初めての方はコチラからどうぞ

学習机の購入を検討するにあたって色々と分からないことがあると思います。いつ買えば良いのか、どんなものを買えば良いのか、そもそも必要なのかと、悩みは尽きません。
そんな方はまず、以下のページからご覧ください。
各ページのコメント欄でのご質問もお待ちしております。お気軽にどうぞ!

学習机のトレンドが3分で分かる!まとめ
『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

これぞ温故知新!山田照明の「Zライトカタログ2018-2019」発刊

ちょっと久しぶりにデスクライトの話題です。

サンゲツグループの山田照明から「Zライトカタログ2018-2019」が発刊されました。まだ少なくともネットでは新商品の取扱いが開始されていないものの、販売開始を待っていたらご紹介するのを忘れてしまいそうなので、フライング気味に紹介してしまいたいと思います。

 

Zライトカタログ2018-2019

山田照明「Zライトカタログ2018-2019」

出典:PR TIMES(以下同)

最新のカタログには新商品が3つ掲載されています。表紙にも登場している丸型シェードの「Z-00N」、蛍光管の定番モデルをLED化した「Z-208LED」、高演色モデルの「Z-208PRO/Z-209PRO」です。

商品説明を見る限り、いずれも完全な新商品というわけではなく、従来からあった商品をモデルチェンジしたということのようです。



Z-00N

山田照明・Z-00N

昨年までのカタログに掲載されていた「Z-00LED」に代わって登場した「Z-00N」は、シェードやクランプ金具などの形状が変更となっています。1954年当時のZライトのデザインを旧モデルよりも忠実に再現する一方、上締クランプを採用し、ACアダプタ不要にするなど、機能的に改善しています。

一方で、Z-00LEDと比較して、直下照度は1,113ルクスから1,283ルクスになり、半径50cm円周上は178~206ルクスから160~180ルクスとなったことから、よりスポットライト的に変化しています。価格が税別16,800円から同14,800円に値下がりしているのも、そのあたりと関係しているのでしょうか。

JIS-Aクラス相当ですからあまり学習向きとは言えないものの、デザイン重視の方にはオススメできるかと思います。

 

Z-208PRO/Z-209PRO

山田照明・Z-208PRO/Z-209PRO

カタログ掲載順に紹介しますが、お次はRa97の高演色モデル「Z-208PRO/Z-209PRO」です。通常、演色評価数がRa80くらいのところ、最高レベルまで高めて色の再現性を高めたモデルです。Z-208PROは昼白色(5000K)、Z-209PROは昼光色(6500K)となっています。コイズミファニテック流に言うと、前者が読書用、後者が計算用といったところでしょうか。もっとも、コイズミファニテックよりも相当青白い光ですが。

後述する「Z-208LED」と同様に、シェード横のロータリースイッチで7段階の調色が可能です。また、ACアダプタ不要となっています。

同じくRa97で5000Kの「Z-80PRO2」よりも半径50cm円周上まで十分照らせるようになっており、かなりハイスペックと言えます。その分、価格も相当なものになりそうです(オープン価格)。

 

Z-208LED

「Z-208LED」 は2018年3月頃から既に販売開始されています。こちらは直下照度が3,242ルクスと鬼のように明るいです。学習用LEDデスクライトは直下1,000ルクス強であることを考えると、異常な明るさと言えるでしょう。

もっとも、Z-208LEDは工場で精密な組み立てや検査をする際に使うライトですから、これくらいの照度が必要というわけです。学習用に使うものではありませんのでご注意ください。

 

Zライトを選ぶメリット

  • 信頼性が高い
  • コスパに優れている
  • アームの精度が高い

最後に、山田照明のZライトを選ぶメリットなどを簡単に説明しましょう。強いて3点にまとめるなら、上記の通りだと思います。

山田照明のZライトは、工場などの現場で絶大な支持を得ています。それは耐久性や精度が高く、業務が停滞する恐れが少ないからです。

また、コストパフォーマンスが高くなければ、コストにうるさい工場などで使ってもらえません。余計な装飾などは省くことで、それが機能美に繋がっているという面もあります。

最後に、アームの精度が高いので、工場などでの精密作業の際に絶妙な角度で照らすことが可能です。家庭用ではなかなかこうはいきません。

 

一方で、子供が学習用として使う場合は、様々な角度から照らす必要はなく、むしろ広い面を万遍なく照らせるほうが良いと言えます。また、コスパは重要ですが、壊れて使えないことがあっても大きな問題はないでしょう。その点では、Zライトは学習向きとは言い難い部分があります。

しかしながら、多くの学習用LEDデスクライトがプラスチッキーであるのに対し、Zライトはスチール部品を多用しており質感が高く大変美しいです。また、クランプやデスクベースなどのパーツが充実しており、置き方を選ばないという点でも大変ありがたい存在です。

操作性は小学生にとっては若干ツライところがあるものの、中高生以上なら検討の余地は十分あるのではないでしょうか。

関連記事

Zライト兄弟が勢揃い!山田照明の東京ショールームに行ってきました
いくつかの木工系学習机メーカーで扱われているZ-10NというLEDデスクライト。それを作っているのは山田照明というメーカーです。 今回は学習用LEDデスクライトに関する知見を深めるとともに山田照明のZライトについて詳しく知るた...
山田照明2017-2018カタログ発行記念!ZライトのオススメBEST3を聞いてみた
このたび、Zライトでお馴染みの山田照明から「2017-2018総合カタログ」が発行されました。オールカラーで厚み約25mmもあるこのカタログは、Zライト以外の天井照明なども全て掲載されており、商品ラインナップの多さに目眩がするだけで...

コメント

  1. はま より:

    初めまして。

    小1と小3の娘がダイニングテーブルで学習しております。
    この秋に引っ越したのですが、新居のダイニングは白熱電球のペンダントライトがひとつあるだけです。
    特に上の子は右側にライトがあるので手元が暗いです。

    姉妹向かい合って座っているのですが
    できれば一台で二人をカバーできるデスクライトがあると良いなと思います。

    実は色々調べてZ−10とデスクベースを買いましたが
    ダイニングテーブルという固定してライトを置けない場所には選択ミスでした。

    Zライトのベースが思った以上に重すぎて、ライトも抜ける構造だったので
    ダイニングテーブルのすぐ近くのカウンターからとはいえ
    毎日、帰宅後と夕食後に2回運ぶのは大変になってきました。

    ダイニングテーブルで学習するのにおすすめのデスクライトを教えてください。
    デーブルの横に一口だけですがコンセントは付いています。
    よろしくお願いします。

    • 収納マン より:

      はまさま

      はじめまして^^

      なるほどー。確かにZ−10とデスクベースの組み合わせは持ち運ぶには適さないですね(+_+)
      調べてみると、デスクベースZ-B16との組み合わせで6.2kgということでした。

      それに代わるものと言われると、やはり鉄板はコイズミファニテックのSCL-711(PCL-711)でしょう。
      これなら1.9kgで済みます。

      直下照度はZ-10より低いですが、むしろ万遍なく明るくて目に負担が掛かりにくいと思います。
      また、Z-10に比べるとアームはキビキビ動きませんが、代わりにシェードが広いので広範囲を照らせることでしょう。
      スタンド式でこれほど広範囲を照らせるスタンド式ライトと言えば、あとはBenQの親子デスクライトくらいです。

      デザインや質感はさすがにZ-10に追いつかないですけどね^^;

      【参考記事】
      スタンド式なのにシェードが広い!コイズミファニテック「PCL-711/712」
      シェード幅が狭いのに広く照らせる!BenQ「WiT MindDuo親子デスクライト」

      • はま より:

        アドバイスをいただきありがとうございます!

        上の2つで検討してみます。
        Z−10はスタディコーナーの学習机の上に置こうかなと。

        長女は時々(下に邪魔されると)学習机で勉強しますが
        こちらも天井にダウンライトがあるだけなので。
        ダイニングテーブルよりは条件はマシかなと思っていますが
        夜は明るさが足りないですよね。

        • 収納マン より:

          はまさま

          そうですね、ダウンライトだけだと一般的には暗いでしょうね。
          おそらく、デスクまでは実質的にほとんど光は届かないと思います。
          ハロゲンなど強い明かりのものであれば光が届きますけど、そうすると今度は影が強くなります。

          でも、Z-10をそちらに移動してもらえばバッチリですね^^