唯一変わったのは、ビギンの可動棚――キツツキノツクエ2019Max

キツツキノツクエ2019学習家具カタログ

世間では新しい「iPhone(アイフォーン)」が発売されて盛り上がっています。ほとんど変わっていないとか、価格が高すぎるとかボロクソに言われつつも注目されているのですから、学習家具業界から見たら羨ましい限りです。

最新の「iPhone XS Max」512GBモデルSIMフリー版で税込18万円弱。これで一生使えるならともかく、私が最初に買ったiPhone3Gのように2年も経たずに壊れてしまっては目も当てられません。それに比べたら、国産で一生使える耐久性を備えたキツツキノツクエ(飛騨産業の学習机)はめちゃぐちゃ安いと思います。

唯一変わったのは、ビギンの可動棚

さて、2019年度の飛騨産業はカタログこそ発行されましたが、中身は2018年度と比べてほとんど変わりません。業界紙を眺めても、本当に何ひとつ変化がなかったようです。そこで目を皿にして新旧カタログを比較した結果、唯一変わったのはビギンの可動棚(MB609R・上写真)が廃番になったことくらいでした。

私が知る限り、ビギンのラインナップにずーっと存在した可動棚が、一体なぜこのタイミングで廃番になったのか不思議ではありますが、それ以外に変化がなかったことをむしろ喜ぶべきなのでしょうか。



「カンブリア宮殿」放映効果はナシ

飛騨産業と言えば昨年11月にテレビ東京系「カンブリア宮殿」で取り上げられたことで話題になりました。

一昨日の11月30日にテレビ東京系で放映された「カンブリア宮殿」、ご覧になりましたか? 当日、私は友人から「カンブリア宮殿で家具メーカ...

その影響が学習机の販売にも良い影響を及ぼしているかについていくつかの販売店で聞いて回ったところ、総じて「リビングダイニングの売上は上がったが学習机は蚊帳の外」という反応でした(苦笑)また、「デザインや質感は素晴らしいが子供が使うものとしては実用的とは言えない」という印象が多数を占めるようで、それには妙に納得してしまいました。

それでも、飛騨産業はマイペースを貫いているのが素晴らしいと私は思います。私が飛騨産業の社長だったら、もっと実用性の高いデザインに変えたり、売上が伸びないならラインナップを減らすなどして、結果的に競合他社製品との差別化要素がなくなり、市場から駆逐されていることでしょう(苦笑)

飛騨産業の学習机は独自の価値観でデザインされていて、何も変えないからこそ一部の消費者から強い支持を得ているのだと思います。これからも、その独自のスタンスを貫いて欲しいものですね。

なお、2019年度の飛騨産業の学習机はもちろん前年度と比べて価格にも変更はありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

コメント

  1. 田中 より:

    収納マン様
    *************** 田中と申します。
    収納マン様の学習机に対する情熱と知識に驚き且つ
    驚きを感じています。是非当店にも足を運んでいただき
    教えていただけたらと考えております。
    もしよろしければ、ご返信お待ちしております。

    • 収納マン より:

      田中さま

      はじめまして^^
      ご連絡ありがとうございます。

      メールにてご返信申し上げたのですが送信できなかったようです。
      宛先が携帯メールだったのでブロックされてしまったのかもしれません。

      恐れ入りますが、設定をご確認の上、info@cbex-interior.comまでメールいただくか、0721-53-7564までお電話いただければ幸いです。
      どうぞよろしくお願いします。

      ※勝手ながらお名前と店名は伏せさせていただきました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク