『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

ナフコで人気だったイトーキ「リーモ」のユニットデスクがコンパクトになって復活

ここのところ連続して「定番デスク徹底分析」というシリーズをお送りしていますが、数年前だったらコイズミファニテックの「ビーノ」の次はイトーキの「リーモ」だったんですよね。ですが、2019年度を最後にイトーキの学習机がほとんどの家具店の店頭から消えてしまったため、リーモが話題に上がることは少なくなってしまいました。

リーモは良い机だったんですよ。イトーキという安心のブランドで、デザインも質感も良く、価格もベーシックタイプは学習机の平均価格帯からちょっと背伸びするくらいで手頃でした。

…って、まだ現役なんですけどね(苦笑)イトーキのオンラインショップだけでなく、島忠ホームズで購入可能です。

ともあれ、そんな人気だったリーモには、西日本を中心に展開しているナフコ21スタイルだけで買えたオリジナルモデルがありました。ナフコで定番となっていて、東日本にお住まいの方からも欲しいという声が続出していたものの、イトーキ撤退とともに終売。まさに惜しまれつつ消えていった人気デスクだったわけです。

その人気デスクがまさかの復活!しかもそのままの形ではなく、より現在のトレンドに合わせてコンパクトになりました。

 

イトーキ・JSD-31

ナフコ21スタイルで人気だった「JSD-17-TB」を改良して登場したのは「リーモ・ユニットデスクJSD-31」です。

ナフコではリーモのブランドは使われていませんでしたが、アルダー無垢で特徴のあるデザインの取っ手はまさしくリーモそのもの。ただ、袖引出はキャスター付きではなく固定式となっています。

人気の秘訣はもちろんデザインや質感だけではありません。補助天板を使って横幅を拡張できるギミックがウケたのです。

幅105→130cmに拡張

西日本を中心に展開するナフコでは、部屋の広さに余裕があるお宅が多いため、幅110cmから140cmに拡張しました。それが今回の新商品では一回りコンパクトになって105cmから130cmに拡張する仕様となっています。

また、奥行もナフコでは60cmでしたが、新商品は55cm。リビングダイニングに置いても差し支えないサイズ感です。

袖引出しも全段フルスライドレール

イトーキの学習机は基本的にワゴン引出しは最下段を除きフルスライドレールではありませんでした。しかし、こちらはナフコ版同様に全段フルスライドレールを採用しています。

一方で、デスク側面の使い分けフックはショボい樹脂製フックに変更。従来のようなロットが見込めない現状、これは致し方なしですかねー。

配送設置込みで税込79,900円

ナフコ版は調色機能付きのデスクライト(L-77)付きで税込99,800円という価格でした。対してJSD-31はデスクライト無し、サイズは一回りコンパクトになって、2万円ほど安い税込79,900円。

配送設置込みということを考えると、妥当なところというよりはむしろ若干割安感があるくらいです。もともとナフコの値付けは割高感があったとしても、いい線を行っているのではないでしょうか。

 

リーモ・リビングデスク+書棚セット

ちなみに、JSD-31の販売開始に先駆けて、幅80×奥行45cmのデスクと、幅45×奥行30cmの書棚の「リーモ・リビングデスク+書棚セット」が税込39,000円で販売されています。

こちらもいわゆるユニットデスクとしてレイアウト可能で、なおかつリビングダイニングに置くのに最適なコンパクトサイズ。さらに、4万円を切るというお手頃価格がナイスです。

同じ価格でデスク+サイドチェストの組み合わせもあります。また、同じ組み合わせでカモミール・リビングの2点セットもあります。リビング学習用としてだけでなく、テレワーク用としても最適なのではないでしょうか。

 

税込69,900円で天板サイズが100×60cmのベーシックタイプがあり、それを軸として奥行55cmの今回紹介したJSD-31、奥行45cmのサンキューセットというサイズバリエーションは見事です。逆に奥行が大きい組み替え式のフリーワンタイプもありますからね。穴がありません。

一時はどうなるかと思いましたが、これだけラインナップが充実していると、消費者としても安心して買うことができます。島忠ホームズでベーシックタイプを確認して、それ以外のモデルをネットで買うという流れにうまく乗せることができるのではないでしょうか。

 

イトーキ「リーモ」@楽天市場

関連記事

あれれ?ニトリで売ってた学習机「APD-2」がイトーキ直営店に登場
2020年度にニトリで売っていた学習机「APD-2」がイトーキ直営オンラインショップに登場。また、ウットフォークもどきの「NUF-2VB」から書棚を無しにして上棚の形状を変更した「NUF-K2VB」も投入されました。ほか、「カモミール」や「リーモ」にも仕様変更が見られます。
イトーキから新型デスク「JAQ-F23」と「NUF-2VB」が発売
イトーキから新型デスク2モデルが発売されました。「JAQ-F23」はデスクライト付きのベーシックデスクで、以前にナフコ21スタイルで販売されていた「アンティークデスクJAQ-F9Q」がベースと思われます。「NUF-2VB」はウットフォーク似のデスクでこちらもナフコの「学習机2点セットNUF-18-VB」に似ていると思います。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など

  1. ごまむぎ。 より:

    こんにちは。4年前は娘に机を選ぶ際もアドバイス頂きありがとうございました。今回は息子なのですが、色々写真を見せて好みを聞いたところ、浜本工芸No.09のカフェオークを選びました。
    娘にはNo.09を購入したのですが、今回はそこまでは厳しく、相談させて頂きたいです。私はリーモJSD-31とコイズミビーノのウォールナットが気になっています。

    • 収納マン より:

      ごまむぎ。さま

      おひさしぶりです!ホント、4年ぶりですね^^
      その後、お嬢様は自分の机でまったりと過ごされているでしょうか?

      さて、今度は息子さんの机を購入されるご予定ということですね。

      今のところ候補に挙がっているのはリーモの「JSD-31」とコイズミファニテックの「ビーノ」WT色。
      お姉ちゃんが浜本工芸のNo.09デスクですからビーノのほうが同じナラの木目でワゴンもセットできて近い感じがするのですが、そこは別にこだわる必要はないでしょうか。

      でも予算のことを考えると、JSD-31のほうが助かりますよね^^;
      ワゴン式と違って幅を拡張するのはちょっと大変ですが、逆に最初から幅を拡張した状態で使うというのも良いと思います。

      あとはビーノも組み合わせによってはそこそこの予算になるので、それを考えると浜本工芸のNo.61デスクもアリかもしれません。
      カリモク家具のコーディも良いですねー。

      また諸条件を教えていただければ、より的確なアドバイスができると思います。
      お気軽にご相談ください^^

      ※勝手ながらお名前を修正させていただきました。