2021年度シーズン記事更新終了のお知らせと2022年度に向けて

満開の桜@大阪府河内長野市某所

今年も桜が咲き誇る季節になりました。私の地元でもあちこちでソメイヨシノが満開です。しばらくすれば枝垂桜と八重桜も咲きますから、当面は桜を愛でることができます。ちなみに上の写真は歴代興行収入1位に輝いた映画「鬼滅の刃」と同時期に公開されていた「鬼ガール」のロケ地であります。

それはさておき。学習机と入学シーズンを結びつけるのはもう時代錯誤かもしれませんが、読者の皆様におかれましてはもうすぐ入学式という方が多いと思います。

改めまして、ご入学おめでとうございます!コロナ禍でいろいろ大変な時期ではありますが、そんな不安を吹き飛ばすくらいに希望に満ち溢れていることでしょう。

大変だったこともいつかきっと笑って話せるときが来るはず。そう信じて、お子さんの成長を見守ってあげてください。

 

2021年度の記事更新は一旦打ち止め

コロナ禍の影響を受けた昨年はともかく、例年ならばだいたい3月で学習机商戦が落ち着き、5月の新作デスク発表会までは特に目新しい情報が入って来ません。なので、だらだらと内容に乏しい記事をアップすることは避けて、次のシーズンに備えたいと思います。

なお、例年であればここで今シーズンの総括をするところですが、2021年度はコロナ禍で実態がほとんど掴めなかったので、無理矢理まとめるのはやめておきます。また、次年度の展望についても、基となる今年度の実態が分からないので差し控えたいと思います。

ご相談は随時受付中

新しい記事の公開はしばらくお休みさせていただきますが、その間も内容のアップデートは随時おこなってまいります。また、コメント欄でのご相談も今までと変わらず対応させていただきます。

ここでひとつお願い。ご相談の際はできるだけ関連する記事のページにコメントをご記入いただくようにお願いします。たとえばニトリのメルシーRの購入を検討されている場合は、主にメルシーRについて書かれているページのコメント欄にご記入いただきたいということです。そうしていただけると、同様の悩みをお持ちの方にもお役立ていただけるからです。私としても同じような質問に何度も回答する必要がなくなってとても助かります。

 

本当にこの1年は学習机市場の実態がよく分かりませんでした。新作デスクの発表会はないし、メーカーの方にお話をうかがう機会もなかったうえに、外出自粛で私自身が店頭に足を運ぶことを控えていたからです。目ぼしい新作デスクの投入もなかったため、今年度は「学習机オブザイヤー」の発表も見送りました。

ただ、この1年間の当ブログのアクセス数(PV)は6月から1月にかけて前年割れしたものの、1年を通じては15%も落ちていません。なので、学習机市場全体では大きなダメージにはなっていなかったではないかと思います。

また、5万円以下の学習机の引き合いが強くなっている一方で、浜本工芸やカリモク家具など高価格帯の学習机の人気は衰えていないと感じます。二極化の様相ではありますが、決して学習机市場の未来が暗いわけではないということでしょう。

そんなわけで、2022年の学習机メーカーおよび販売店各社の戦略を楽しみにしています。

関連記事

【2021最新】いつが買い時?学習机の年間販売スケジュールと購入時期
学習机の年間販売スケジュールと購入時期についてまとめてみました。新作発表会は5~6月、カタログの配布は8月以降で、早いところではお盆に店頭に商品が並び始めます。もっとも、多くは9月以降で、西日本では1月以降というところも少なくありません。ピークは1~2月ですが、それを過ぎても近年はあまりディスカウントされることはありません。
【2021最新】新入学児必見!近年のトレンドに見る学習机の選び方
2021新入学必見!近年のトレンドに見る学習机の選び方。最近は学習机なんて要らないなんて思われがちですが、実際のところ何かしらの机を置いていることが圧倒的に多いです。また、近年の学習机は従来のイメージとは随分と変わってきています。
学習机評論家が選んだ!ベスト・オブ・学習机2020
「ベスト・オブ・学習机2020」は新作3モデルを選出しました。ウィドゥスタイルの「セレクト」はお手頃価格で堅牢。コイズミファニテックの「ブロスト」はイトーキのウットフォークよりもお手頃感あり。浜本工芸の「No.09令和プレミアムデスク」はプレミアムオーク色が素晴らしいです。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など