初めての方はコチラからどうぞ

学習机の購入を検討するにあたって色々と分からないことがあると思います。いつ買えば良いのか、どんなものを買えば良いのか、そもそも必要なのかと、悩みは尽きません。
そんな方はまず、以下のページからご覧ください。
各ページのコメント欄でのご質問もお待ちしております。お気軽にどうぞ!

学習机のトレンドが3分で分かる!まとめ
『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

学習机の売れ筋は3万円台!?リビンズはニトリのライバルになる得るかも

本日、ちらっとボランタリーチェーンのリビンズ系の家具店を覗いてきましたら、その店の学習机の人気No.1~3までがすべて3万円台で驚きました。学習机のメインの価格帯が3~5万円台のお店ですし、私の地元のような田舎町ではありがちなことではあるのですが、驚いたのはむしろ「3万円台でここまでできるのか!」ということです。

 

お値段はニトリ以上?リビンズ


いきなり関係ない商品の登場ですいません。上写真はニトリのくみあわせですく・ロータイプです。価格は税込39,900円。基本的には必要十分ですが、少なくとも見た目はお値段相当です。

こちらはコイズミファニテックのスタンダードモデルであるCDコンパクト。価格はだいたい税込で5万円台前半くらいからです。スタンダードモデルとは言え、メーカー品ですから価格に見合った十分な品質だと思います。



ここからが本題。一方の本日私が見たリビンズの人気No.1モデル・・・残念ながら商品写真がないのですが、パッと見た目はコイズミファニテックのCDコンパクト同等のボリューム感があり、お値段以上の見た目です。組み替え式デスクではない、いわゆるロータイプのベーシックデスクでT字型のLEDデスクライト付き。引出内部材は白塗りのファルカタでおそらくはベトナム製。そして価格は税別34,800円!

ニトリのくみあわせですく・ロータイプは組み替え式デスクで税込39,900円ですから、ベーシックデスクで税別34,800円(税込37,584円)というのは別に驚くほどのことではないのかもしれません。しかし田舎町の競合が少ない家具店の売場で学習机を選んだら、「これで十分じゃない?」という感じがしてしまうのです。写真すらないと説得力に欠けるとは思いますが・・・(苦笑)

たぶん、先にコイズミファニテックのCDコンパクトを見て店員に説明を受けてから前述のリビンズの学習机を見たら、1,5万円ほどの差は悩みどころで、予算に余裕があれば多くの場合はCDコンパクトで決まりだと思います。しかし、先に同じく引出内部材が白塗りファルカタのオカムラの学習机を見てからリビンズのを見たら、「こっちのほうが良くねー?」という感じになってしまう可能性は大きいかなと思うんです。

 

3万円台でも以前より品質が上がってきている現状

学習机の平均購入価格帯は6万円台半ばと言われていますが、近年は5万円以下と10万円以上に二極化してしまって、間を取ったら6万円台半ばという感じになっているように思います。それでも低価格帯は5万円近辺が中心で、3万円台はやっぱり松竹梅で言うところの「梅」っていう感じの見た目でしたが、その常識すらも覆されつつあるという感じがします。

前述したように、じっくり比べたら「やっぱりメーカー品かなぁ?」ということが多いとは思います。ただ、一昔前は「説明しないと売れない10万円以上の価格帯」だったのが「説明しないと売れない5万円以上の価格帯」という風になってきているというのは恐ろしいことだなと思いました。車でも家電でもそうですが、見た目の訴求力はこれまで以上に求められていると言えるでしょう。

低価格帯の学習机と言えばニトリの独壇場かと思っていましたが、リビンズ系の家具店も意外と価格破壊的ですね。

 

【参考】リビンズのkiduku(キヅク)FOREST(フォレスト=コイン3)は堀田木工所コイン2の劣化コピー

コメント