『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

【リーモ・セレクト】イトーキの人気デスク「リーモ」と新型「コファーノ」が合体!

2016年度のイトーキの学習家具カタログからは前年度よりもベーシックデスクがかなり減りました。一方で島忠ホームズのオリジナルとしてリーモ・ベーシックタイプが登場したことは既にお伝えした通りです。

【関連】やっぱりあった!イトーキ・リーモ・ベーシックタイプが島忠ホームズ・オリジナルとして登場

そうしたら、そのページのコメント欄で読者のモモさんが、「イトーキの公式ショップにリーモがバラ売りされている」という情報を教えてくれました!



組み合わせればリーモ・ベーシックタイプも可能!

楽天市場もしくはYahoo!ショッピングのイトーキ公式ショップでは、「Leamo select(リーモ・セレクト)」として、リーモのベーシックタイプがバラ売りされたような状態で販売されています。逆に言うと、これらを組み合わせれば、リーモ・ベーシックタイプを再現可能なわけです。

  • デスク(100cm幅)…税込45,000円
  • 3段ワゴン…税込25,000円
  • 上棚…税込20,000円
  • LEDライト…税込18,000円

これら全部をセットにすると、税込108,000円。島忠ホームズでのリーモ・ベーシックタイプの価格は税込79,800円ですから、公式ショップとは言え、かなり割高となります。

また、この組み合わせですとコンセントボックスが付いていません。リーモ・ベーシックタイプは2015年度モデルなのでDC-5をセットすべきかと思いますが、写真を見る限り、2016年度改良型のDC-Sが取り付け可能なようです。DC-Sを取り付けた場合、合計で税込110,700円となります。そうすると、リーモのフリーワンタイプよりも価格が高くなってしまいます(苦笑)

 

コファーノの機能がリーモのデザインで!

リーモ・セレクトは単なるリーモのバラ売りではありませんでした。2016年度新型デスク「コファーノ」のお片付けラックのデザインがリーモになったバージョンも用意されているので、組み替えて使用することも可能なのです。「コファーノのような機能は欲しいけど、リーモのようなデザインだったら良かったのになー」と思っていた人がいれば、これは朗報ですね!

実際のところ、このお片付けラックとの組み替えレイアウトを見る限り、リーモ・セレクトのデスクは2015年度の同ベーシックタイプのそれとは微妙に仕様が異なるようです。2015年度のものは組み替えを前提とした設計になっていないはずだからです。ネジ穴の位置などが若干異なっていると思われます。コンセントボックスの取付け穴もおそらく2016年度仕様になっているのでしょう。

 

いやーそれにしてもリーモ・セレクト。衝撃的でした~。正直、もうちょっと手が届きやすい価格だったらありがたかったんですけど、取引先の販売店の手前、安くすることもできないのでしょう。

コファーノやリーモ・セレクトの販売が好調だったら、コイズミファニテックがステップアップデスクとスタディアップデスクをすべてのデザインで展開したように、イトーキもコファーノ仕様のラインナップを拡充したりするんでしょうか?これはちょっと楽しみですね。

コメント