『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

イトーキから新型デスク「JAQ-F23」と「NUF-2VB」が発売

今日は息子の小学校の卒業式でした。新型コロナウィルスの流行で小学校生活の最後はエンジョイすることができませんでしたが、無事に卒業式が執り行われただけでも良かったと思います。

4月に入学式や新学年を迎えられる親御さんも不安が多いことでしょう。同時に、書き入れ時に新型コロナウィルス騒動の直撃を受けた学習机メーカー各社も不安でいっぱいに違いありません。

そんな中、イトーキから新型デスクが投入されたというのは明るい話題だと思います。

※以下はすべて2020/03/18現在のイトーキオンラインショップ楽天市場店の税込価格

 

イトーキ・JAQ-F23

まさかこのタイミングで新型デスクが投入されるとは思いもしませんでした!しかも、イトーキからは今年度はもう新作デスクの投入はないと聞いていたので、良い意味で期待を裏切られた思いです(笑)

このたびイトーキから発売された新型デスクは2モデルあります。まず1台目は上写真の「JAQ-F23」。LEDデスクライト付きのベーシックデスクです。

天板はナラ突板、ベトナム製

JAQ-F23の天板はナラ突板で、引出し前板はMDF合板にダイレクト印刷を施したものとなっています。また、引出内部材は写真を見る限り白塗りの桐のようです。製造はベトナムということですから、品質はニトリで扱われているイトーキの「ロータイプデスクAPD-2」「ユニットデスクAUT-2」同等と思われます。

2020年度もニトリからイトーキとくろがね工作所の学習机が登場!
2019年度に引き続き2020年度もニトリからイトーキの「ロータイプデスクAPD-2」、「ユニットデスクAUT-2」、くろがね工作所の「学習机RP-NT20CD」が登場しました。しかし、APD-2は増税後も売価据え置きなのに対し、AUT-2とRP-NT20CDは10%以上の値上げです。

イトーキ独自の専用お片付けトレーは付いていますが、使い分けフックは装備していません。代わりに樹脂製フックが2ケ付属します。また、ワゴン最下段はフリーボックス型ではないようです。

デスクライトは付属していますが、調色機能付きの「L-77」のアンバーブラウン色は完売しているので、「ジュエルキュート」と同様に調色機能ナシではないかと思います。

ベースはJAQ-F9Qか?

JAQ-F23はその品番から、以前にナフコ21スタイルで扱われていた「アンティークデスクJAQ-F9Q」がベースになっているのではないかと思われます。上棚はハイタイプからロータイプになり、使い分けフックも装備されていないものの、天板の縁形状や脚の形状はよく似ています。

イトーキ製なのに激安すぎて死ぬ!「アンティークデスクJAQ-F9Q」
イトーキオンラインショップで販売されている学習机「アンティークデスクJAQ-F9Q」が激安すぎてヤバいです。2017年度にナフコで販売されていた型落ちアウトレット品とは言え、調色機能付きLEDデスクライト装備の天板はアルダー突板で、配送設置サービス付きで5万円を切るというのは反則でしょう。

JAQ-F9Qは天板がアルダー突板、引出内部材はファルカタ(洋桐)、LEDデスクライトは調色機能付きのL-77、おまけに上棚はハイタイプで、もっとも安いときは49,900円(消費税8%込)という激安価格でした。一方で、JAQ-F23はそれよりも劣るスペックで59,900円ですから、ちょっと割高感があるかもしれません。

しかしながら、在庫処分と新作デスクの価格を同じ物差しで計るわけにはいきません。ハイスペックでデスクライト無しの「リーモ・ベーシックタイプ」が税込69,900円であることを考えると妥当なところでしょう。

ちなみに、セットされている椅子はポルクのチェア(KM26-73SB)のようです。これと色が揃うなら、JAQ-F23は写真で見るより白っぽいのかもしれません。しかしながら、ナラ突板でポルクのような白っぽい色を出すのは難しいので、やっぱり写真通りの色なのかなという感じもします。

イトーキ・NUF-2VB

2台目の新作デスクは「NUF-2VB」。明らかに「ウットフォーク」に寄せたデザインのデスクです。こちらはデスクライトが付属しない代わりに書棚と小棚が付いて税込69,900円。天板はナラ突板、引出前板はたぶんラバーウッドに木目を印刷したもので、ベトナム製ということですから引出内部材は白塗りの桐じゃないかと思います。

ベースはNUF-18-VBか?

NUF-2VBも以前にナフコ21スタイルで扱われていた「学習机2点セットNUF-18-VB」がベースではないかと思います。NUF-18-VBの天板はラバーウッドに木目を印刷したものでデスクライト付き、それで79,800円(消費税8%込)でした。

ニトリ、シマホ、ナフコにも!イトーキ「ウットフォーク」の廉価版まとめ
イトーキの「ウットフォーク」の廉価版を一覧にまとめてみました。ナフコ21スタイルのNUF-18-VB、NUF-F19TN、島忠ホームズ、ファニチャードームのNUF-SH18VB、ニトリのAPD-1、AUT-1の5台について、簡単に仕様や価格の違いを比較しています。

一方のNUF-2VBは天板がナラ突板でデスクライト無し、他のスペックはほとんど一緒で税込69,900円ということですから、こちらも妥当な価格だと思います。

 

なお、JAQ-F23の天板サイズは幅100×奥行60cm、NUF-2VBは幅100×奥行55cmということですから、うまく住み分けられていると思います。上棚付きと小棚付き、デスクライト付きとデスクライト無しといった点でも、差別化できています。

特にJAQ-F23は男女ともにOKなデザインで、サイズも仕様もとてもベーシック。価格もデスクライト付きで税込59,900円。ネットで買うのは不安が付きまといますが、メーカー直営ショップで配送設置料も込みというのはとても安心感があるのではないでしょうか。

気になった方はまずニトリでAPD-2やAUT-2をチェックしてみましょう。

関連記事

【価格帯別おすすめ学習机2020】5万円台にはジュエルキュートが登場
2020年度の価格帯別おすすめ学習机の5万円台はイトーキの「ジュエルキュート・ベーシックデスク」に注目。数少ないホワイトデスクで、しかもLEDデスクライト付き。ほか、コイズミファニテックの「ODR-783WT」、「ワイズ」、ニトリの「ユニットデスク・メルシーR」もあります。
ニトリの「メルシーG」って本当におねだん以上?リーモ&レイクウッドと比較してみた
ニトリの「メルシーG・ロータイプデスク」は本当におねだん以上なのか?イトーキの「リーモ」とコイズミファニテックの「レイクウッド」と比較してみました。価格の違いは1.5~2万円程度ですが、LEDデスクライト、コンセントボックスなどの各種装備、材質やスライドレールを見れば、価格差は十分説明可能と思われます。
イトーキは2020年度も学習机の販売を継続!デジタル時代の購買行動の変化に対応
イトーキが学習机市場から撤退するというウワサがありましたが、2020年度も学習机の販売を継続することが分かりました。ただし、展示は一部の大型家具販売店に限られ、主戦場は公式オンラインショップでの販売になります。オリジナルランドセルの「クノーク」やそれに合わせたランドセルラックにも期待です。

コメント

  1. ゆき より:

    収納マン様、

    いつも楽しく記事拝見しています!

    我が家では、小2、年少の兄妹の為に学習机購入を検討しています。

    イトーキのウットフォークかスクリプトを考えていたところに、タイムリーにイトーキネタのブログアップだったので、思わず投稿してしまいました。

    引き出しの整理のしやすさ(ブログで勉強させていただきました!)とデザインに惹かれ、メーカーをイトーキに絞りこむところまでいきました。

    が、今年からオンライン販売一本に切り替えたというイトーキ・・・
    ネット上で確認できる個人さんのブログやtwitterなど隈なくチェックしてしまいましたが笑い、照明や角度によってかなり色味が違うように見え、どうしても購入にふみきれません。

    インテリアコーディネート的な質問になってしまい恐縮なのですが、アドバイスいただけないでしょうか。

    リビングダイニングでの設置を考えているので、既に購入してる他の家具(本棚、テレビ台)と合うかどうかを重視して選びたいです。家具の多くはナラ、オーク(無印のオークだったり、他の家具屋さんで買ったナラだったりですが、色味は大体同じ)です。ダイニングセットはメープルです。

    もしウットフォークの色がそこまで濃くなく、ほんの少しだけヴィンテージ感出してみました!という感じなら、デザインとサイズ感的にウットフォークが第一希望です。

    が、別メーカーさんのブロストを先日見に行ったのですが、思ったよりかなり色が濃く(ほぼウォルナット色)、イメージから大分かけ離れていました。ブロストが濃い色だったからといって、ウットフォークがそうとも限らないのですが・・・・

    スクリプトのトラッドナチュラルは色合わせ的には無難かなと思っています。

    ニトリのウットフォークもどきを見に行ってみたら、参考になるでしょうか(でも写真で見るだけでも、ニトリの方が本家ウットフォークより色がかなり濃く見えまして・・・)

    他の家具との相性を重視している我が家のような場合、実物を見れないのは辛いです!

    収納マン様ならどのように決断されますか?
    アドバイスいただけると嬉しいです。

    • 収納マン より:

      ゆきさま

      はじめまして^^

      本当に、イトーキの学習机は実物を見れないのが難点ですよねー。
      特に今回紹介した2モデルやニトリで扱われている2モデルは従来のイトーキのカタログモデルよりも品質管理が行き届いていないので不安が生じるところです。

      ウットフォークの色合いはコイズミファニテックのブロストとほぼ同じ色合いです。
      スクリプトのトラッドナチュラル色ならニトリのLBR色に近い感じで、無印良品のオークに近いと言えるのかなと思います。

      もちろん、ウットフォークとニトリのデスクでは産地などが違いますから塗装そのものも同じものではないはずです。
      木目によって印象が少し異なる場合もあります。

      それでも、写真だけで比較するよりは大いに参考になることは間違いありません^^

  2. ゆき より:

    収納マンさま、

    早速のお返事ありがとうございます。

    なるほど、ウットフォークはブロストとほぼ同じ色合いなんですね。。
    我が家の希望とはマッチしなさそうです。。えいやでポチッとしなくて良かったです!笑 ありがとうございます。

    スクリプトのトラッドナチュラルにしたいと思いますが、購入前にイメージを掴みにニトリにも行ってみようと思います!ありがとうございました。