カリモクの2022学習机カタログ配布開始!でも目立った新商品はなく…

カリモク家具2022年度学習机カタログ

今年もほぼ例年通りにカリモク家具の新年度学習家具カタログが発行されました。毎年、メルマガでカタログ発行開始を知ってすぐに請求して送っていただいてるんですけど、自分で請求しておいても大好きなアーティストの新譜が届いたときのような感動が得られるのですから不思議です。

ともあれ、昨年度は既に発表済みだった「パーチャー」以外に目立った新商品はなく、他のラインナップもほぼ変わらずでした。俄然、2022年度こそはと期待してしまうわけですが、結論から言うと昨年度以上に変化が乏しい内容でした(苦笑)

 

安心してください!値上げはないですよ

もっとも大きなニュースだと言えるのは、「値上げはない」ということになるでしょうか。物流コストの高騰やウッドショックなどの影響で、2022年度は多くの学習机メーカーが値上げするとウワサされていますからね。カリモク家具の場合はもし値上げがあるとしたら早めにアナウンスしてくれるものの、やはりカタログに記載された価格を確認するまで安心できないところがありました。

もっとも、カリモク家具は2年前に値上げしたばかりですから、したくてもできない事情もあったでしょう。諸々のコスト上昇次第ではありますが、しばらくは予断を許さない状況が続くと思われます。

汚れに強くケアしやすい!「マルチラックケア」

目新しい商品がまったくなかったわけでもありません。いわゆるランドセルラックのカテゴリーでは「マルチラックケア(SS0449)」という新商品が登場しています。

これは従来の「マルチラック(SS0429)」をアレンジしたものです。天板をメラミン化粧板に、引出し内箱をレアテックス(EBコート化粧板)に変更することで、ケア(お手入れ)しやすくしています。

ただ、「いくら子供が使うからってそんなに汚れの心配があるものなのかな?」と思いながら商品写真を探していたら、品番違い(SS04290570・上写真)でペット用家具としてほぼ同じものが販売されていることを知りました。確かにペット用なら汚れの心配が多いですし、マルチラックをアレンジしたものですから学童用としての提案もアリかなと思います。

 

ワイドな座面の回転チェア「XT4711」

少子化の影響で学習机市場が縮小する一方で、コロナ禍によるテレワーク需要が大きくなっています。総合家具メーカーであるカリモク家具は大人用の書斎家具のラインナップも豊富なのですが、だからと言って全部をひとつのカタログに載せるわけにもいきません。従来から掲載しているデスクチェア「XT4201」の座面を広くした「XT4711」(上写真)を追加しました。

XT4201に比べてAT4711は座面が広いだけでなく、座面高が低くなっています。つまり、体格が大きく、身長も高い、主に大人の男性向け。リビングダイニングに置くならXT4201のほうがコンパクトで見た目のバランスも良いですが、それより座り心地を重視したい方に適していると言えるでしょう。

 

2022年度のカタログで新たに登場したのは以上2点のみ。逆に消えたのはボナシェルタの2連ブックスタンド(AT0575)のみで、これはほとんど影響がないと思います。

カリモク家具の場合は廃番になる場合は早くからアナウンスされるのですが、そういう案内もなく。つまり、2023年度も変わらずということになるのでしょうか。消費者としては安心して選べる一方で、学習机評論家としてはちょっと寂しいですね(苦笑)

関連記事

【2021最新】カリモク家具の学習机は絶対的な安心感が人気の秘訣
カリモク家具の会社概要に始まり、学習机のラインナップとその特徴についてまとめました。カリモク家具の学習机はボナシェルタが圧倒的人気で、次にユーティリティプラス、ピュアナチュールと続き、これら3モデルで売上の大半を占めます。品質、安心感は断トツです。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など