【スタイル別】圧迫感が少なく子供の足が床に付く!天板昇降式デスクのオススメ

2015年最後、スタイル別の最後は、天板昇降式デスクのオススメを紹介します。

天板昇降式デスクは近年めっきり人気がなくなりましたが、そのメリットのひとつは子供の足が床に付くから落ち着いて学習できること。海外では教室の机の高さが調整できるようになっていて、身長に合わせるだけでなく立った状態で授業を聞くこともできることが増えているそうです。ちなみに私の息子は身長が高いので、担任の先生に「机の高さを合わせてあげてください」とお願いしたら、「他のお子さんも同じ高さですので」と断られました(苦笑)

それはともかく天板昇降式デスクには、天板を低くするとリビングに置いても圧迫感を感じにくいというメリットもあります。さらに、天板を低くすると上棚アリの状態で、天板の高さを上げると自動的に上棚ナシの状態にできるというメリットもあります。

反対にデメリットもあるわけですが、それについては置いておいて、順番に天板昇降式デスクのオススメを紹介していきましょう。



浜本工芸・No.16デスク

天板昇降式デスクの代表格と言えばオカムラのピエルナとベネッセ&カリモク家具の学びデスクが2大ブランドとなっていますが、ピエルナは仕様がチープすぎて話になりませんし、学びデスクは今となっては価格の割りに質感が低すぎます。その点、浜本工芸のNo.16デスクは価格相当以上の質感の良さがあるということでオススメできます。

天板昇降式デスクのデメリットのひとつは袖引出しが少なくて収納力に劣るということが挙げられますが、No.16デスクなら引出し3杯の袖ワゴンを選べるというのもオススメのポイントです。

コイズミファニテック・ビーノ昇降デスク

浜本工芸のNo.16デスク同様に袖ワゴンを複数からチョイスできるメリットを持つのが、コイズミファニテックの「BEENO(ビーノ)昇降デスク」です。

浜本工芸のNo.16デスクは天板を高くすると上棚のブックエンドは足元棚に移動することになりますが、ビーノ昇降デスクの場合は天板上に上棚を残すことになります。上棚を残しておきたい人にはメリットと言えるでしょう。

ケユカ・フォセット

ケユカ・フォセット出典:KEYUCA

コイズミファニテックが製造し、KEYUCA(ケユカ)が販売する「Foset(フォセット)」。私は勝手に2016年度限りで廃番になるんじゃないかと思ってるんですけど、現在かなりお買い得価格となっております。

ビーノの天板はナラ突板ですが、フォセットはオーク無垢で、デザイン的にも少しやさしい感じに仕上がっています。ぶっちゃけ、私は天板昇降式デスクはあまり好きじゃないんですけど、フォセットのデザインは大好きです。

マルニ木工・フレンディ・ステップ2

学研×コイズミファニテックの「毎日のデスク」とマルニ木工の「Friendy Step2(フレンディ・ステップ2)」のどちらをオススメにしようかと悩んだんですけど、やっぱり私はステップ2のほうがオススメです。

天板奥行を2段階で調整できますし、上棚を足元棚として使うこともできて合理的。もっともそれがために袖ワゴンの奥行が短くなってしまっていますが。かつての名門・マルニ木工の学習机はもはや風前の灯となっておりますが、2017年度も継続してもらえたらなーと願っております。

天板昇降式デスクは急速に人気が落ちてしまって、未だに新商品を投入しているのはオカムラのみという状況。それ以外で新しいのは、ケユカのフォセットと学研×コイズミファニテックの「毎日のデスク」くらいです。

実際のところ、天板昇降式デスクの一番の売れ筋はオカムラのピエルナ・シリーズだと思います。しかし仕様や品質の割りに価格が高すぎて、とてもじゃないですがオススメとは言えません。

まあそんな状況ですが、天板昇降式デスクにはメリットもあるので、引き続き各メーカーには選択肢のひとつとして残して欲しいと思います。

コメント

  1. ほみまま より:

    いつも拝読させていただいております。
    2017年モデルの浜本工芸のno.17デスクは、どのように評価されますでしょうか。
    http://www.hamamotokougei.co.jp/desk/adjustment/17/index.html

    子どもと学習机を見に行くと、天板昇降式デスクに惹かれるようです。
    収納マンさまのご意見を頂戴したく、どうぞよろしくお願いいたします。

    • 収納マン より:

      ほみままさま

      はじめまして^^

      浜本工芸のNo.17デスクに関しましては、2016年度のNo.16デスクと仕様は変わっておりませんので、記事中の評価と変わりません。

      天板昇降式デスクはどんどんモデル数が減ってしまい、今や浜本工芸、ベネッセ、オカムラ、毎日のデスク(学研×コイズミファニテック)くらいなものです。
      その中では浜本工芸のNo.17デスクが頭一つ抜けていると思います。
      材質、品質、およびそれらを踏まえたコストパフォーマンスという点でですね。

      No.17デスクであればあとで袖ワゴンを買い替えることも可能ですから(もしくは最初はワゴンを買わない、または最初から3段ワゴンを横に置く)、天板昇降式デスク特有のデメリットもないでしょう。

  2. ほみまま より:

    収納マンさま
    ご回答いただき、ありがとうございます。
    また、お礼が遅くなり、申し訳ございません。
    実は、子供の意見を最優先にすべきかどうか迷っており、まだ決めかねております。
    また相談させていただくかと思いますが、その際は何とぞよろしくお願いいたします。

    • 収納マン より:

      ほみままさま

      難しいところですねー^^;

      子供の希望はかなえてあげたい。
      けれども、子供に長い目で見た場合の判断ができるはずもなく…。

      とりあえずはワゴンなしで購入して、身長が伸びてからワゴンを購入するというのが現実的なところでしょうか。

      うまく折り合いがつけば良いですね♪

  3. よしぞうき より:

    はじめまして。
    新年長男の子の、学習机と収納を検討していて、こちらで勉強させていただいています。
    今後、購入まで色々質問させていただくと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

    息子は落ち着きのない子供なので、一番あうのは、天板昇降式デスクかなと思っています。天板昇降式を条件にすると、私の富山県では選択肢がほとんどないのが現状です。
    そこで気になったのが、天板昇降式デスクが普及し始めた理由と、人気がなくなった理由です。デメリットは、ワゴン収納量の問題だけなのでしょうか?
    足が床に着いて低学年でも座りやすいので、少なくとも新1年生の人気はもっと高くてもよいのでは?と考えています。天板昇降式デスクと、座りやすい足形状の普通の高さの机&足おきの大きい椅子は大差ないのでしょうか?

    そもそも、どんなタイプの机を選ぶかで悩んでいます。

    • 収納マン より:

      よしぞうきさま

      はじめまして^^

      そうですねー。天板昇降式デスクの選択肢は随分と減りましたねー。
      ピエルナシリーズが主力のオカムラと、ベネッセ&カリモク家具の学びデスク、あとは浜本工芸のNo.17デスクとNo.70デスクくらいですものね。

      デメリットはワゴンの収納量もさることながら、やはり大学卒業まで16年間と考えた場合に最初の数年間に偏った設計であるところがあまり支持されていないのかもしれません。
      最近は特に、大人が使うようなスタイリッシュなデザインのデスクに人気があり、天板昇降式デスクはそれとは相容れないのでしょう。

      もうひとつ、第二次ベビーブーム世代でコクヨのくるくるメカが流行ったあとに人気が失われていったように、一過性のブームに終わってしまう傾向があると言えるのかもしれません。
      くるくるメカなら手軽に高さを変えられましたが、近年の天板昇降式デスクは木製ということもあり、簡単には高さを調節できません。
      子供が少しずつ成長する度に高さ調節をしてあげるというのは現実的ではなく、合理的な考え方の現代の親世代からはあまり共感を得られないのかもしれないですね。

      あと、天板昇降式デスクは天板面が低くて圧迫感が少ないという要素も支持されていましたが、最近は奥行を浅くすることで圧迫感を軽減するという傾向があります。
      この点も、天板昇降式デスクには不利にはたらいているのではないでしょうか。

      以上の通り、天板昇降式デスクの人気が下火になった理由は、数えればキリがありません。
      しかしながら、天板昇降デスク特有のメリットもあるわけですから、そこは分けて考えるべきでしょう。
      あくまで人気レースの話であって、決して天板昇降式デスクがダメだというわけではありません。

      > 天板昇降式デスクと、座りやすい足形状の普通の高さの机&足おきの大きい椅子は大差ないのでしょうか?

      そんなことはありません。やはり大きな足置きステップよりも床に完全にベタッと足の裏がつくほうが安心感が高いと思います。
      なので、その点を重視するならば、天板昇降式デスクの中で選ぶのが良いでしょう。

      とは言え、選択肢は少ないのですが、逆に言えば選びやすいとも言えます。
      まだ時間は十分あると思いますので、じっくりとご検討ください^^

スポンサードリンク
スポンサードリンク