『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

次世代住宅ポイントはカリモク家具の学習机が狙い目って知ってました?

かつて2010~2011年に「住宅版エコポイント制度」というのがありました。政府による景気刺激策の一環で、省エネ住宅を新築したり住宅のリフォームをすると商品やサービスと交換できるポイントがもらえるという、一種のキャンペーンです。

実は現在も消費増税に伴う景気の落ち込みを防ぐために「次世代住宅ポイント制度」というキャンペーンを実施中です。住宅版エコポイント制度は国土交通省、経済産業省、環境省の三者が主体でしたが、次世代住宅ポイント制度は国土交通省が単独で取り組んでいます。住宅版エコポイントは家電エコポイントに便乗したようなかたちだった一方、次世代住宅ポイントはまさに国土交通省と住宅業界のために作られた制度と言えるでしょう。

 

次世代住宅ポイントの概要

対象者一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能等を満たす住宅や、家事負担の軽減に資する住宅の新築やリフォームをした人
対象契約期間注文住宅の新築:2019年4月~2020年3月に請負契約・着工、2019年10月以降に引渡し
新築分譲住宅の購入:2018年12月21日~2020年3月に請負契約・着工、かつ売買契約を締結、2019年10月以降に引渡し
新築分譲住宅の購入(完成済み購入):2018年12月20日までに完成済みの新築住宅を、2018年12月21日以降、完成から1年以内に売買契約を締結、2019年10月以降に引渡し
リフォーム:2019年4月~2020年3月に請負契約・着工、2019年10月以降に引渡し
申請期間2019年6月3日~最長で2020年3月31日
商品交換申込期間2019年10月1日〜2020年6月30日
発行ポイント新築:最大35万ポイント
リフォーム:最大60万ポイント

それはさておき、次世代住宅ポイントついて簡単に概要を見てまいりたいと思います。

詳細は次世代住宅ポイントのサイトをご覧いただければと思いますが、ざっくり言うと2019年10月の消費増税後に新築の省エネ住宅の引き渡しを受けたり、中古住宅を買ってリフォームをしたり、自宅をリフォームした人が対象です。新築よりもお金が掛かるリフォームに対してポイントが多く付与されるのは、中古住宅のストックを捌いて空き家問題を解決したいという国交省の思惑があるのでしょう。

交換できる商品

次世代住宅ポイントで交換できる商品

※次世代住宅ポイント・スクリーンショット

細かいことはさておき、次世代住宅ポイントはいったいどのような商品と交換できるのでしょうか。カテゴリは上記の通り9つあり、家電、家具、食品に至るまで、約4万アイテムが用意されています(2020年1月7日現在、販売事業者による重複を含む)。

実は私も今春に新築住居の引き渡しを控えておりまして、次世代住宅ポイントをありがたくいただきました。新築で得られる35万ポイントは概ね35万円に相当すると思われます。

しかし、35万円相当のポイントですから、トイレットペーパーを4200個ももらっても困るわけです(苦笑)そうすると、自ずと高額商品を狙うことになります。

そこで、エアコンを見たところ、大手家電量販店で買うのとそれほど変わらない金額のものもあれば、相場の倍以上するものもあります。三菱電機の霧ヶ峰にしようと思ったら後者のパターンで、断念することになりました。

ほかにも様々なカテゴリーを見ましたが、基本的に定価と実売価に開きがある商品を選ぶと損だということが分かりました。逆に言うと、ほとんど値引きが期待できない商品、つまりアップルの「MacBook」や大手国産メーカーの家具などと交換するのがお得だということです。

 

カリモクの学習机がお得!

中でもお得感があるのが高島屋が出品しているカリモク家具の学習机です。たとえば「ユーティリティプラス」の2点セット(デスク:SS3955ME+マルチシェルフ:QS3587ME)は113,000ポイントで、税込定価123,750円の約9%引きとなっています。これ、ひょっとすると値上げ&増税前の価格のままになっているのかもしれないですね。いかにも百貨店らしいと言うかなんと言うか…(苦笑)

ともあれ、このポイント数なら実売価と比較してもほとんどロスがありません。ちなみに、高島屋はボナシェルタの2点セット(デスク:ST3578ME+ワゴン:ST0057ME)も扱っています。

 

なお、カリモク家具の学習机は関連会社のエーアイディーでも扱われています。ボナシェルタ、ピュアナチュール、スパイオキッズ、コーディ、カリーシルのほか、マルチラックやチェアもありますが、基本的には定価です。

また、カリモク家具以外にも小島工芸、杉工場、大雪木工、キシル、ヒノキクラフトなどの学習机もあります。ただし、小島工芸は定価と実売価の乖離が大きいですし、ここで扱われている杉工場の「アクシス2」などはボッタクリ価格です(苦笑)残りももともと定価が高いだけですから、同じポイントで買うならカリモク家具一択で良いと思います。

ウチもまだ学習机を買っていなかったらユーティリティプラスの2点セットが欲しかったなー(笑)代わりに東芝(美的集団)のエアコンか、高野木工のローテーブルにしようかと思っています。

以上、既に次世代住宅ポイントの対象になっている方や、3月までに新築やリフォームの契約をするご予定の方のご参考になれば幸いです。

関連記事

2020年度のカリモク家具は「学びデスク囲み可変タイプ」が登場!?
2020年度のカリモク家具はベネッセで販売していた「学びデスク囲み可変タイプ」を一部仕様変更した「グランディ」が登場。価格は概ね3~10%値上げですが、書棚は約16%アップしたものも。ナッツシェル色が2020年3月で生産終了、ボナシェルタが累計10万台を達成したのも大きなニュースです。
ふるさと納税で「キシル」の学習机をゲットするなら10月1日まで!
ヒノキを中心に100%国産材を使用した純国産の「XYL(キシル)」の学習机。ラン活の際に土屋鞄製造所の直営店でご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。 軟らかくて汚れやすいヒノキを敢えて使った学習机は非常に珍しい存在です。大...

コメント