初めての方はコチラからどうぞ

学習机の購入を検討するにあたって色々と分からないことがあると思います。いつ買えば良いのか、どんなものを買えば良いのか、そもそも必要なのかと、悩みは尽きません。
そんな方はまず、以下のページからご覧ください。
各ページのコメント欄でのご質問もお待ちしております。お気軽にどうぞ!

学習机のトレンドが3分で分かる!まとめ
『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

ニトリに白旗?ナフコ21スタイルの2016年度学習机は完全に落ち目な感じ

ナフコ2016学習机カタログ

ナフコ21スタイルの2016年度学習机カタログは11月8日にはホームページ上でデジタルカタログを確認しておりましたが、実店舗での導入が遅く、今頃のレポートとなってしまいました。

 

あまりにもパッとしない2016年度ナフコの学習机

学習机のお客さんは地元九州でもニトリに全部取られてしまってもはや白旗ムードなのでしょうか。2016年度のナフコの学習机はあまりにもパッとしません

もともと私は学習机に限らず、家具販売店としてナフコは相当に評価していたのです。ホームセンター&家具販売店の西の雄として魅力的な商品ラインナップを誇っていると感じていました。しかし近年はカジュアル路線に突き進んだこともあってか、正直、あまり魅力を感じません。

ナフコ21スタイルの2016年度の学習机カタログを見てもそれは明らかで、ページ数は2015年度の19ページから2016年度は15ページに約2割も減少。掲載モデル数も32モデルから23モデルへと3割近くも減っています(ベッド付きデスクのぞく)。



2016年度は目立った新商品もナシ

ナフコ21スタイル・イトーキJSD-15L-TB

2016年度はコイズミファニテックがスタディアップデスクを投入し、各社ともにリビング対応&天然木デスクのラインアップの拡充を図るなど、激動の年となる予感です。しかし、ナフコ21スタイルの学習机ラインナップは市場の流れに反して、2015年度を踏襲&縮小しただけの印象があります。

もちろん保守的な西日本市場を鑑みればスタディアップデスクは必要ないという判断もあったかと思いますが、せめて何かしら新商品の投入があっても良かったのではないかと思います。ナフコでないと買えないと感じるのは、近年ナフコの定番となっているイトーキのJSD-15L-TB(上写真)くらいです。もっとも、こちらに関しては昨年度との比較でお値段据え置きとなっており、その点では努力しているんだと思いますが。

 

主力は静和YBJの学習机ってイオンと同じ運命?

ナフコ21スタイルで扱っているノーブランドの学習机の多くは、静和YBJというメーカーの商品です。価格対応ということを考えれば決して静和YBJの学習机は悪くないと思うんですが、今どき静和YBJの学習机を主力にしているのはGMS最大手のイオンくらいです。

絶対に学習机を買ってはいけない店・イオン。ナフコ21スタイルのバイヤーがイオンと同じ思考回路にハマっているとしたら、これはかなりヤバイと言えるでしょう。実際、近年のナフコが扱う家具のラインアップを見ると、他店と競合せずに十分に粗利が確保できることを第一に考えていると見られ、結果的に消費者にとって魅力的とは言えないものとなっています。

 

ホームセンター&家具販売店の東の雄の島忠ホームズの業績を見ても同様に芳しくないので、決してナフコだけが戦略を誤っているとは言えないと思います。ただ、学習机の売場を見る限りは、ナフコはあまりにも見劣りします。

イオンと同列には扱いたくないので、ちょっと頑張って欲しいですねー。

コメント