『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

【2021最新】くろがね工作所の学習机と言えばクール&キュートなカラーデスク

学習机メーカーのひとつとして「くろがね」のブランドをご存知という方は多いと思います。しかし、具体的にどんな机を扱っているかというとピンと来ない人が多いのではないでしょうか。一昔前ならカラーデスク中心というイメージが強かったですが、近年はカラーデスクの人気が少なくなってきて、くろがね工作所も天然木を使ったデスクを増やしているからです。

また、東京インテリア家具にはくろがね工作所の学習机がたくさん並んでいる一方で、大きな家具販売店でもくろがね工作所の学習机は扱っていないということがあります。ニトリでもくろがね工作所の学習机は扱われていましたが、2021年度からは扱っていません。

そんなわけで、消費者にとって少し実態が掴みにくいくろがね工作所の学習机の特徴をまとめてみました。

 

くろがね工作所とは

くろがね工作所2019学習家具SOHO家具カタログ

くろがね工作所は大阪市西区に本社を置くオフィス家具メーカーです。年商が2,000億円を超えるオカムラや、同じく1,000億円を超えるイトーキに比べると規模は小さく、直近の年商は約82億円に過ぎません。しかし、オカムラやイトーキの場合は学習机の占める割合が極々僅かですが、くろがね工作所は学習机の売上が推定で3割程度も占めます。

くろがね工作所はオカムラに比べると年商が1/20にも満たないものの、学習家具に限って言えば3倍ほどのシェアを握る一大ブランドと言えます。よって、コクヨやイトーキのように学習机市場から撤退するという選択肢はあり得ません。

ちなみに、「くろがねは昔、3輪トラックを作っていた」と言われることがありますけど、それは「東急くろがね工業」(現在は日産自動車傘下で日産工機)のことで、くろがね工作所とはまったく関係ありません(オカムラは昔、ミカサという自動車を作っていましたが)。また、ホームセンターの「DCMくろがねや」とも関係はありません。

くろがね工作所の学習机ラインナップ

男子に人気!クールボーイ

くろがね工作所はコンポーネントデスクと呼ぶ組み替え式デスクが主力です。他社でも組み替え式デスクは扱われていますが、くろがね工作所は本棚下台の一部の向きを変えられる「かわるんラック」が大きな特徴となっています。

くろがね工作所では何だかんだ言っても天然木デスクよりカラーデスクの売上比率が高く、男子には圧倒的に「クールボーイ」が人気です。例年、シーズン終了前に完売してしまいます。

2021年度モデルはワゴン天板の昇降機能が復活。代わりにカラーは1色のみとなってしまいました。

女子に人気!キュートガール

女子にはホワイト姫系の「キュートガール」が人気です。上棚ハイタイプのほか、上棚ロータイプがあります。2021年度からはこちらもパープルの1色のみとなってしまいました。

くろがね工作所のドル箱だったクールボーイとキュートガールまでがこの有様ですから、非常に厳しい状況なのだと思います。

くろがねの本気「ザ・デスク」

くろがね工作所が威信をかけて2020年度に全力投入した「ザ・デスク」は、翌年度に早くも大幅なモデルチェンジが施されてまったく別物に化けました。スリムワゴンとタブレットステーションは継続したものの、組み替え式デスクからベーシックデスクになりました。

ともあれ、個人的にはマグネットで時間割表などを貼ることができるスチール製のバックパネルは魅力的だと思います。

 

LEDデスクライトが魅力的

くろがね工作所はLEDデスクライトも魅力です。調光&調色で全5段階の調節が可能なデスクライトというのは他のメーカーにはない機能です。また、インジケーターがカラフルでお子さんが喜ばれるに違いありません(いずれも上写真のTS-T16LEDとアーム式のTS-A16LEDのみの機能)。

ただし、カタログ掲載モデルでこちらのデスクライトが搭載されるデスクはもうありません。

 

くろがね工作所の学習机の品質

もともと私はくろがね工作所の学習机を割りと高く評価していました。手頃な価格帯で、LEDデスクライトも良くできていますし、子供が喜びそうなデザインを採用しているからです。

しかし、ここ数年は私の中で評価を落としています。まず、販売員の評判が良くありません。クレームが多い、クレームが起きても対応が悪いという話を聞きます。そのため、くろがねの学習机は扱わない方針の家具店がいくつかあります。また、店頭の展示品を見ても表面材が剥がれているなど、品質管理が行き届いていないのではないかという印象を受けることもしばしばです。

また、私自身、何度かくろがね工作所に問い合わせをしましたが、総じて印象が良くありません。私の場合はもちろんクレームではなく取材ですけど、回答がなかったり遅かったりするのは「社風」なのではないかと思います。

ほかの学習机メーカーの場合、販売店からの注文に応じてメーカーから都度出荷されるのが一般的ですが、くろがね工作所は一部の大型店ではシーズン前に販売店から一括注文を受けて販売するスタイルのようです。そういう事情から、クレーム対応は販売店任せになり、結果的に販売員が割りを食うことになるのではないでしょうか。

 

メーカーは作ることに徹し、販売店は顧客対応に徹するということは、ある意味で理想的なことです。その点で言えば、くろがね工作所は何ら間違っていません。

また、くろがね工作所に限らず、オリジナルモデルなどが販売店に一括で納品される場合は、クレーム対応が販売店任せになりがちです。その場合、消費者としては安く買える一方で、販売店がキチンと対応してくれないと困ったことになってしまいます。

つまるところ、決してくろがね工作所だけが悪いわけではありません。しかしながら、販売員すら敬遠するくろがね工作所の学習机は、私としてもオススメし難いというのが率直なところです。

 

「くろがね工作所の学習机」最新記事一覧

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など