初めての方はコチラからどうぞ

学習机の購入を検討するにあたって色々と分からないことがあると思います。いつ買えば良いのか、どんなものを買えば良いのか、そもそも必要なのかと、悩みは尽きません。
そんな方はまず、以下のページからご覧ください。
各ページのコメント欄でのご質問もお待ちしております。お気軽にどうぞ!

学習机のトレンドが3分で分かる!まとめ
『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

【保存版】くろがね工作所の学習机の特徴(最終更新2018年12月)

くろがね工作所とは

くろがね工作所2019学習家具SOHO家具カタログ

くろがね工作所は大阪市西区に本社を置くオフィス家具メーカーです。

年商が2,000億円を超えるオカムラや、同じく1,000億円を超えるイトーキに比べると規模は小さく、直近の年商は約102億円に過ぎません。しかし、オカムラやイトーキの場合は学習机の占める割合が極々僅かですが、くろがね工作所は学習机の売上が推定で3割程度も占めます。

くろがね工作所はオカムラに比べると年商が1/20にも満たないわけですが、学習家具で言えば3倍程度のシェアを握る一大ブランドと言えるでしょう。

ちなみに、「くろがねは昔、3輪トラックを作っていた」と言われることがありますけど、それは「東急くろがね工業」(現在は日産自動車傘下で日産工機)のことで、くろがね工作所とはまったく関係ありません(オカムラは昔、ミカサという自動車を作っていましたが)。また、ホームセンターの「DCMくろがねや」とも関係はありません。



くろがね工作所の学習机ラインナップ

  • コンポーネントデスク(カラーデスク)
  • セレクトタイプデスク(天然木デスク)
  • その他(ハローキティデスク)

かなり大雑把な分類ですが、従来からの流れを踏まえると、くろがね工作所の学習机は上の3タイプに大別できると思います。

コンポーネントデスク(カラーデスク)

くろがね工作所の学習机の主力は「コンポーネントデスク」と呼ぶ組み替え式デスクです。伝統的に女子向け(キュートガール)、男子向け(クールボーイ)、無難な木目調(スタンダード)の3つのデザインを用意しており、2018年度はさらに男女それぞれに木目調の「クラシック」モデルを用意しています。木目調のものも含め、いずれも天然木を使わない、いわゆるカラーデスクです。

くろがね工作所のコンポーネントデスクは基本的に他社の組み替え式デスクと同様ですが、2017年度からは書棚下台の一部の向きを変えることができる「かわるんラック」を備えていることが大きな特徴と言えます。

セレクトタイプデスク(天然木デスク)

リビングダイニング学習の普及などニーズの多様化を受けて、くろがね工作所では従来型の学習机以外にも多数のラインナップを取り揃えています。「シェルデ」(上写真)、「ラティック」、「リニア・プレミアム」、「リニア」、「カフェナ」などのセレクトタイプは、組み合わせを自由に選ぶことができます。

2018年度発売の「カフェナ」はコンポーネントデスク、ベーシックデスク、セレクトタイプの3つのバリエーションを持っており、2つのラインナップの中間的存在と言えます。

その他(ハローキティデスク)

くろがね工作所が他のメーカーと違うところのひとつに、オイル塗装のデスクや高級なデスクなど、ちょっと変わったラインナップを持っていることが挙げられます。

ハローキティのデスクはほとんど毎年ラインナップしており、2018年度からはアカシア無垢を使ったナチュラルテイストのハローキティデスクを用意しています。

 

くろがね工作所の学習机の特徴

もともと私はくろがね工作所の学習机を割りと高く評価していました。手頃な価格帯で、LEDデスクライトも良くできていますし、子供が喜びそうなデザインを採用しているからです。

しかし、最近は私の中で評価を落としています。まず、販売員の評判が悪いです。クレームが多い、クレームが起きても対応が悪いという話を聞きます。店頭の展示品を見ても表面材が剥がれているなど、品質管理が行き届いていないのではないかという印象を受けます。

また、私自身、何度かくろがね工作所に問い合わせをしましたが、総じて印象が良くありません。私の場合はもちろんクレームではなく取材ですけど、回答がなかったり遅かったりするのは「社風」なのではないかと思います。

ほかの学習机メーカーの場合、販売店からの注文に応じてメーカーから都度出荷されるのが一般的ですが、くろがね工作所はシーズン前に販売店から一括注文を受けて販売するスタイルが多いようです。そういう事情から、クレーム対応は販売店任せになり、結果的に販売員が割りを食うことになるのではないでしょうか。

 

メーカーは作ることに徹し、販売店は顧客対応に徹するということは、ある意味で理想的なことです。その点で言えば、くろがね工作所は何ら間違っていません。

また、くろがね工作所に限らず、オリジナルモデルなどが販売店に一括で納品される場合は、クレーム対応が販売店任せになりがちです。その場合、消費者としては安く買える一方で、販売店がキチンと対応してくれないと困ったことになってしまいます。

つまるところ、決してくろがね工作所だけが悪いわけではありません。しかしながら、販売員すら敬遠するくろがね工作所の学習机は、私としてもオススメし難いというのが率直なところです。

 

【関連】「くろがね工作所の学習机」最新記事一覧

コメント