました。
    最近の機種ですと、SH8322LDR があるようですが、何処を基準にしていいのか分からず…
    子供の目が悪くなり、部屋の明るさにも問題があると思ったのでこちらの記事を読んで記載の商品を購入しようと思いました。

    記載の商品と、SH8322LDR が明るさに変わりがないのであれば、リモコン付きのこちらを購入したいと思ってます。

    何処をみて判断していいのか分からず、教えて頂けると大変ありがたいです。

    • 収納マン より:

      上田さま

      はじめまして^^

      オーデリックの照明器具はオススメですよー。
      我が家は日立の2台と小型のものを除いてすべてオーデリックで揃えています。

      特にフラットプレートはお気に入りで、ダイニングと私のオフィスでも使っています。
      来客の評判もすこぶる良いです^^

      ただ、オーデリックはあまり一般消費者向けではなくて建築家やインテリアコーディネーター向けな感じで、特徴やスペックが分かりにくいと感じます。
      インテリアコーディネーターでもスペックのことは分かっていない人が多いんじゃないかと思います。

      我が家で使っているOL291412BC(10畳用)と上田さんが検討されているSH8322LDR(12畳用)の最大の違いは、前者が簡易取付A、後者がクイックAという取付方法という点です。
      簡易取付Aについては当記事に記載している通り、耳付きの薄型ローゼットであれば賃貸でも問題なく、それ以外は天井に穴を開けないといけない場合があります。
      クイックAはごく一般的なローゼットへの取り付けでOKですが、代わりに天井と照明器具の間に少し隙間が生じます。

      それぞれの状態の違いは、以下のリンクから写真を比較していただくと分かりやすいと思います。
      【OL291412BC】
      【SH8322LDR】

      そのほかにもいくつか些細な違いがあります。
      ●SH8322LDRのほうが直径が100mm小さい
      ●SH8322LDRのほうが高さが10mm高い
      ●SH8322LDRのほうが約15%明るく、約7%消費電力が多い(12畳まで対応のため)
      ●SH8322LDRは簡易リモコンRC917付き

      ちなみに、SH8322LDRの10畳用モデルというのは存在しないようです。
      カタログにはクイックAのフラットプレートは8畳用までしか掲載されておらず、12畳用も掲載されていないので、ひょっとしたらSH8322LDRは量販店モデルなのかもしれません。

      12畳用で取り付けのしやすさを重視するならSH8322LDR、それよりも天井とのすき間がないほうが良いということでしたら簡易取付AのOL291411BC(12畳用、リモコン別)を選ぶと良いでしょう^^

  2. ひかり より:

    天井の照明器具についてお聞きしたいのですが、ここから質問させていただいてよいでしょうか。
    シーリングライトでしたら「まなびのあかり」が良さそうと思っているのですが(こちらのサイトを見て思いました)私の家では男手がなく、背の低い私が照明設置係です。
    家に脚立はありますが、シーリングライトよりもペンダントライトの方が取り付けが容易なのですが、ペンダントライトで良さそうな商品はないものでしょうか?
    今はシーリングライトが主流のようですから、ペンダントライトで良さそうなものなどあるわけがないでしょうか?

    • 収納マン より:

      ひかりさま

      はじめまして^^

      私はあまりペンダントライトに詳しくないのですが、理屈から言うと学習用としてはシーリングライトのほうが優れていると思います。
      シーリングライトのほうが高い位置から万遍なく照らすのに適しているからです。

      ペンダントライトでもシェードが大きければ同様の効果を得ることができるかもしれません。
      しかしながら、そういう形状のものは皆無ですし、あったとしても重くて取り付けは大変になってしまうでしょう。

      こちらで紹介しましたオーデリックのフラットプレートは取り付けがちょっと厄介ですが、まなびのあかりなど一般的な仕様のシーリングライトなら取り付けは簡単です。
      仕様が一様でないことも珍しくないペンダントライトよりもむしろ扱いやすいと思います。

      それでもペンダントライトのほうが良いということでしたら、たとえば6畳間でも8畳用を選ぶなどしていただくと、デスクやテーブルを万遍なく照らしやすいと思います。
      あとは、調色機能は必須です。
      この2点さえ気を付けてもらえば問題ないでしょう。

      • ひかり より:

        教えてくださってありがとうございます。

        ふーむ。やはりシーリングライトにすべきなのですね。

        取り付けが不安ですが、まなびのあかりにチャレンジしてみようかなと思いました。

        頑張ってみます。