『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

学習机評論家が選んだ!ベスト・オブ・学習机2020

学習机評論家が選んだ!ベスト・オブ・学習机2020

いま巷では新型コロナウイルスの話題で持ちきりです。ウチの子が通う小学校や中学校も3月半ばまで休校ですが、未就学児を抱えるご家庭ではお子さんの健康状態はもちろん、休園や、その際に仕事を休めるかどうかに至るまで、不安でいっぱいだと思います。

卒園式ができるかどうかも分からない状態では、入学式の準備どころではないでしょう。ましてや学習机なんて急ぎもしないものなんて後回しにせざるを得ません。

そういう事情を完全に無視してマイペースで進めるつもりではないのですが、毎年恒例の「ベスト・オブ・学習机2020」を今年も発表して参りたいと思います。例年通り、「新型」を対象に、わたくし学習机評論家が独断と偏見に基づいて選出しました。

※すべて2020/02/28現在の税込価格

 

ウィドゥスタイル・セレクト

まずは学習机市場に復帰を果たしたウィドゥスタイルの「セレクト」でございます。その名の通り、デスクの幅は3サイズ、脚は3タイプ、カラーは3色からセレクトできるというコンセプトのデスクです。

セレクトの何が素晴らしいかと言うと、一番は浜本工芸に負けず劣らず引出しが堅牢であること。もちろん国産デスクほど丁寧な作りとは言えませんが、コスパを考えると十分な仕上がりです。また、天板はタモ突板のセラウッド塗装で、質感が良いだけでなくキズや汚れや熱にも強いので安心して子供に使わせることができます。リフティングワゴンが用意されている点もグッドです。

強いて残念な点を挙げれば取扱店が少ないところ。ウィドゥスタイルの家具を扱っている家具店はそれほど少なくないはずですし、イトーキが消えたあとを埋めるには最適だったはずですが、売場ではほとんど見かけませんでした。ベストオブ学習机にセレクトされたことで、来年は取扱いが広がれば良いですねー。

キタ━(゚∀゚)━ッ!ウィドゥスタイル「セレクト」&「イーゼルC2」
ウィドゥスタイル(旧・大塚家具製造販売)から2020年度新作学習机「セレクト」と「イーゼルC2」が発売されました。セレクトは3サイズ、3カラー、3つの脚タイプから選べるのが魅力。イーゼルC2は天板上に埋め込まれたコンセントが健在。

コイズミファニテック・ブロスト

お次はコイズミファニテックの「ブロスト」。イトーキの「ウットフォーク」の二番煎じと考えると存在意義は薄いのですが、ウットフォークが売場から消えたんですから必要な存在です。

しかも、ブロストはウットフォークと仕様がほとんど変わらないにもかかわらず価格が手頃です。楽天市場ではデスク+ワゴン+ブリッジ+デスクライト(ECL-612)の4点セットで税込81,600円くらいから、店頭では同じく9~10万円くらいでしょうか。ウットフォークよりもデスクライト1つ分くらい安い印象です。

ウットフォークはインスタグラムでもチラホラ見かけます。やはり見た目が映えるんでしょうねー。もちろん、決して見た目だけに偏っているのではなく、品質面でも安心感があります。

ウットフォークに似て男前!ブルックリンスタイルの学習机をまとめてみた
イトーキの「ウットフォーク」に似て男前なブルックリンスタイルの学習机をまとめてみました。コイズミファニテック「ブロスト」、ヒカリサンデスク「サンビジョン」、島忠ホームズ×くろがね工作所「ヴィンテ」、大商産業「JD-200」。

 

浜本工芸・令和プレミアムデスク

浜本工芸・令和プレミアムデスク

浜本工芸からは今年度「No.49デスク」が新作として登場しましたが、個人的にはそれよりもNo.09デスクのプレミアム仕様「令和プレミアムデスク」が素晴らしいと感じました。

何よりナラ本来の色に限りなく近いプレミアムオーク色が素晴らしいです。浜本工芸のほかの家具とは色を統一することはできないものの、頬ずりしたくなるほどウットリする出来栄えです。

ただ、200台なんてすぐに売り切れると思ってましたが、さすがに価格がプレミアムだからか年内に「展示品限り」の表示を見ることはありませんでしたね。売れるからと言ってまさか限定数以上に生産したわけではないですよね?(笑)ともあれ、新しいことにチャレンジしている姿勢が素晴らしいと思います。

浜本工芸2020新作デスクを見てきました→「令和プレミアム」に仰天!
浜本工芸の大阪ショールームで2020年度の新作デスクを見てきました。注目は「令和プレミアムデスク」。No.09デスクの最高級仕様で、引出し内部材までナラ、塗装色も原木に近くなっています。メラミン天板がスライドする「No.49デスク」も注目です。

 

「ベスト・オブ・学習机2020」に選出されたものは以上の3モデルのみです。いかんせん新作デスクが少なくて困ってしまいます。

カリモク家具の「パーチャー」やコイズミファニテックの「ファリス」も面白いと思うのですが、斬新すぎて私にはちょっと評価できませんでした。学習机に対するニーズが多様化していることを考えると需要はあると考えられるものの、もう少し世間の評価をうかがいたいと思います。

というわけで、いまいちテンションが上がりきらない「ベスト・オブ・学習机2020」でしたが、定番デスクも含めて是非各ご家庭のベストオブ学習机を選んでいただければと思います!

関連記事

カリモク家具から新作デスク「Parture(パーチャー)」誕生
カリモク家具から新作デスク「Parture(パーチャー)」が誕生しました。”壁で完全に仕切るのではなく、家具で緩く仕切ることで自分の居場所を確保しながら、周りには適度な距離を保つことで孤立しない”パーテーションにもなる学習机です。幅は2サイズ、パーテーションデスクに別売のバックテーブルをセットすることで両面デスクとしても使えます。
コイズミ2020学習机カタログ公開!新作「ファリス」&「ブロスト」分析
コイズミファニテックの2020年度の学習家具デジタルカタログが公開されました。新作デスクの「ファリス」はビーノやルトラと比較して割高感があります。また、「ブロスト」はイトーキのウットフォークに比べると安いですが機能的にはシンプルです。
学習机評論家が選んだ!ベスト・オブ・学習机2019
学習机評論家が選んだ「ベスト・オブ・学習机2019」を発表します。今年度は浜本工芸「No.90デスク」、オカムラ「ラトリオ」、ニトリ×イトーキ「ユニットデスクAUT-1」、コイズミファニテック「レイクウッド・ベーシックデスク」、無印良品「オーク無垢材デスク(引出・足元棚付)」が受賞。
学習机評論家が選んだ!ベスト・オブ・学習机2018
学習机評論家が選んだ「ベスト・オブ・学習机2018」は、たなとつくえの「ミニマ」、ナフコ21スタイル×イトーキの「学習机3点セットNUF-18-VB」(島忠ホームズ「ウットフォークS(NUF-S18-VB)」)、コイズミファニテックの「ルトラ」、浜本工芸の「No.28デスク」が受賞となりました。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など