初めての方はコチラからどうぞ

学習机の購入を検討するにあたって色々と分からないことがあると思います。いつ買えば良いのか、どんなものを買えば良いのか、そもそも必要なのかと、悩みは尽きません。
そんな方はまず、以下のページからご覧ください。
各ページのコメント欄でのご質問もお待ちしております。お気軽にどうぞ!

学習机のトレンドが3分で分かる!まとめ
『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

ケンカ売ってる?ボランタリーチェーン・リビンズの「kiduku(キヅク)」はまたパクリ?

もうちょっと早く記事をアップしようと思いながらも延び延びになっておりました、ボランタリーチェーン・リビンズの学習机「kiduku(キヅク)」シリーズ。

ボランタリー・チェーンとは簡単に言うと共同仕入れ会社です。家具業界ではリビンズのほかに、ジェフサ、ニッポンインテリアチェーン(ニック)、瀬戸内ファニチャーなどがあります。

リビンズ加盟店舗には店名に「リビンズ」の名称を含む店もあれば、中堅チェーンもあります。また、リビンズの加盟店一覧に含まれていないけれどもリビンズの商品を扱っている家具店もあるようです。



堀田木工所に引き続き、今度は杉工場が標的に?

リビンズ・キヅク・ALBERO(アルベロ)出典:リビンズ(以下同)

2016年度のキヅク・シリーズの学習机のラインナップは全部で8モデル。2015年度のPOLO(ポーロ)、TRY(トライ)、GRIMM(グリム)、FOREST(フォレスト)の4アイテムに加え、ALBERO(アルベロ)、POLNE(ポルネ)、SOCIO(ソシオ)、CALORE(カローレ)の4モデルが追加されました。

このリストを見た瞬間、「あれ?杉工場!?」と思ったんです。なぜなら「アルベロ」は杉工場の学習机の商品名にあるからです。

でもキヅクのアルベロは、デザインも材質も、杉工場のアルベロとはまったく別物。つまり商品名が同じだけなんですが、杉工場のアルベロは2015年度発売の商品なので、2016年度にリビンズが発売したアルベロは商品名をパクったと言われてもおかしくない状況です。

時間的に見て疑われても仕方がない状況にあって、リビンズには「前科」があるので、ますますパクリ疑惑は深まるばかりです。ひょっとしたら「炎上マーケティング」を狙っているのでしょうか?

【関連】リビンズのkiduku(キヅク)FOREST(フォレスト=コイン3)は堀田木工所コイン2の劣化コピー

ちなみにFOREST(フォレスト)も堀田木工所が以前から2段ベッドに使っている商品名です。堀田木工所から指摘があったのかどうかは分かりませんが、堀田木工所の「コイン」から敢えて「フォレスト」に改名するなんて、○○猛々しいですねぇ(苦笑)

 

ポルネはヒカリサンデスクのパティナでは?

リビンズ・キヅク・POLNE(ポルネ)

これもなかなか笑っちゃいました。いや笑い事ではないんですが、キヅクのポルネはヒカリサンデスクのパティナにソックリ!人気が出たからと言ってここまで露骨にパクるのはリビンズと浜〇工芸くらいでしょう(苦笑)

しかしまあ、他の業界だったらすぐに訴訟に発展するところですが、家具業界では一部の優良メーカーを除いてはほとんどが同じ穴のムジナ。パクられることもあればパクることも日常茶飯事です。おまけに商標登録をすることもないし、デザイン面で訴訟に持ち込んでも長期化は必至。結局のところほとんどスルーされます。STAP細胞も東京五輪エンブレムもどこ吹く風。ホント、困った業界です。

 

リビンズのキヅク・シリーズについては、残念ながら2016年度はまだ一度もお目に掛かっていません。質問が多くなれば調べに走ろうと思いますけど、そんなに引き合いが多くないですからねー。

価格は安いですけど、所詮は中国製の低級デスク。おまけにグリム以外は全部オイル塗装。オススメできそうなシロモノであれば頑張って調べますけど、そんな感じじゃないのでちょっと調べる気になれません。

コメント