『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

2020年度も攻める攻める!大商産業(金次郎デスク)の学習机

大商産業2020年度学習机カタログ

2019年度は各社の学習机カタログの発行が遅くて焦れましたが、2020年度は早いですねー。もう大商産業のカタログをゲットすることができました。

「どうせ中身は昨年度と同じでしょ?だから早いんでしょ?」などと思うことなかれ。これが結構、いろいろ変わってるんですよー。

 

主力の3Dデスクはワゴン取っ手にカラープレート

※上写真は2019年度モデルの「MWD-519」

まず大商産業の主力モデルである3Dデスク「MWD-519」改め「MWD-520」は、ワゴン取っ手にリバーシブルのカラープレートが付きました。

ワゴン前板にカラープレートが付くことで実質的にカラーバリエーションが倍増するというわけですね。これはパッと見た感じでは気付きにくいところですが、お子様方は喜ぶんじゃないでしょうか。



上棚ハイタイプ消滅→別売オプション対応に

大商産業の学習机と言えば、金次郎デスクブランドの3Dデスク=組み替え式デスクです。なので当然、上棚ロータイプとハイタイプがあるというイメージですが、2020年度は上棚ハイタイプがカタログから消滅してしまいました。

その代わりに、前述の「MWD-520」に別売オプションHI棚「HWDS」をセットすると上棚ハイタイプになるという仕様に。これはなかなかよく考えたなーと思います。

しかし、組み替え式デスクがメインという印象の強い大商産業から事実上ハイタイプが消えるとは、それほどまでにハイタイプの人気が少なくなってきていたのですねー。

 

既視感のあるデスクが続々登場!

そのほか、既視感のあるデザインのデスクが新商品として続々登場しています。まだネットショップでは扱われていないので写真がないんですけど、実は既にPDFカタログが大商産業のホームページにアップされていますので、よろしければそちらをご覧ください。

カタログ
閲覧したいカタログをクリックして下さい。      総合カタログ2018-19 学習デスク2019   総合カタログ2019-20 学習デスク2020 PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader が必要です。お持ちでない

鏡面塗装のホワイト系デスク「MHS-520」とか、男子の人気を集めそうなブラック系の「MWS-520」とか、なんだか今更な感じもしますけど、ガチのカラーデスクが減る一方の昨今にあってはありがたい限りですねー。

あとはブルックリンテイストの「JDD-200」「JUD-200」など。ポスト「ウットフォーク」を巡る競争は激しさを増しそうです。

 

大手メーカーはどこも元気がない中で、大商産業はどこからそんな元気が湧いてくるのかというくらい精力的に新作デスクを投入してきますね。決して楽な戦いではないと思いますが、市場の二極化で案外、大手メーカーの中価格帯からシェアを奪っているのかもしれません。

大商産業のデスクは多くの家具販売店にとってニトリに対抗できる商材として重宝されています。私としても、価格の割りには品質が安定している大商産業のデスクはオススメしやすいです。最近はネットで写真映えだけ立派なデスクが横行しているので、大商産業にはますます頑張ってもらいたいものですねー。

コメント

  1. カープ女子 より:

    初めて耳にするメーカーですが、販売店などで直接みることは可能なのでしょうか?
    さいたま市緑区です。近くにホームセンターなどは色々あります。
    やはり実物を見てみないと買えないタイプでして。。。

    因みに店舗で見てネットで買う、という方もいらっしゃるかと思いますが、収納マンさんのオススメの買い方はありますか?

    それと、必要に迫られ、九月中に子供部屋を完成させたいのですが、学習机はすぐにお届けしてもらえるものなのでしょうか?因みに最寄りのニトリ店舗ではこの時期は学習机は少なくて、カタログも特になく、10月くらいに色々と出始めるとか言われたのですが、、、。
    各社どうなのでしょうか?
    初歩的質問ですいませんが、宜しくお願いします。

    • 収納マン より:

      カープ女子さま

      大商産業はマイナーですからご存知でないのは無理もないでしょう^^

      以前に私が大宮に行ったときは、大川家具で扱っていました。
      島忠でもたぶん扱っているはずです。

      【参考】Oh!さいたま!大川家具大宮店と島忠大宮本店に学習机を見に行ってきました

      学習机の買い方についてですが、私は地元の家具店で買うのが一番良いと思っています。
      その理由は、配送トラブルがもっとも少ないからです。
      逆に言うと、ネットショップで買った場合は、本当に家具の組み立てをしたことがあるのか心配になるような兄ちゃんが来て案の定なにかしらミスをしてくれたり、玄関届けの場合は重いダンボールの始末に困ったりするからです。

      ただ、ネットで買ったほうが安いということも事実ですし、地元で選択肢が少ない場合はネットで買うより他ない場合もあります。
      実際のところ、私もバランスチェアや二段ベッドはネットで買いました。
      ともあれ、ネットで買うにしても、基本的には実店舗を見て回ることを強くオススメします。

      あと、いまメーカーは9月半ばに展示用商品を作る段取りで動いているので、基本的に2019年モデル、もしくは通年モデルで在庫のある商品しか間に合わないと思います。
      ニトリは年度ごとに売り切りが原則なので、在庫はほとんどないでしょう。
      イトーキ、くろがね工作所、オカムラは、公式ネットショップで在庫ありとなっているものなら、すぐに出荷できると思います。
      大手メーカーの2020年度モデルの出荷はだいたい10月以降でしょうね。
      ちなみに、国産メーカーは小ロットなので在庫があればすぐ、受注生産の場合は2週間~1ヶ月後くらいの納期になると思います。