【謹告】「amazon×学習机評論家オリジナル学習机」発売のお知らせ

amazon×学習机評論家オリジナル学習机

かねてより、オリジナルの学習机を発売したいと考えておりました収納マンの夢が、ようやく叶いました。

この度、「amazon×学習机評論家オリジナル学習机」を発売することとなりましたので、謹んでご報告申し上げます。

究極のエコ学習机!

amazon×学習机評論家オリジナル学習机

エコを謳った学習机はたくさんあれど、「amazon×学習机評論家オリジナル学習机」ほどエコなデスクは存在しないでしょう。このオリジナル学習机は、100%再生紙でできています。

日本国内で流通しているamazonダンボールを贅沢に使用。他社のダンボールは一切使用しておりません。

ダンボールを再利用しているだけでなく、不要になった場合は資源ゴミとしてリサイクルすることができます。

まさに究極のエコ!「amazon×学習机評論家オリジナル学習机」は現代のサステイナブル社会にマッチした環境重視の学習机なのです。

接着には「ご飯粒」を使用

接着には「ご飯粒」を使用

究極のエコを標榜する「amazon×学習机評論家オリジナル学習机」は、細部まで健康と安全を追求しました。学習机に一般的に使用される接着剤を一切使わず、ダンボールの接着にはご飯粒を使用しています。

ご飯粒にもこだわり抜き、粘りが強いとされる会津産のコシヒカリを使用。もちろんこちらもamazonで調達しています。

さらに、こちらは無洗米です。生活排水を減らし、環境を害しないようにしました。

なお、残ったご飯粒はスタッフが美味しくいただきました。



お子様が使いやすい「Cライン脚」&「ブリッジ上棚」

お子様が使いやすい「Cライン脚」&「ブリッジ上棚」

「amazon×学習机評論家オリジナル学習机」はもちろん、お子様にとって使いやすい仕様を追求しています。脚はお子様が椅子を引かなくても横から座りやすい「Cライン脚」、上棚は天板が広く使える「ブリッジ型」を採用しています。

ワゴン天板は敢えて昇降式とはせず、シンプルで長く使えるデザインを追求しました。天板サイズは幅100×奥行65cmで、必要十分にして受験勉強にも最適なサイズとなっております。

しかも、全体がダンボールでできているので大変軽く、お子様でも楽に持ち運びができます。リビングダイニングから子供部屋への移動も楽々です。

末永くお使いいただくために…

水濡れ注意

「amazon×学習机評論家オリジナル学習机」をご使用の際は、以下の点にご注意ください。

  • ダンボールの素材感を大切にするため無塗装で仕上げております。ダンボールは水気に弱いため、飲み物などをこぼしたり、寝ながらヨダレを垂らさないようにご注意ください。
  • 湿気の強い場所への設置はご遠慮ください。本品が濡れた場合、カビが発生することがあります。また、「G」の住処になる可能性がありますので、ご注意ください。
  • 室内が乾燥している場合、よく燃えます。寝タバコは絶対にしないでください。

なお、「amazon×学習机評論家オリジナル学習机」の発売日および価格は現在のところ未定です。Amazon.co.jpへのお問い合わせはご遠慮ください。

※この記事はエイプリルフールに合わせたネタ記事です。事実とは異なりますので、あしからずご容赦ください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

  1. タケタケ より:

    収納マンさま

    こんにちは。ご無沙汰しております。
    今更なのですけど、この記事…一瞬本気にしましたよ!?
    段ボールじゃあ引き出しの耐久性皆無だよなあと、悩んでましたし(^^

    しかし、こういうデザインの机欲しいですね~。
    オカムラさんの「ピエルナ ノワイエ」が一番近いですかね?
    我が家はとうとう、今年度が勝負の年になりました。
    ダメだったら、次は3年後とかになりそうです(^^ゞ
    2018年のシーズンが始まるのを楽しみに待っています。

    • 収納マン より:

      タケタケさま

      おひさしぶりです^^

      え。この記事、一瞬でも本気にされましたか…!?

      でも、”こういうデザインの机欲しい”って言ってもらえるとすごくうれしいですねー。
      このダンボール製デスクももちろん私が素直に欲しいと思えるデザインに仕上げたつもりなんですけど、どうもメーカーさんはそのようには思ってくれないようなんですね。

      2018年度の学習机シーズンが始まるのは私もすごく楽しみです!
      このデザインではありませんが、エッジの効いた学習机評論家オリジナルのデスクが登場するかもしれないことを楽しみにしていただければと思います^^