学習机評論家のオススメ

学習机評論家・収納マンが、学習机の選び方やオススメのデスクなどを紹介します。

*

リビング学習はコレ一択!無印良品の「手元をてらすリビングライトMJ-TLL1」

   

前略、無印良品の持ち運びできる充電式デスクライトを借り受けることになりました。

どうしてそうなったかという経緯は話すと長くなりますから割愛しますが、ぶっちゃけ、私はやめておいたほうが良いと言ったんですよ。めちゃぐちゃ率直に書いてしまうから(苦笑)

しかし、「それでも」ということでしたので、「どうなっても知りませんよー」と言いながら引き受けることにしたのです。もちろん、ステマではございません。収納マンは相も変わらずクリーンなのでございます。

ところが実際に使ってみると、これが意外と良くて驚きました。今回はそのあたりを中心にレポートしたいと思います。

 

無印良品・手元をてらすリビングライト

無印良品・手元をてらすリビングライトMJ-TLL1

こちらが今回お借りした無印良品の「手元をてらすリビングライトMJ-TLL1」です。このときはまだ、「さすが無印良品だけあってデザインだけは素晴らしい」と思っていました(笑)

本体の横にあるのは充電スタンドとACアダプターです。充電スタンドはホコリが溜まりにくい形状なのが良いですね。

無印良品「手元をてらすリビングライトMJ-TLL1」充電時の状態

シェードを折り畳んで充電しているときはこういう状態になります。デスクライトとは思えない美しさというか、良い意味で存在感を感じさせないデザインです。

なお充電中は、正面の一番下のところに赤いLEDが点灯します。

操作は電源ボタンのみ

操作するべきところは電源ボタンのみというシンプルさ。しかも、「押す」のではなく「タッチ」するだけです。これをタッチする度に「電源ON(Hi)→Mid→Low→電源OFF」となります。電源ボタンが調光も兼ねているということですね。

そんなわけで最初、「消すの面倒くさー」と思ったんですけど、シェードを閉じることで電源OFFにすることもできます。

なお、Lowにした状態でシェードを閉じた場合、再び電源ONにするとHiから再スタートとなります。これには大人からは不満の声が上がるかもしれませんが、リビング学習用に子供が使うことを前提とすれば、子供が照度を落としたことに気付かないまま使ってしまう可能性が少なくて良いと思います。

LEDは8チップ

光源はもちろんLEDで、昼白色0.5W×8チップ。昼白色ということは、集中力が高まり、文字がくっきり見える色温度ということですね。

なお、直下照度は、Hi=1200ルクス、Mid=500ルクス、Low=100ルクス(シェードを机上から30cmの高さにした場合)となっております。

 

製造元はツインバード工業

MJ-TLL1の製造元はツインバード

「手元をてらすリビングライト」を販売しているのは無印良品(良品計画)ですが、製造元はツインバード工業です。無印良品が販売しているデスクライトはツインバード製が多いですね。

正直、私はあまりツインバードのデスクライトは高く評価していないのですよ。以前にも紹介しましたが、スタンド式ではオーム電機やヤザワ、エルパのほうが良いものが多いと思っています。

「手元をてらすリビングライト」はツインバードのプロパー品のLE-H318Wがベースになっていると思われます。以下、それとの比較です。

LE-H318Wとの比較

MJ-TLL1 LE-H318W
直下照度 1200/500/100ルクス 1000/500/10ルクス
消費電力 1.0~8.2W 1.4~5.5W
連続点灯時間※1 Hi=1/Mid=3/Low=6時間 強=1.5/中=3/弱=10時間
充電時間 約2時間 約10時間
充電池 ニッケル水素電池4.8V900mAh ニカド電池4.8V800mAh
本体寸法 約75×105×270mm 約75×90×290mm
本体重量 約800g 約420g

※すべてカタログ値、※1コードレス使用時

MJ-TLL1とLE-H318Wを比較した場合、MJ-TLL1のほうがちょっと明るくて価格が高いという認識だったんですけど、上表を見ても分かる通り、一番の違いは充電池にあると言えそうです。

一般論として、ニッカド電池はニッケル水素電池に比べて、勝手に放電してロスが大きく、継ぎ足し充電によって寿命が縮まりやすくなります。また、カドミウムを含むため環境によろしくありません。

上表を見た場合、MJ-TLL1のほうが充電時間が1/5程度で済むことが大きな違いと言えます。子供が使おうと思ったときにすぐに使え、継ぎ足し充電による電池の劣化を心配しなくて済むと言えそうです。おまけに環境を意識した無印良品らしい商品というところでしょうか。

なお、重さが倍ほどになっている理由はよく分かりません(苦笑)

 

MJ-TLL1を実際に使ってみた感想

MJ-TLL1の照度を各部屋で測定

最近はほとんど学習机で勉強するようになった小学3年生の息子も、以前はそのときの気分で家中のあちこちで勉強していました。そこで、「手元をてらすリビングライト」と照度計とB5ノートを携えて各部屋で照度を計ってみることにしました。

最初のうちは何となく上写真のようにノートの右奥や左奥にリビングライトを置いていたのですが、リビングライト直下から離れれば離れるほど照度が落ちるので、この置き方は適切ではないと気付きました。

MJ-TLL1は中央奥に置いて使うのが適切

大型のデスクライトに比べるとパワー不足なスタンドライトは中央奥に置くのが適切です。上写真ではちょっと奥に置きすぎの感がありますが、このように置けばスタンドライトでもパワー不足と感じることはないでしょう。

光源が直接目に飛び込んでこない

なぜ私が最初に何となくスタンドライトを右奥や左奥に置いたかと言うと、中央奥に置くと子供が顔を上げたときに、スタンドライトの光源が目に飛び込んできて眩しいと感じると思い込んでいたからです。

しかし、「手元をてらすリビングライト」はシェードを上に上げすぎなければ、光源が直接目に入ることはない設計になっています。さらに、支柱部分はマットホワイトなので、反射光もやわらかい光で良い感じです。

MJ-TLL1をシーリングライトと併用すれば直下2000ルクス以上

「手元をてらすリビングライト」はスペック上は直下で1200ルクスとなっていますが、私が計測したところでは夜間に間接照明を消した状態でも約1900ルクスありました。シーリングライトのほぼ真下でリビングライト直下では2000~2400ルクス程度ありました。B5ノートの左端手前、リビングライト直下からは約30cmの距離となりますが、その位置では700ルクス前後となりました。なお、リビングライト直下から40cm以上離れると、その光はほとんど届かなくなります。

数字だけ言われてもピンと来ない方が多いと思いますので参考までに申しますと、リビングライトを使わずシーリングライトだけだと200~400ルクスくらいです。曇天でも窓際では数千ルクスに及びます。また、我が家で使っているコイズミファニテックのECL-357の場合、机上60cm直下で約1600ルクス、110cm幅のデスクの端で約800ルクスありました。

 

正直言って、「手元をてらすリビングライト」直下の2000ルクスというのは明るすぎる数字です。しかしながら、光源が直接目に入らないためか、数字から感じるほど眩しくはありませんでした。

また、「手元をてらすリビングライト」は本格的な学習には不相応なスペックですが、リビングやダイニングで子供が宿題をする程度なら十分だと思いました。何より、子供でも持ち運びが容易で、充電時間が短くて済むのが良いです。

結果的に、「手元をてらすリビングライト」は想像していたよりもずっと良かったというのが率直な感想です。充電式なら緊急時の照明としても使えますし、リビング学習用のデスクライトを検討されている方はコレ一択でも良いのではないでしょうか。

しかし、やっぱり実際に使ってみないと分からないとは言え、無印良品にしてやられた感じがして、なんだかちょっと悔しいですね(苦笑)

 - デスクライト, 2017学習机 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

地味なパッケージの興和EK213
興和「ルピナスmini LEDクリップライトEK213-RD2」を衝動買いしてしまいました

前回のLEDデスクライトの比較でチラッと登場しました興和の「ルピナスmini L …

ニトリ・くみあわせですく(ALTUS-H WW/LV)
くみあわせですくJDNのリベンジ?ニトリの2017年度新作「くみあわせですくALTUS」

先日ニトリでバスタオルを購入しました。バスタオルって普通は1,000円以上するの …

イトーキ・UTTO FOAK(ウットフォーク)
安心してください!イトーキのプレスリリースから2017学習机の情報をお届けしますよ

お待たせしました!諸般の事情で遅れましたが、イトーキの2017年度新作学習机の情 …

コイズミファニテック・オルレア・ベーシックデスク
【価格帯別オススメ学習机】2017年度は平均購入価格帯の7万円台がアツい!

4万円台、5万円台、6万円台と来まして、いよいよ平均購入価格帯の7万円台の学習机 …

ケユカ・夏得キャンペーン
約25%引き!ケユカが学習机3点で「チェア代無料」となる夏得キャンペーン実施中

出典:KEYUCA 先日、コメント欄でtoriさんに教えていただいたんですが、K …

大雪木工・Le Terre(ラ・テール)
横揺れするから大切に使って欲しい。旭川「大雪木工」(にんぐる)の学習机

先日、楽天市場で学習机をいろいろ見ていると、ウレタン塗装の国産学習机で素敵な感じ …

ベネッセ&カリモク家具・学びデスク 広さ調節タイプ
ラインナップはそのままに価格は2割アップ!ベネッセ&カリモク家具2017学びデスク

2014年に顧客情報漏洩事件を起こして以来、絶不調のベネッセ。先日発表された20 …

コイズミファニテック LEDスタンドライト ナチュラル PCL-215NA
クランプ式が無理な場合の、LEDスタンドライトのオススメ

学習用に最適なLEDデスクライトは シェードの幅が広い 多灯式LED 調色機能つ …

コイズミファニテック・ショールーム大阪
「学習机評論家とコイズミの学習机開発者を囲んでオフ会@大阪」開催のお知らせ

先日、いつも取材にご協力くださっているコイズミファニテックのYさんから、イベント …

オカムラ・ピエルナ
それでもやっぱりNo.1はピエルナ!?オカムラ2016学習机人気ランキング・ベスト5

学習机メーカーの多くが人気モデルのランキングを公表していますが、意外とオカムラ( …