たなとつくえ「フレム」オープンシェルフが背板ナシにこだわった理由

先日、IDC大塚家具まるひろ入間店のブログを見て驚きました!なんと、「たなとつくえ」のミニマデスクとフレムオープンシェルフが2つずつ展示されているのです。

たなとつくえ@IDC大塚家具まるひろ入間店出典:IDC大塚家具まるひろ入間店ブログ

まるひろ入間店は、たなとつくえの展示が開始されて以降の2017年10月7日にオープンした新しい店舗です。店舗面積は2,903平米となっており、IDC大塚家具では小型店には分類されないとは言え、他の大型店舗に比べれば決して広くない売場です。

そもそも、まるひろ入間店に並んでいるということすら私は把握していなかったんですけど、限られた売り場スペースに2台も並べてもらえるなんてありがたいですねー。

写真ではちょっと分かりにくいんですけど、ミニマデスクの最大の特徴と言える「上棚を足元棚として使える機能」が分かりやすいように展示してくれているのだと思います。フレムオープンシェルフもサイズ違いで展示してくれているのでしょうか。

たなとつくえ・フレムオープンシェルフ

たなとつくえ・FLEM(フレム)オープンシェルフ

わたくし学習机評論家と浜本工芸のコラボ学習家具「たなとつくえ」のフレムオープンシェルフには、幅45cmと幅60cmの2サイズがあります。これは以前にも紹介した通り、リビングダイニングの限られたスペースでも置きやすいことを念頭に置いているためです。

リビングダイニング学習が一般的になってきたことも影響していると思いますが、最近はランドセルラックがいろんなところから発売されています。学習机...

フレムは背が高いのに圧迫感が少ない

浜本工芸×学習机評論家「たなとつくえ」@IDC大塚家具

リビングダイニングに置くことを念頭に工夫したのは幅だけではありません。背を高くすることで、学用品などは子供の手が届きやすいところに収納し、上のほうには大人のモノを収納できるようにしました。限られたスペースで効率良く収納できるように配慮したわけです。

しかし、背が高いと圧迫感を感じる可能性もあります。そこで、背板と側板はできる限りなくしたいと私は考えました。

一般的に、書棚は背板と側板があるのが一般的です。しかし、背板や側板があるとどうしても圧迫感が強くなります。中身を収めれば同じと思われるかもしれませんが、やはり一部でも奥の壁が見えるのと見えないのとで、奥行感がまったく違ってくるのです。



幅60cmならユニットデスクにもできる

たなとつくえ@IDC大塚家具 仙台ショールーム出典:IDC大塚家具 仙台ショールーム ブログ

それだけではありません。フレム60オープンシェルフの幅はミニマデスクの奥行と同じ60cmなので、こんな風にユニットデスクのようにして置くこともできるのです。

しかも、サイズが合うだけでなく、側板も背板もないので(一部に補強桟あり)、どの方向からもモノを出し入れすることができちゃうんですね!

もっとも、ミニマデスクの脚はKラインなので、足元側からアプローチすると使いにくいですが、浜本工芸のNo.89デスクと組み合わせれば足元側からでも使いやすいのではないかと思います。

兄弟姉妹でデスクを2台並べ、間仕切り代わりにフレム60オープンシェルフを置いても良いでしょう。フレムは背板やクロスバーがないので、圧迫感が少ないばかりか、自在に使うことができるのです。

実のところフレムオープンシェルフを開発するにあたっては、やっぱり背板を付けたほうが良いんじゃないかとか、側面の補強桟は中段に設けたほうが良いのではないかという話もありました。

背板を付けたり補強桟を増やせば、簡単に強度を保つことができます。しかし、そうすると先に挙げたような自由な使い方ができなくなってしまいます。

そこで、浜本工芸にはあくまでも見た目と使い勝手を重視しつつ、必要最小限で最適な補強桟の位置を何度も検証してもらいました。その結果、国産&完成品だからこそ実現できたオープンシェルフが完成したというわけです。

そんなフレムオープンシェルフをまだご覧になっていないという方は、是非IDC大塚家具に足を運んでご覧ください♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク