次世代ですかい!エコリカ「有機ELデスクライトEELM-SKY100-W」発売

現在、デスクライトの光源はLED(=Light Emitting Diode=発光ダイオード)が主流となっています。白熱灯や蛍光灯に比べて消費電力が少なく、熱を発せず、目に有害な紫外線が少ないことから、コスト低減とともに一気に普及しました。

しかしながら、良いことばかりでもありません。蛍光灯などと比べて光が拡散せず直線的で、目に突き刺さるような感じがする場合があります。また、ブルーライトの悪影響を心配する声や、自然な光ではないという指摘も一部ではあります。

その点、興和の「ルピナスEK263-WH2」などが採用している面発光は実に素晴らしいです。LEDを反射させた疑似的な面発光とは言え、光が目に突き刺さるような印象がありません。

とは言え、所詮は「なんちゃって面発光」です。本当の面発光は近い将来、有機ELが普及するまでお預けと言われていました。しかし、LEDに代わる「次世代」が早くも到来したのです!

エコリカ・有機ELデスクライトEELM-SKY100-W

エコリカ・OLED SKY 次世代照明有機ELデスクライト EELM-SKY100-W

おそらく非業務用としては初めて市販化された有機ELデスクライトではないでしょうか。エコリカの「OLED SKY 有機ELデスクライトEELM-SKY100-W」(上写真)、偶然、ヤマダ電機の店頭に並んだところで出会いました。

まだプライスカードすら貼られていなくて、スマホで調べてみたら5万円以上の価格が付いていました。あとでヤマダ電機の店員に聞いてもやはり同じくらいの価格で、さすがに高いなーと妙に納得。その割りにシェードはスチール板を曲げただけ、アームはまったく動かずで、高級感はありません。



iPhoneXにも採用された「有機EL」とは?

「そもそも有機ELって何なの?」という疑問をお持ちの方も多いと思います。そこで、有機ELについて簡単に説明しましょう。

有機ELはアップルのiPhone Xに採用されたことでも話題になりました。2019年にはiPhoneの全モデルで有機ELが採用されるというウワサもあり、なんとなく良さそうだという印象を持つ人が多いのではないでしょうか。

今後、スマホやテレビの画面として続々と採用される有機ELパネルは、液晶パネルと比べて非常に薄くすることができ、容易に曲げることも可能で、黒色の再現性が高いというのも大きなメリットです。液晶パネルの場合はLEDのバックライトが必要ですが、有機ELはそれ自体が発光するんですね。

学習用デスクライトでは消費電力が小さなLEDをたくさん使っていますが、有機ELならさらに微小な光源を一面に配置することでさらに優しい光を実現することが可能になると目されています。ただ、ゆくゆくはコスト低減が見込めるものの、現在はまだ量産体制が確立されたとは言い難い状況であるため、今のところはまだ価格面がネックとなっています。

やさしい光だがデスクライトとしては暗い

エコリカ・OLED SKY 次世代照明有機ELデスクライト EELM-SKY100-W

エコリカの有機ELデスクライトの説明でもやはり、「点ではなく面で発光する」という点が特徴として挙げられています。それに加えて、一般的なLEDに比べてブルーライトが少なく、自然光に近いことがメリットとして挙げられています。

正直、実物を見てもブルーライトが少ないという点は実感できませんでしたが、確かに光が均一で目への負担感も少ないです。照明器具というよりは、薄くて細長いタブレット端末のディスプレイみたいな印象でした。

ただ、そもそもデスクライトとしてのスペックはかなり低いと言わざるを得ません。調光機能が付いており、光束は95~500ルーメンまで調光可能ですが、500ルーメンって言ったらコイズミファニテックの「コンパクトアームライトECL-335NA」よりも暗いです。

また、色温度は4000ケルビンで、良く言えば電球色寄りでややリラックスできる明かり、悪く言えばもうちょっと白っぽいほうが勉強には良いんじゃないかなという印象です。

平均演色評価数はRa90と高めなので、色の再現性は高く、お絵描きをするには悪くなさそうなんですけどね。読み書きを中心にするには物足りないと言わざるを得ません。

ちなみに、エコリカはインクジェットプリンター用のリサイクルインクカートリッジでお馴染みのメーカーです。その会社がデスクライトを作っている理由については不明ですが、店舗やオフィス向けの有機EL照明については既に実績があり、今回、一般ユーザー向けの商品としてデスクライトの発売に踏み切ったようです。

価格はまだまだ高価で、学習用としてもまだ実力不足ではあるものの、この数年で一気にLEDデスクライトが普及したように、有機ELデスクライトもこれから10年くらいで徐々に普及していくかもしれません。まだかなり先のことですが、楽しみですね!

【関連記事】

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

スポンサードリンク
スポンサードリンク