『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

ヒットの予感!ヒカリサンデスク(光製作所)の学習机

ヒカリサンデスク光製作所の学習机のブランド名。
光製作所は東京都荒川区に本社を置く業務用および家庭用家具メーカーで、その組織形態は家具業界には珍しく、全国各地に販売子会社を置いている。家庭用では座椅子や籐(ラタン)家具などの和家具ジャンルが強い

ヒカリサンデスクの学習机は昔にテレビCMをやっていたことから年配の方には意外と知られた存在。2000年頃は高級学習机ブームに乗って割りと好調であったが、ここ数年は落ち目の感があった。2000年頃は高額な国産の浜本工芸に対し、中国製であるものの、ナラ、タモ、ニレを中心とした素材の良さから人気があったが、引出内部材のファルカタの質が悪く、またデザインも野暮ったいことから、相対的に評価が下がっていった。

しかしながら2013年度から引出内部材を質の良いものに変え、2014年度からデザインに力を入れ始め、2015年度はさらに磨きを掛けてブレークスルーの予感がある

ヒカリサンデスク2015カタログ

2015年度からカタログも大幅にイメージチェンジを図ってまるでアクタスのようになりました。さらに本体引出に仕切り板を設けるなど機能的にも良くなり、しばらく低迷したヒカリサンデスクが一気に復活するんじゃないかと個人的には思っています。

2015年度のカタログ表紙モデルになっているROYCE(ロイス)KEYUCA(ケユカ)のアロンに似たデザイン。ウォールナット色はウォールナット(クルミ)突板、ナチュラル色はナラ突板と素材が異なりますが、ともに硬い木の高級家具用材です。引出の持ち手にヌメ革を使用していることもデザイン的には特徴的と言えるでしょう。



PATINA(パティナ)
は一般的なキャスター付きワゴンではなく袖引出と本体が一体となったいわゆる片袖机。2015年度はイトーキもpulku(ポルク)という同じような形状のデスクを販売していますが、ノスタルジックな雰囲気がありますね。実際使用する上では机の移動が難しかったり拡張性が失われるなどデメリットが多いですが、デザイン面での評価は高いと思います。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など

  1. 佐佐木みちこ より:

    1973年(昭和48年)ヒカリサンデスクのTVコマーシャルソングがありましたね。
    とっても面白かったです。
       まぶたに浮かぶ  ヒカリサンデスク

            全体が演歌調でした。
     YouTubeででも聴きたいのですが・・・

    • 収納マン より:

      佐佐木みちこさま

      はじめまして^^

      わたくし1976年生まれなので見たことがないのですが…昔、学習机売場に立っているときに、おじいちゃん世代の方から「サンデスクって昔はCMやってたよねー」と声を掛けられることが多かったです。

      YouTubeには1975年のCM映像とターボレンジャーのものがありますね。
      1975年の映像は確かに演歌調ですね♪

  2. 加藤 より:

    1973年に流れたCMの方が、もっともっと演歌調でした。
    YouTubeで視聴したいのですが、流れるようにと願うばかりです。

    • 収納マン より:

      加藤さま

      はじめまして^^

      1973年!そんな昔のことを覚えてらっしゃるとは、よほどインパクトが強かったのでしょうね~。

      私は見たことがないのですが、店頭で接客をしていると「昔はね~」と教えてくれる人が何人もいたことが印象的です^^

      ※実名での投稿は差支えがあるかもしれないと思い、勝手ながら修正させていただきました。

  3. かずかず より:

    はじめまして。
    来年一年生になる女の子用の学習机探しを始めて、ACTUSのサークルシリーズに決まりかけておりましたが、とある家具屋さんでヒカリサンデスクのロイスシリーズ7点セットが格安で販売されていて心が揺れ始めました。
    ロイスはサイドの棚が低いので使い勝手が悪そうな事が気になり、購入には至っておりません。ACTUSサークルは完全にデザインだけで決まりかけていました笑

    ACTUSサークルデスク&シェルフか、ヒカリサンデスクロイスシリーズか、どちらがお勧めでしょうか?
    専門家様の目線で何かアドバイスいただけると助かります。
    どうぞ宜しくお願い致します。

    • 収納マン より:

      かずかずさま

      はじめまして^^

      アクタスのサークルかヒカリサンデスクのロイスでご検討中ですね。

      まず確認ですが、ロイスの7点セットというのは、デスク本体(100/120)、ワゴン、ブックスタンド、マグネットボード、ラック、チェア、電球型蛍光灯HL-340の組み合わせでしょうか?
      だとすると、それは2017年度以前のモデルですね。
      2018年度以降はラックがないので、普通は最大で6点セットとなります。

      もっとも、楽天市場でも家具のホンダはまだラックのナチュラル色のみ販売中ですので、ひょっとしたら一部店舗限定で取扱いがあるのかもしれません。
      しかしながら、普通に考えると4年間店頭に並んでいたものと考えられます。

      ヒカリサンデスクの場合、通常は25~30%引きくらいが相場です。
      ただややこしいことに、ロイスは2018年度から値下げしているんですよ。
      なので、前述の7点セットのデスク幅が120cmの場合、2017年度までは税別定価208,300円(ラックは同32,500円)。
      2020年度ならラックを除いた6点セットで同131,000円となります。

      2020年度の価格をベースに展示現品処分価格を考えるとしたら、7点セットで税別12~13万円くらいが目いっぱいというところでしょうか。

      一方で、サークルのデスク+ワゴン+ブックシェルフ+チェアの4点セットで税別205,000円ですか。
      セール時なら税込でも同じ値段になりますよね。

      そう考えると、点数が多くて価格が安いロイスは確かに魅力的です。
      ただし、展示処分品だとしたら、4年も展示してあるとしたら、状態はよく確認しないといけません。
      また、いくら割安であっても、不要なものがセットで付いてくるのであれば考えものです。

      さらに、ロイスは天板が突板ということもあって、サークルのオーク無垢に比べると軽い感じがすると思います。
      一般的にはサークルのほうがボリューム感があるでしょうね。

      あとは余計なお節介かもしれませんが、浜本工芸のNo.6000デスクユニットなら国産、ナラ無垢、UV塗装で、実売価ではサークルとほとんど変わらない価格になります。
      コスパを考えてサークルかロイスで悩まれるなら、No.6000デスクユニットは個人的にすごくオススメですよ^^

  4. かずかず より:

    早速のお返事有難うございます!
    ロイス7点セットはアウトレット商品のようで、とある家具屋でネット販売しているものを見つけた為、現物を見たわけではないのです。
    学習机難民になってしまい、選び疲れてしまっているところです(^-^;

    ロイスは送料入れても10万弱くらいの価格です。
    ACTUSのフルセットの金額と比較してみるとかなりお安いので、かなり揺れています…
    が、取っ手がヌメ革という事も子供が使う事を考えると、汚れや劣化で汚らしくなっていくのでは?と躊躇ポイントです。
    またデクスサイズが100なので、ラックを横に置いて拡張しないと狭いと思うのですが、そのように置いた場合、ラックが横向きになってしまい、使いにくそうだな、と思ってしまいました。そうなるとまた別にシェルフが必要になり買い足す必要が出てくるとなると、いくら最初にお安く購入したとしても本末転倒な気もしています。
    ロイスを実際に見た事がございましたら質感など教えていただけないでしょうか?
    リビング横の部屋に設置予定で、リビング家具をオーク無垢で揃えていることもあり、できれば学習机もオーク 無垢で、と考えておりましたが、もしロイスもオーク 無垢の感じとさほど相違ない感じでしたら、検討を続けようかと思います(^^;
    ちなみにACTUSサークルシリーズ、品質はどう思われますか?
    こちらは実店舗で実際に見ていますし、無垢の感じが我が家のインテリアにもマッチする気がします。ただ、お値段と品質が見合っているのか…というのは素人目線ではわかりませんでしたσ^_^;
    ACTUSは年間通して値段の変動がほとんどないようですので最終手段として考えています笑

    ご紹介いただいた浜本工芸のデスク、今週末に家具屋で確認してみたいと思います!貴重なご意見ありがとうございます!!大変助かります。

    長々と書き連ねてしまい、申し訳ございません。
    またアドバイスいただけると幸いです。宜しくお願い致します。

    • 収納マン より:

      かずかずさま

      なるほど、近所でたまたま展示現品処分のロイスを見つけたわけではなく、ネットショッピングの話だったんですね。
      それは城山家具Yahoo!ショッピング店で税込81,700円で販売しているもののことでしょうか?

      これは確かに安いです。
      しかも、展示現品ではなく数量限定の売り越し商品。
      この価格でこれだけのボリュームのものはまず他にありません。

      サークルと比較すれば確かにデスクの幅は狭いですが、現在は幅100cmのデスクが主流ですから決して狭くはありません。
      ただ、かずかずさんが心配されているようにラックを横に置くと使いにくいということはあるでしょう。

      それよりも困るのがイマドキLEDじゃなくて蛍光灯のデスクライトという点。
      もっとも、デスクライトはメルカリなどで売って代わりに別のLEDデスクライトを買えば良いだけですが^^;

      ヒカリサンデスクの質感は他社と比べるとかなり独特です。
      東京インテリア家具、島忠ホームズなどでご覧いただけますが、一言で言うと乾いた感じです。
      引出しを引くと軽くてカタカタいう感じで、レトロともチープとも言えなくもありません。
      また、引出し内部材の桐が黒ずんでいたりザラザラしていることもあります。

      私は全然キライじゃないんですけど、これはかなり好みが分かれるところです。
      ヒカリサンデスクの質感をまったく知らずに買うことはオススメしません。

      一方のサークルはまあ、値段相応ですかね。
      個人的には数年前よりも格段に品質が上がったと思うのですが、今もたまに指がちぎれるかと思うくらいスライドレールの固い引出しがあります^^;
      そうでなくとも、だいたい引出しが固いですね。
      使っているうちに馴染んでくるのかもしれませんが、他社にはない現象です。

      サークルが値段相応としたら、浜本工芸のNo.6000デスクユニットは安すぎるのでしょう。
      国産で中国製と値段が変わらないんですから、まあ異常ですよね^^;
      これは実際に引出しや天板をご覧いただくと、違いは誰でも分かると思います。

      できればヒカリサンデスクを扱っている家具店でご覧いただければと思うのですが、首都圏以外では取扱店が少ないのが難点です。
      お子さん一人につき一生に一度の買い物なので、あちこち足を運ばれて、是非じっくりご検討ください^^

  5. かずかず より:

    ご回答ありがとうございます(^^)

    そうです!そのサイトで見つけたのです。やはりこのボリュームでこの価格は安いのですね。
    蛍光灯はLEDのものに買い換える必要があると思いました。
    ヒカリサンデスクは独特の質感なのですね。「乾いた感じ」という一言で、少しイメージがつきました。
    天然木の重量感が目で見て伝わらない感じでしょうか??違っていたらすみません(^^;;
    実際に見ることができると良いのですが、実際に取り扱っている店が近くにないので、いくらお買い得とはいえ、イメージだけで購入するのは危険かもしれないですね…
    ちなみに専門家様の主観で構わないのですが、ACTUSサークルとはかけ離れたイメージでしょうか??

    また、夜な夜なこちらのブログを拝見していて、ヒカリサンデスクのロイスが、ケユカのアロンと似ているという内容を見て、ケユカアロンも検索して見てみたのですが、見た目がACTUSサークルデスクに似ている気がしました。実際はどうでしょうか?
    価格もACTUSサークルデスクに比べて良心的ですし、もし質感や色味が似ていれば、ケユカのアロンデスクと、ACTUSサークルのシェルフの組み合わせでいこうかな、とも思いはじめました。
    ACTUSのサークルはデザインが自分的にどストライクで、なかなか候補から外す事ができません(^_^;)

    またアドバイスいただけると助かります。宜しくお願い致します。

    • 収納マン より:

      かずかずさま

      ロイスは天然木と言っても突板ですからね。
      実際の重量も、見た目のボリューム感も、オーク無垢のサークルとはやっぱりちょっと違います。

      もっとも、一般的には突板よりも無垢のほうが高級とされますが、私は別に無垢至上主義ではありません^^;
      ボリューム感がないほうがかえって良い場合というのもあると思います。

      あと、ロイスの引出しはスライドレールなしで(ワゴン最下段除く)、外箱と内箱のすき間を多く取っているので、遊びが多くてカタカタと言い、「乾いた感じ」を与えるのだと思います。
      これは近いところで言うと、杉工場がそんな感じなのですが、材質も質感も違うのでまったく同一視はできません。

      …と、言葉ではいくら説明しても難しいので動画や写真を探してみたら、ロイスが発売された当時の同社「パティナ」の引出しの写真がありました。

      【参考】ヒカリサンデスク(光製作所)の学習机は2015年度、大きくブレイクスルー!?

      基本的にはロイスも同じ感じです。
      これを見るとかなりキレイに見えますが、一般的にはサークルのほうがキレイに見えると思います。

      話はちょっと変わって、ケユカのアロンは確かにサークルに似ていると言えますね。
      ただ、ぶっちゃけ、品質面ではアロンのほうが上です。

      いずれもオーク無垢ですが、アロンのほうが木目も塗装もキレイです。
      アロンは全段フルスライドレールですが、こちらは確実にスムーズに開閉できます。

      ただ、ケユカは近年配送料が急激に上がってしまって、「これだったらもうちょっと頑張って浜本工芸を買うよね?」という感じになってきてしまいました。

      やたらと私が浜本工芸を推しているように思われるかもしれませんが、まあ実際にサークル、ロイス、アロン、そしてNo.6000デスクユニットを実際に見て、触って、電卓を叩けば、分かっていただけると思います^^;

      • かずかず より:

        お忙しい中、ご返信有難うございました^_^
        ロイスはネットでも画像がほとんど探せず、教えていただいたパティナで検索してみした。
        なんとなく質感もわかりました。
        見ずに決めるリスクが大きいので、ロイスは除外する事にしました。

        ご質問ですが、ケユカアロンとACTUSサークルのシェルフを合わせると違和感ありますでしょうか?
        オーク無垢で丸脚ですし、なんとなく雰囲気は合うのかな、とも勝手に想像しているのですがσ^_^;

        ケユカは送料が高いのですね。。
        割引きキャンペーンなどあるんでしょうか?

        田舎で近くに店舗もありませんし、取扱店もなく、実物が見れないのはネックです。コロナがなければ県外に出て、実物を見たりしたかったのですが…
        大きな家具屋があまりない地域なのと、ナフコはありますが、やる気あるのですか(ToT)というくらい学習机の取扱店がほんとに少なくて(◞‸◟)
        かろうじて、唯一ある大きな家具屋さんに浜本工芸の取扱がありますので、連休中に見に行く予定です。

        田舎住まいですと、評論家様のような方の専門的な見解や意見をお聞きする事ができるこちらのブログは、大変貴重で有難いです。

        宜しくお願い致します。

        • 収納マン より:

          かずかずさま

          アロンのデスクにサークルのシェルフが合うかどうかについて、前回もご質問いただいていたのにすいません。
          ただこれは前回も申し上げたように、同じオーク無垢と言っても等級と塗装が違うので、合うと言えば合うし、合わないと言えば全然合わないのです。

          塗装が違うと言っても、これは色が違うという意味ではありません。
          いずれもウレタン塗装ですが、アロンは完全に木目を埋めたクローズ塗装、サークルは若干木目を感じられるセミオープン塗装です。
          また、木目もサークルのほうがちょっとワイルドだと思います。
          なので、これらの違いが許容できるかどうかは、完全に個人差があります。

          ところで、いまアクタスのホームページを見て驚いたのですが、サークルのシェルフが新しくなったのですね!
          これは私もまだ見ていないので、デスクと並べたときの違いは今のところイメージが湧かないです。

          ケユカは年に数回、キャンペーンやセールがあります。
          基本的にデスク+ワゴン+シェルフ+椅子のセットのキャンペーンで、購入金額が10万円以上などの条件が付く場合もありますが、ケユカで学習机を買うならそのときが狙い目です。
          ただ、配送料の問題もあり、最近はオンラインショップでは学習机を買えないようになっています。

          【参考】ケユカ2020サマーフェアは家具10%引き併用可能だが10%以上値上げ!

          田舎でナフコというと、西日本ですかね?
          ナフコに限らず西日本の家具屋は、学習机の展開が遅くて年明けになることも多いです。
          また、未だにカラーデスクや組み替え式デスク、いわゆる学習机っぽいものが多く並ぶ傾向にあります。

          まあいずれにせよ、学習机シーズンはまだ始まったところです。
          慌てずじっくりとご検討いただくのがよろしいかと思います^^

          • かずかず より:

            お世話になります。
            色々とアドバイスありがとうございます^_^
            今日ナフコに行きましたが、売れ筋ナンバー1ということでカラーデスクを紹介されました。我が子はこれがいい!と目を光らせていましたが…そそくさと立ち去り、大型家具店へ(^^;;
            残念ながらご紹介いただいた浜本工芸のNo.6000デスクは展示されていませんでした(*_*)
            販売員さんによると、ラインナップが出揃うのは11月くらいとの事でした。
            学習机売り場は、カラーデスクと組みかえデスクとアウトレット品が占領していて、目新しいものもなく、撃沈して帰宅したところです。

            色々な方のブログやインスタなどにも登場していて多数の画像も見ることが出来た事と評論家様も品質の良さを認めておられましたので、ケユカのアロンデスクとチェアに決めようと思っています。(送料1万ほどとの事です)
            ただ、シェルフはどうしてもACTUSのサークルシェルフにしたい希望がありまして、部屋の寸法上、L字に設置する予定なのですが、やはりアロンとACTUSシェルフの組み合わせは違和感あるでしょうか…??
            (個人的には、ガチャガチャした感じにならず統一感が出ればいいかなくらいの感覚です)
            ちなみに他に収納場所がない為、アロンのブックシェルフでは小さすぎるので、ACTUSシェルフくらいの大きなものを考えています。
            ちなみに添付画像はACTUSサークルシェルフの実物を撮ったものです。

            またご助言いただけると助かります。
            宜しくお願い致します。

          • かずかず より:

            色みはほぼほぼ画像の通りです。

          • 収納マン より:

            かずかずさま

            まあ、子供はやっぱりカラーデスクを喜びますよね^^;

            しかし、アロンの配送料が1万円ほどとは…。
            ちょっといくら何でも高すぎやしないかと思いますよね(+_+)

            一方、サークルのシェルフ、これはまた本当にオークなのかというくらいワイルドな木目ですね!
            まるで栓(せん)の木目のように見えます。

            ちなみにこれは、横揺れしないんでしょうか?
            棚板と側板の接合方法がすごく気になります。

            …って私が聞くのもおかしな話ですね^^;
            できれば今週か来週中にアクタスに行って実物を見たいと思います。

            また実際に見たうえで私なりの見解をご報告しますね^^

  6. かずかず より:

    カラーデスクと組み換えデスク、たしかに合理的で使いやすいのだろうなとは思いました。
    子供心を掴む色合い・デザインですし、大きな収納棚も全て付いていてあの価格帯ですので売れるのもわかります!

    アロンの配送料高いと思いました…(;_;)
    デスクと椅子なので仕方ないのかもしれないですが、商品はお安いのに残念です。

    ちなみに、アロンの椅子の方は品質的には良いものでしょうか?
    デスク選びにばかりに気がいって、椅子のリサーチは全くできてません(..)
    教えていただけると助かります。

    ACTUSサークルのシェルフ、ワイルド木目ですよね!
    可愛いデザインなのにワイルドな木目、というのが、なぜか私のハートをくすぐりました笑
    たしかに、見た目のデザインばかりに気を取られて、肝心の強度や構造などは全然気にしていませんでした…(*_*)
    目の付け所がやはりプロですね!

    ぜひ実物をご覧になった見解をお聞きしたいです!(*⁰▿⁰*)
    その際はまた宜しくお願い致します。

    • 収納マン より:

      かずかずさま

      アロンの椅子は耐久性などに問題はないですよ^^
      ただ、板座かPVC張りか、4本脚かキャスター付きかは、座り心地の好みやカーペットを敷く敷かないで変わってくると思います。
      机は決まったけど椅子が決まらなくて机の再検討をせざるを得なくなるというケースもあるので、できるだけトータルに考えてもらったほうが良いでしょう。

      ついでに、デスクライトも考えておいた方がベターだと思います。
      機能性重視でデスクライトを選んだ結果、デスクのデザインはどうでも良くなるということもあると思いますので^^;

      • かずかず より:

        おっしゃる通りトータルで考えないといけないですよね(*_*)
        椅子とデスクライトも完全に蚊帳の外でした…

        ちなみにこちらのブログでも高評価のコイズミビーノは、オーク突板との事ですが、やはりケユカアロンなどの無垢と比べると、見た目がチープな感じなのでしょうか?
        気になっていたので、先日ナフコと大型家具店に行った際に見たかったのですが、展示がありませんでした…
        しかも展示されるかどうかもわからないと言われました(;_;)
        ちなみに主人はビーノ推しです。木の質だけ妥協すれば全て網羅するから!との理由です(^-^;

        実際の感じは無垢感はなく、ツルツルした感じでしょうか?

        ご質問が多くて申し訳ありません。
        宜しくお願い致します。

      • かずかず より:

        追伸
        度々申し訳ございません(>_<)
        コイズミのWDスペシャルという学習机は実物を見る事ができたのですが、ビーノとWDスペシャルは同じような色と質感でしょうか?

        販売員さんは、たぶん同じ感じだと思います…(..)と少し自信なさげだったものですから…

        • 収納マン より:

          かずかずさま

          同じウレタン塗装であれば、基本的には無垢も突板も表面の質感は変わりません。
          違いが出るのは天板の場合、角や辺の部分です。

          無垢であれば、角や辺は削って丸みを出せますが、突板は基本的に同じように突板を貼ることになるので角張った感じになります。
          また、無垢なら天板の両端に剥ぎ合わせた木材が並んでいるのが分かりますが、突板は剥ぎ合わせたわけではないのでそのようなものは見られません。

          あと、無垢は板目(いため)といって年輪状の木目が見られる一方、突板は柾目(まさめ)という平行に走る木目が多くなりがちです。
          そのため、詳しい人ならすぐに見分けがつきますけど、一般の方なら見分けがつかないことも多いと思います。

          個人的にはビーノは浜本工芸の机と見紛うほど天板の質感が良いと思っています。
          なので、私はチープとはまったく思いません。

          一方、WDスペシャルの天板はビーノに比べると同じ突板のウレタン塗装でも木目を殺した塗装なのかなと感じます。
          木目を殺すとはつまり、完全に塗膜で道管を埋めてしまうということです。
          ビーノのほうがほんの少し木目が手で触っても感じられるように思います。

          なので、「ビーノで木の質を妥協」ということはないと思いますよ^^