学習机評論家のオススメ

学習机評論家・収納マンが、学習机の選び方やオススメのデスクなどを紹介します。

*

学習用LEDデスクライトは演色性が高いものが良い?そのメリットとデメリット

      2016/12/11

前回は日立のLEDシーリングライト「まなびのあかり」を紹介しました。演色性(色の再現性)が高く、とても明るい、学習に適したLEDシーリングライトです。

【前回】All About 家電アワード2016・LEDシーリングライト部門受賞!日立「まなびのあかり」

今回は、「そもそも演色性ってナニ?」、「それって本当に必要なの?」、「デメリットもあるんじゃないの?」ということについて、簡単に説明したいと思います。

 

演色性とは

一般的に「演色性」と言う場合、正確には「平均演色評価数」のことを指します。R1~R8までの色(上表参照)の評価数の平均値のことです。ちなみにR9~R15までの色は特殊演色評価数と言われ、平均演色評価数には含みません。しかしながら特殊演色評価数のうち、特にR9(赤色)とR15(日本人の肌色)に着目されることも多々あります(参照:コニカミノルタ)。

では一般的に言われる演色性とは何かというと、「色の見えの忠実性」のことと言えます。ひるがえって、「演色性が高い」というのは「色の見えの忠実性が高い」、つまり「色を忠実に見せることができている」と言えます。極端な話、赤いリンゴに青い光を当てたらリンゴは赤く見えませんが、演色性が高い光で照らせばリンゴ本来の色が見えるというわけです。

なお、一般的にLED照明は演色性が低いと言われます(特に蛍光灯との比較において)。上表は従来LED光源と高演色の山田照明Z-80PROの演色性を比較したものですが、ここでも従来LED光源はRa70強程度となっています(対してZ-80PROの演色性はRa97)。ちなみに技術的にはLED照明でもRa99を実現できているそうです。

JIS(日本工業規格)では、”Raが80未満の光源は、仕事したり、長い間滞在する室内では使用しないことが望ましい”とされています(引用:パナソニック)。演色性についてはRa80未満か以上かということがひとつの指標となると言えそうです。

 

高演色のデメリット

高演色であれば色を忠実に表現できるわけですから、子供の色彩感覚を正確に養うためには結構なことだと思います。ただこれが良いことばかりかと言うとそうでもありません。

演色性を高めると光束が少なくなる

蛍光灯でもLEDでも同様ですが、”演色性を高めるほど光束が低くなる特性があるため、消費電力に対して得られる光束値が小さくなるというデメリット”があります(引用:電気設備の知識と技術)。

LEDデスクライトは昨今、照度競争に陥っているという経緯があることを踏まえれば、光束値を小さくしてまで演色性を高めるという方法は、メーカーとして難しかったと思われます。また、演色性を高めることによって少なくなった光束を補うにはLEDの数を増やす必要があり、低価格でなければLEDデスクライトは売れないという状況ではメーカーとしても二の足を踏まざるを得なかったことでしょう。

一方で、山田照明のZ-80(Ra80)とZ-80PRO(Ra97)を比較すると、いずれも消費電力は11.0Wであるにもかかわらず、Z-80は直下照度が1,493ルクス、Z-80PROは同じく1,600ルクスとなっています。これは光束ではなく照度の比較で、照度分布図を比較するとZ-80のほうがムラの少ない明かりであることから、やはりZ-80PROは高演色であるがために光束が少ない可能性は感じるものの、実際のところ高演色とすることで光束にどの程度影響が出るのかはよく分かりません。

高演色LEDは高価格になってしまう

実際問題として消費者にとってもメーカーにとっても大きいのは、光束が少なくなることよりも照明器具の価格が高くなることではないかと思います。Z-80とZ-80PROの価格を比較しても然り。日立の「まなびのあかり」にしたって、絶対値としては決して高価とは言えませんが、あのショボいデザインにしては高価です。

高価格でも高演色のほうが売れるとなればメーカーも本腰を入れるかと思いますが、現状では高演色よりも低価格のほうに消費者の意識は向いていると思います。

色を忠実に見せることに対する議論の余地

なお、そもそもの話として、色を忠実に見せることが良いことかどうかという議論の余地があるようです。前述のパナソニックのページの説明でも、”例えば、人間の顔色は少し本来の色彩よりもややピンク系にずれている方が好まれますが、黄色もしくは緑色にずれた場合には非常に不快に見えます。”とあります。つまり、「色を忠実に見せること」と「(実際よりも)キレイに見せること」はまったく別ということです。

そう考えると、東芝の「キレイ色」は誤解を招きかねない商品名ですね(笑)それはともかく、こういった論争は、アンプやスピーカーでも言われることですね。一昔前から、重低音を重視した機器が多くなっているじゃないですか。そういう機器でピアノの生演奏CDを聴いても、実際のピアノの音とは程遠くなってしまいます。また、男性でも女性でも「ありのままで~♪」顔も洗わずスッピンで外に出ることは必ずしも好ましくないですよね(笑)

もっとも、ダイニングテーブルの上の照明器具の話ならともかく、学習用としては高演色であることに越したことはないと個人的には思います。他方で、「学習机は高い」と言われる現状、LEDデスクライトにまでお金をつぎ込む余裕がないというのもまた現実です。難しいところですねー。

 

学習机メーカー各社の対応状況

学習用LEDデスクライトに高い演色性が必要かどうかは、残念ながら私が調べた限りでは分かりませんでした。演色性が高いと謳っているLEDデスクライトはいくつかありますけどね。でも、商品の広告文なんてあまり真に受けるのもどうかと思うじゃないですか。そこで、学習のことは学習机やデスクライトのメーカーが一番よく分かっているだろうということで、各社の対応状況を調べてみました。

メーカー Ra
コイズミファニテック 85
イトーキ 記載なし
カリモク家具 82~85
浜本工芸 記載なし
くろがね工作所 記載なし
オカムラ 80以上
山田照明 70~97
パナソニック 83~85※
ツインバード 70~90※
興和 80以上※

※一部商品

上表をご覧いただければ分かる通り、現状では各社の対応はマチマチという感じです。裏を返せば、それほど重要な指標とは考えられていないのだと思います。

また、片っ端から調べた限りでは、ベッドサイドに置くようなものを除いてデスクライトとして販売されているものは概ねRa80以上となっているものと推測されます。それでも個人的には、演色性についての記載がないメーカーは記載して欲しいと思いますね。

 

今回はもともと、蛍光灯とLEDの比較に関して記事を書くつもりで調べ始めました。これらの比較を簡単に説明することはできるんですけど、説得力のある説明をしようとするとこれがなかなか難しくて。

というのは、蛍光灯とLEDを比較したデータが古いものばかりなんです。その中のひとつに演色性に関するデータがあったのですが、一昔前はLEDと言えば蛍光灯よりも演色性に劣るというのが通説だったものの、現在ではその限りではないのです(カネさえ出せばLEDでもRa99は可能なわけですからね)。

その延長線で、「そもそも演色性とは何ぞや?」という疑問を感じたところから今回の記事となりました。今回は私個人で調べたものをまとめたかたちですが、今後はメーカー各社にも協力を仰いで掘り下げていこうと思っております。

 - デスクライト, 2017学習机

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

くろがね工作所2017学習机カタログ
目指すはカリモク?くろがね工作所の2017学習机はシェルフで「かわるん」だ!

くろがね工作所の学習机は多くの家具店で扱われています。しかし、ほとんどがいわゆる …

カウンタースタイル
組み替え式デスクが人気の理由は奥行が広いこととL型カウンターにできること!?

わたくし収納マンは合体ロボットや変形ギミックを持ったオモチャが好きです。やっぱり …

MTG「ボディメイクシート・スタイル」
美尻・姿勢・腰痛に効果あり!?MTG「ボディメイクシート・スタイル」を1ヶ月使った感想

以前に、読者のぶんママさんから、MTGのスタイルキッズについてご質問をいただきま …

ニトリ・くみあわせですくデラックスYNF-EL
【価格帯別オススメ学習机】やっぱりおねだん以上?ニトリ独壇場の4万円台

さて、毎年恒例の「価格帯別オススメ学習机」のコーナーが今年度もやって参りましたー …

コイズミファニテック・ショールーム大阪
悲報!「コイズミファニチャープラザ」が2017年2月26日を以って閉館

※2015年9月撮影 学習机のまち・大阪から、貴重な財産が失われようとしています …

子供の身長・イメージ
小学校入学時はデスクの奥行が45cmで十分!?子供目線で考察してみた結果

以前に学習机の天板の大きさについて考察しました。 【関連】学習机の天板サイズはど …

2017年度学習用LEDデスクライト・ランキング
コイズミSCL-357が初登場第1位!2017年度学習用LEDデスクライト・ランキング

さーて、皆様お待ちかねの「2017年度学習用LEDデスクライト・ランキング」のコ …

飛騨産業・ソフィオSUGI
飛騨産業の2017学習机はキビシー!?2モデル減&仕様ダウン&値上げの3重苦

飛騨産業(キツツキマーク)の学習机は、早くも6月22日に「DESK COLLEC …

ベネッセ&カリモク家具・学びデスク 広さ調節タイプ
ラインナップはそのままに価格は2割アップ!ベネッセ&カリモク家具2017学びデスク

2014年に顧客情報漏洩事件を起こして以来、絶不調のベネッセ。先日発表された20 …

JIS規格AA形で規定されている照度
LEDデスクライトの明るさが「JIS規格AA形相当」ってどういう意味?

学習用LEDデスクライトのスペックを見ると、「JIS規格AA形相当」などと書かれ …