『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

徹底比較!コイズミ「CDコンパクト」vsイトーキ「ジョイカラーネオ」

コイズミファニテック「CDコンパクト」vsイトーキ「ジョイカラーネオ」

近年は天然木を使った学習机の人気が高くなり、デザインも大人が使って差し支えないようなシンプルでスタイリッシュなものが多くなりました。

一方で、市場のボリュームゾーンはまだまだカラーデスクが多く占めます。地域や店舗によっては売場のほとんどをカラーデスクが占めるほどです。

デスク天板にMDF合板を使ったカラーデスクは価格を抑えやすく、カラフルなので子供も喜びます。天然木に対してMDF合板の学習机は、本革に対する合成皮革のランドセルのようなもので、保管や使用に際して心配が少ないというのもメリットです。

今回はそんなカラーデスクの2強、コイズミファニテックの「CDコンパクト」とイトーキの「ジョイカラーネオ」を徹底比較してみたいと思います。

 

コイズミファニテック・CDコンパクト

「カラーデスクNo.1」の呼び声が高いコイズミファニテックの「CDコンパクト」は、上棚ハイタイプの「CDファースト」と並んでカラーデスクの真打と言えるでしょう。結論を急ぐわけではありませんが、各社のカラーデスクの中ではもっとも装備が充実しています。

価格は楽天市場で税込62,600円から、家具販売店では7万円台が相場です(2018/02/15現在、以下同)。

 

イトーキ・ジョイカラーネオ

対するイトーキの「ジョイカラーネオ」。ジョイカラー自体は長らく続くブランドですが、2017年度は上棚ロータイプが姿を消し、2018年度に「ネオ」となって大幅リニューアルされました。CDコンパクトの10色展開に比べるとカラバリが少ない(4色)ものの、カラーリングが素敵です。

価格は楽天市場で税込69,800円から、家具販売店ではやはり7万円台が相場です。



スペック比較

CDコンパクトジョイカラーネオ
デスク奥行535→615mm520→650mm
フルスライドレール全段デスク本体+ワゴン最下段
引出し仕切りおかたづけキットお片付けトレー
デスクライト3段階調色機能あり調色機能なし
コンセント3+1つ口3+1つ口
デスクサイドランドセルハンガー+フック樹脂製フック
フォトフレームあり(orミラー)なし

CDコンパクトとジョイカラーネオの違いのある部分を一覧にしてみました。順番に見てまいりましょう。

ジョイカラーの天板奥行は13cm拡張可能

意外と見落としがちなのですが、CDコンパクトとジョイカラーネオの最大の違いはデスク本体の奥行にあると言えます。CDコンパクトは535mmから615mmに80mm拡張可能なのに対し、ジョイカラーネオは520mmから650mmに130mmも拡張可能です。

つまり、ジョイカラーネオのほうがよりコンパクトでより広く奥行を使えるという、一見矛盾したようなことをやってのけることができるのです。

CDコンパクトは全段フルスライドレール

次に引出しをチェックしてみましょう。CDコンパクトは引出し全段ともフルスライドレールを装備しています。一方のジョイカラーネオはデスク本体とワゴン最下段がフルスライドレールで、ワゴン上2段はシングルレールとなっています。

フルスライドレールなら引出しの奥まで引き出すことができます。一方で、ワゴンをフルスライドレールにすると、引出しの奥行が浅くなります。ですから、フルスライドレールのほうが一概に良いと言えるわけではありません。

ただ、そもそもCDコンパクトもジョイカラーネオもワゴン引出しの奥行が浅めなので、丈夫で変形しにくいフルスライドレールのほうがメリットが多いと言うこともできます。

イトーキのお片付けトレーは秀逸

CDコンパクトにもジョイカラーネオにもデスク本体引出しに仕切り板が付いています。しかし、収納のプロに言わせればイトーキのほうが優れていると思います。

CDコンパクトの「おかたづけキット」は「井」の字ようような構造になっており、仕切り板を外すことはできますが、仕切り板の位置を移動させることはできません。一方、ジョイカラーネオの「専用お片付けトレー」はボックスに可動仕切り板を備えた構造のため、文房具の大きさに合わせて仕切ることができます。

CDコンパクトは調色機能付きデスクライト

これは私も読者の方に教えていただくまで気付かなかったんですけど、実はジョイカラーネオに搭載されているLEDデスクライト(L-51ES)には調色機能が付いていません。他方、CDコンパクトに搭載されているSB-655/657(ECL-653)は3段階調色機能付きで50%調光機能も付いています。

2018年度はニトリの「くみあわせですくデラックス」ですら調色機能を搭載しましたから、これはジョイカラーネオも2019年度は調色機能を搭載せざるを得ないでしょう。

イトーキはプラグが邪魔にならない

CDコンパクトもジョイカラーネオもコンセントボックスは「3つ口+灯具用1口」です。

しかし、ジョイカラーのほうは前後方向にプラグを挿し込むようになっているので、プラグが出っ張って収納スペースを減らすことがありません。正面からのほうがプラグを抜き差ししやすいというメリットもあります。

コイズミのランドセルハンガーは秀逸

イトーキの他のモデルに付いている「使い分けフック」は秀逸なんですけど、ジョイカラーネオには樹脂製フック2個しか付いていません。一方、CDコンパクトにはランドセルハンガーとカバンフックが1つずつ付いています。

このランドセルハンガーが秀逸です。まだ動きがぎこちなく力もない小学1年生が、重いランドセルを小さなフックに掛けるのは至難の業です。しかし、コイズミファニテックのランドセルハンガーなら肩紐を掛けてから中央のフックに掛ければ良いので、小学1年生でも楽に掛けられます。

 

以上、見てきました通り、CDコンパクトとジョイカラーネオはいずれも甲乙つけがたいほどです。それぞれ非常によく考えて作られており、その良し悪しを一言で語ることはできません。

こうしてCDコンパクトとジョイカラーネオをじっくり観察すると、それらよりも価格の安いカラーデスクとの違いもお分かりいただけると思います。決して大手メーカーだから高価なのではなく、やはり細部に渡ってコストを掛けているのです。

CDコンパクトやジョイカラーネオには姉妹商品や派生モデルもいくつかあります。悩んだらそれらを検討してみるのも良いのではないでしょうか。

 

【関連記事】

コメント