『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

カリモク家具も公式オンラインショップを2020年7月中旬に開設予定!

前回は堀田木工所が楽天市場に直営ECショップを出店したことをお伝えしました。

堀田木工所直営「HYGGE(ヒュッゲ)」が楽天市場にオープン!
堀田木工所直営の「HYGGE(ヒュッゲ)」が楽天市場にオープンしました。二段ベッドなど大型家具は学習机は基本的に全品取り扱っています。また、価格も送料込みでオープニングセール中はポイント倍率も大きく激安です。

単に直営ECショップを出すのではなく出店コストが高くつく楽天市場に出店したというところが大きなニュースだったわけですが、さりとて家具メーカーが独自にECショップを出すということは簡単なことではありません。

カリモク家具のような大手メーカーならなおさらです。

 

カリモク直営ECショップ7月中旬オープン

カリモク直営オンラインショップ2020年7月中旬オープン

このたびカリモク家具は2020年7月15日に直営オンラインショップ(e-karimoku.com)を開設することを発表しました。カリモクブランド、カリモク60、キトノ、ディズニーライセンス商品の取り扱いを72品目からスタートし、順次、品目数を増やす予定とのことです。

72品目と言うとカリモク家具の膨大なアイテム数からすると微々たる数です。おそらく学習家具は当初ほとんど扱われないでしょうが、ディズニーライセンス商品が扱われるということなので、クレシェのミッキー&ミニーモデルくらいは扱われるのかもしれない…そんな風に考えていました。

AIDが先にEC展開済みでしたw

そんな風に考えながらクレシェのミッキー&ミニーモデルの写真を探していたら、全国で唯一のカリモク家具”特約店”であるAID(エーアイディー)が先にyahoo!ショッピングに出店していたんですねー。

しかも、AID直営ECショップの取扱いアイテム数は2020/06/17現在94アイテムで、カリモク直営ECショップが72品目からスタートするというのと近似値。さらに、売れている順でソートしてみると、学習関連品がぞろぞろと出てくるではありませんか!カリモク直営ECショップではカスタムオーダー品は取り扱わないということですから、カタログモデルがほとんどを占める学習関連品は売りやすいということなんだと思います。

家具メーカーのイメージを払拭する展開に?

Yahoo!ショッピングに出店しているAIDのECショップで購入すれば、PayPayボーナスライトやTポイントも貯まります。カリモク60やキトノはありませんが、それらとほとんど変わらない商品もあります。おまけに、AIDのスタッフは全国のカリモク家具のショールームに常駐しているわけですから、メーカー直販と言って良いくらいの安心感です。

そう考えると、既存の得意先を敵に回すリスクを犯してまでカリモク家具が直営ECショップを開設する理由が見当たりません。また、たった72品目でスタートして初年度販売目標1億円、つまり購入単価が10万円として1日に3件近くの成約を目指すなんて、無理があるように思います。

ですが、そこは天下のカリモク家具です。きっと勝算があるのだと思います。AIDが先にYahoo!ショッピングに進出してみた結果、もっとビジュアルを前面に押し出していく必要を感じたのかもしれません。また、AIDの名前はカリモク家具のショールームに飛び込みで入った人くらいしか知りませんから、やっぱりカリモク家具という会社名をもっと前面に押し出さないと厳しいと判断した可能性もあります。

とは言え、そんなことはあくまでメーカーの目線であってユーザー目線ではありません。ここのところカリモク家具は資生堂とコラボして化粧品を発売したり、はせがわと仏壇を開発するなど、従来の家具メーカーから脱却するような展開をしています。その延長線で考えると、カリモク家具は直営ECショップで単にカタログモデルの家具を売るのではなく、従来の領域とは違った製品を直営ショップを通じて販売していくつもりなのかもしれません。

 

…とまあ、いろいろ詮索してみましたが、実際のところはよく分かりません。ただ、AIDのYahoo!ショッピング店を見る限り、学習机を扱う可能性は十分にありそうです。しかも、常にユーザーファーストを意識して商品開発をしているカリモク家具ですから、そこに何かしらユーザーにとってメリットのある仕掛けを用意してくれることも期待できるんじゃないかと思います。

カリモク家具直営オンラインショップのオープンまであと1ヶ月。期待しましょう。

2020/07/19追記:

オープンした直営オンラインショップを見ると、学習関連品での取り扱いは予想に反して、ディズニーのデスクライト5品と回転チェアのみです。そのほかの取扱品を見ても、amazonでの取扱品目に似た路線のように思えますね。

関連記事

次世代住宅ポイントはカリモク家具の学習机が狙い目って知ってました?
2019年10月の消費増税の前後に新築、建売住宅の購入、リフォームなどをした人を対象とした「次世代住宅ポイント制度」。家電、家具、食品など、計4万アイテムの商品やサービスと交換可能ですが、中でも高島屋が扱うカリモク家具の学習机が狙い目です。
カリモク家具から新作デスク「Parture(パーチャー)」誕生
カリモク家具から新作デスク「Parture(パーチャー)」が誕生しました。”壁で完全に仕切るのではなく、家具で緩く仕切ることで自分の居場所を確保しながら、周りには適度な距離を保つことで孤立しない”パーテーションにもなる学習机です。幅は2サイズ、パーテーションデスクに別売のバックテーブルをセットすることで両面デスクとしても使えます。
カリモク家具「ノバリエ」って何だ!?実はAmazon専売ユーティリティプラス
カリモク家具がamazonオリジナルとして「ノバリエ」シリーズの販売を開始しました。デスク、マルチシェルフ、マルチラックは、基本的にユーティリティプラスのパッケージを変えたものです。チェアはクレシェ。以前にミキハウスで販売されていたものに近い組み合わせです。今のところ価格は安くありませんが、今後の激しい値動きに期待したいところ。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など