『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

2020年度の堀田木工所は学習机の定価を下げて値引率も下げました!?

少子化と学習机の購入率低下に加え、学習机メーカーが頭を悩ませているのは物流費の増加と原料高です。中でも今年度はアルダー材が高騰しているという話をあちこちで聞きました。

アルダー材と言えば堀田木工所(hotta woody)です。堀田木工所にはメープル材のデスクもありますけど、基本的にはアルダー材がほとんどを占めますからね。

それで消費増税前とは言え、さすがに値上げもあり得るかもしれないと思っていたのですが、まさかの値下げに驚きました!

 

2020年度の堀田木工所は10%以上値下げ

先日公開された2020年度の堀田木工所のデジタルカタログを見ると、2019年度とあまり変わり映えしていません。もっとも、それはどこのメーカーも同じこと。私としては値上がりが気になって片っ端からチェックしたのですが、値上げどころか、ほとんどの商品が10%以上も値下がりしているのです!

アルダー材が値上がりしていることは間違いありませんから、何かしら仕様を変えない限りは値下げなんてできるはずがありません。しかし、品番が変わっている以外は仕様には変化がないように見えます。いったい、どういうことでしょうか?

不思議に思って某店のカタログを参照してみたところ、売価は逆にアップしていることが分かりました。この事実だけを以って断じることはできませんが、おそらく今回の値下げはカタログ表示価格(メーカー希望小売価格)を下げる一方で、販売店に卸す価格を実質的に上げたのだと思います。

以前にインテリアファブリック大手のサンゲツが「お求めやすい価格に値下げしました」というテレビCMを放映していましたが、結果的に販売価格はほぼ変わりませんでした。確かにメーカー希望小売価格は下がったものの、これまで4割引きが当たり前だったオーダーカーテンの価格を3割引きに変えただけだったからです。

今回の堀田木工所のスキームもまったく同じだと思います。それどころか、クレオ工業からの仕入れているデスクライトは20%引きになっているのに対し、デスクや書棚は多くが10~15%の値下げですから、卸率の上昇の度合いによっては実質的な値上げなのかもしれません。そのため、某店でも堀田木工所の学習机は値下げではなく値上がりとなっているのでしょう。

ともあれ、私は決してこれが消費者を欺く行為などとは思っていません。サンゲツの場合は事実と異なるCMで消費者を欺いた印象が強かったですが、堀田木工所の場合はこれまでの悪習だった二重価格を改めたという側面が大きいと思います。大いに結構なことではないでしょうか。

 

天板昇降式デスク「ムービー」がホワイトのみに

2020年度の堀田木工所は学習机のラインナップに大きな変更はありません。強いて変化があったと言えるとしたら、天板昇降式デスクの「ムービー」(上写真)からナチュラル色がなくなり、ホワイト色のみとなった点でしょうか。おそらくは天板昇降式デスクの人気がなくなったからだと思います。

ほか、システムベッドの「パーク」が廃番となる一方で、代わりに「トラック」という商品が登場しています。脚の一部が文机(ローデスク)として使えるようになっていることもムービーのナチュラル色を廃番にした理由のひとつなのかもしれません。

 

新型リビングデスク「マハロ」

堀田木工所「マハロ」カタログ

出典:堀田木工所

2020年度の堀田木工所は学習机カタログとは別というかたちで、「マハロ」 というリビングデスクを登場させています。これまでも堀田木工所には「ゲート」「リッツ」というリビングデスクがありましたが、やはりカリモク家具のボナシェルタやユーティリティプラスのような4本脚デスクのほうが人気ということでしょうか。

マハロのコンセプトはゲートやリッツに似ていて幅オーダータイプ。ただし、既製サイズはありません。また、奥行は40cmと60cmの2サイズが用意されています。

 

というわけで、2020年度の堀田木工所の学習机はカタログ表示価格が下がったからと言って店頭価格が下がるわけではなさそうなのでご注意ください。

しかし、堀田木工所は主力得意先のひとつであるファニチャードームが6店舗から2店舗に減るのが痛いですねー。一方で、島忠ホームズがファニチャードームに近い品揃えになってきているので、首都圏で販売を伸ばすチャンスとなるのかもしれません。

ともあれ、堀田木工所は現在ではカタログ外モデルのほうが圧倒的に多いので、そちらのほうも楽しみにしておきたいと思います。

関連記事

自然塗装(オイル仕上げ)の学習机を比較!杉工場&堀田木工所&飛騨産業ほか
自然塗装(オイル仕上げ)の学習机を比較してみました。杉工場、堀田木工所、キシル、一生紀、橋詰家具、飛騨産業の6社です。おそらく橋詰家具と飛騨産業は本来のオイルフィニッシュだと思いますが、ほかは価格を抑えるのが目的ですね。

コメント