まさかの光製作所!KEYUCA(ケユカ)第4のデスク「ヘンリー」

かねてからウワサのありましたKEYUCA(ケユカ)の「第4のデスク」。読者のキュンちゃんさんに教えていただきまして、早速、グランフロント大阪店まで見に行ってまいりました!

ケユカの学習机だから当然コイズミファニテック製だと思って足を運んだんですけど、まさかまさかの光製作所(ヒカリサンデスク)製でビックリ!これには読者の皆さんも困惑必至だろうということで、できるだけ詳しくレポートしたいと思います。

ケユカ×光製作所・ヘンリー

ケユカ×光製作所・ヘンリー

こちらがケユカ第4のデスク「Henry(ヘンリー)」でございます。まだケユカのホームページに掲載されていないため、たまたまペラカタログが写り込んだ写真でご容赦ください(笑)

さてこちらのヘンリー。POPを見て「小島工芸かよ!」と思わず心の中で叫んでしまいました(参考:小島工芸・ヘンリー)。私にはピンと来ませんけど、やっぱり我が家の王子様にピッタリという印象を持ってもらいやすいんですかねー。

ともあれ、最初はコイズミファニテック製だと思い込んだ状態で見ておりました。しかし、LEDデスクライトが安っぽい。引出し内部材が…あれ?これってパイン材?おまけに引出しに金属製のフルスライドレールが付いているのはワゴン最下段だけ?

「これはコイズミファニテック製じゃない!?ケユカ独自の企画生産品か!?」と思ったとき、目に飛び込んできたのがLEDデスクライトの「HIKARI」の文字!「どっひゃー!!」と驚いたことは言うまでもありません。

ってゆーか、まさか光製作所がケユカと取引があったなんて知りませんでしたー。もっとも、それを言ったらコイズミファニテックもニノス以前には納入実績がなかったはずですし、これから本格的に取引が開始されるのかもしれません。

…と、そんな話はさておき、以下、ヘンリーのスペックについて詳しく見ていきたいと思います。



ヘンリーのラインナップ

商品名 サイズ(W×D×Hmm)ほか 税別価格
デスク10543 1050×550(430)×720(840) 28,500円
デスク9043 900×550(430)×720(840) 25,000円
ワゴン 404×398×610 19,000円
スリムワゴン 280×370×532 16,500円
キッズチェア 440×447.5×773 19,000円
替えカバー スタンダード 3,000円
プレミアム 4,000円
シェルフ55 550×300×1284 28,000円
デスクライトH01  LED 8W 3段階調光式 10,000円
デスクライトH02  LED 12W 3段階調光式 14,500円
デスクライトH03  電球型蛍光灯 11W 13,000円

ヘンリーのラインナップは上表のようになっています(価格は2018/02/09現在)。

デスク本体は幅1050mmと900mmの2サイズで、ワゴンはそれらに合わせて3段引出しタイプと、引出し1段の下がオープンスペースになったスリムワゴンが用意されています。

デスク天板は奥行が拡張できるようになっており、最小430mm、最大550mmとなります。奥行430mmにするときは拡張天板をデスク奥に立てる構造となっていて、奥行最小時も最大時もデスク奥側はブックエンドとなります。

キッズチェアはコイズミファニテックのビスクに似たデザイン。ただし張地はPVCレザーです。オプションで替えカバーもあるようですが、グランフロント大阪店には展示がありませんでした。

シェルフはデスク天板奥行最大時にサイドに置くとちょうど良いサイズの幅550mmとなっています。

デスクライトは3種類も用意されていますが、いずれもヒカリサンデスクのプロパーです。H01はC35713H、H02はHLE-140、H03はHL-340と同型と思われます。

ヘンリーの特徴

ヘンリーデスクの仕様

  • 天板・引出し前板:アルダー突板(ウレタン塗装?)
  • 脚部等:ラバーウッド(ゴムの木)
  • 引出し内部材:パイン(松)
  • 木製カバンフック、引出しペントレー、可動仕切り(ブックエンド)付き
  • ベトナム製

サンワークスに近いスペック


ヘンリーデスクは素材こそ違いますが、スペック的には同じ光製作所の「SDW-サンワークス2」(上写真)に似ています。つまり、従来のヒカリサンデスクは引出し内部材が桐のアリ組みでデスク本体引出し下に地板のある「こだわり仕様」だったのに対し、ヘンリーやサンワークスは引出し内部材がパイン材のダボ組みでデスク本体引出し下に地板がない構造となっているということです。

また、引出しはワゴン最下段にフルスライドレールがある以外は、金属製スライドレールが付いていません。金属製スライドレールがないので変形やグリス切れの心配がない一方、国産の浜本工芸やカリモク家具ほどスムーズではありません。ちなみにヘンリーシリーズはサンワークス同様、ベトナム製です。

デスク本体引出しはセンターに1杯のみで幅が広めのため、あまりスムーズとは言えません(引出しの幅が広いと両サイドの「遊び」が多くなり、引っ掛かり感が強くなる)。また、木製ペントレーはワゴン引出しと共用サイズのためか、幅方向ではなく奥行方向にセットされており、ちょっと使いにくそうです。そもそも引出しの奥行がかなり浅いです。

ちなみに、ヘンリーはシェルフ(オープンラック)の形状もサンワークスのラックに似ています。

機能やラインナップはKコンパクトに近い


天板奥行拡張機能やラインナップ、雰囲気で言うと、ヘンリーはむしろ「Kコンパクト」(上写真)に近いと言えるかもしれません。

ヒカリサンデスクのKコンパクトは、天板奥行が520mmから600mmに拡張できるようになっています。また、デスクのサイズラインナップは幅900mmと1000mmの2サイズで、ワゴンもそれぞれに合わせて2サイズ用意されており、ラックもあります。

一方でKコンパクトは、ヒカリサンデスクの「こだわり仕様」であるため、サンワークスよりも上位のスペックと言えます。また、Kコンパクトは天板がバーチ突板、引出し前板がバーチ無垢、引出し内部材が桐ですから、ヘンリーよりも高級仕様です。

上写真のKコンパクトの3点セット(デスク100+ワゴンW40+ラック52)で楽天市場では税別89,722円となっていますので、それと比べるとケユカのヘンリーはちょっと割高感があります(ただし楽天市場で購入の場合は玄関渡し)。

ファイルをズラッと並べると狭い

引き続き、実際の使い勝手について考察してみましょう。ヘンリーは天板奥行拡張機能を備えており、最小の奥行430mmにすると、リビングダイニングにはかなり収まりが良いサイズと言えます。

一方で、ブックエンドにA4ファイルをズラッと並べると、実質的に使える作業面の奥行は200mm弱しかなく、かなり狭いと感じると思います。幅900mmのデスクであれば、作業面は3段カラーボックス(奥行約290mm)を横置きした状態よりも狭いわけです。

最大奥行550mmにした場合も、同様にA4ファイルをズラッと並べてしまうと作業面の奥行は実質300mm程度となり(=3段カラーボックス同等)、A4ノートを広げるのが精いっぱいという感じです。

ともあれ、あくまでリビングダイニングにコンパクトなデスクを置ければというニーズなら、決して悪くはないと思います。できるだけ教科書類をズラッと並べないように気を付ければ良いでしょう。

今回あたらしくケユカのキッズ家具のラインナップに加わったヘンリーは、従来のニノス、アロン、ノーブルと比較すると、どうしても品質が一段落ちた感じがします。これは決してヘンリーの品質が悪いという意味ではなく、実際に他のデスクと比べてもらうと多くの方が感じるところだと思います。

一方で、予算から考えると、ヘンリーはアリかもしれないとも思います。デスク10543+ワゴンの2点セットで税込51,300円、10%引きキャンペーン中なら同46,170円ですからねー。ニノスやアロンの2点セット(通常税込72,300円)と比べると3割も安く済む計算ですから、真剣に候補として考える人も少なくないのではないでしょうか。

もっとも、ニノスとアロンはオーク無垢、ヘンリーはアルダー突板ですから、冷静にコスパで考えると、3割高くてもニノスやアロンのほうが絶対にお得だと個人的には思います。

ブナ無垢のノーブルと比べても、ほぼ同じ印象ですね。また、Kコンパクトとヘンリーを比べてしまうと、個人的には絶対Kコンパクトのほうがお得だと感じてしまいます。

それにしてもまあ、わたし的に学習机の穴場だと思っていた光製作所とケユカがまさかのコラボというのはマジ驚きましたー。是非とも、「第5のデスク」も期待したいところですね!

2018/05/30追記:

ケユカ公式オンラインショップでヘンリーの取り扱いが始まり、詳細が確認できるようになりました。

2018/09/16追記:

現在、ヘンリーがすべて30%オフで販売されています。しかもポイント10倍ですから(2018/09/14~25)、実質的には37%引きです。過去の事例を見るに、これは廃番となるのではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

スポンサードリンク
スポンサードリンク