『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

【価格帯別おすすめ学習机2020】7万円台にはカモミールの福袋セット

7万円台の価格帯別オススメ学習机2020

3万円台から順にお送りしている2020年度の「価格帯別おすすめ学習机」もいよいよ後半戦に突入しました。今回はほぼ学習机の平均購入価格帯と言える7万円台のおすすめを紹介してまいりたいと思います。

一応、今回も楽天市場で扱われている学習机で、基本的に上棚(or書棚)&ワゴン付きの学習机が対象です。しかし、今年は不作ですねー。

※すべて2020/01/23現在の税込価格

 

オカムラ・ラトリオ

ボヤいても仕方ありません。サクサクッと紹介して参りましょう。まずはオカムラの「ラトリオ」。120デスク+引出ユニット+ワゴンの3点セットで税込75,150円からとなります。上棚付きという条件からは外れますが、天板奥にブックエンドがあるから上棚はあまり必要ないでしょう。

こちらのラトリオ、楽天市場でのレビューを見ると「安っぽい」とか「うまく組み立てられない」とか、評価が散々です(苦笑)私がこちらでラトリオをオススメしても、実物を見た読者の方からの反応は芳しくないことが多いです。

ですがまあ、妥当な評価だと思います。「オススメしといて何じゃその言い草は!」とお叱りを受けそうですけど、そこまでシビアに言うなら私は浜本工芸とカリモク家具と飛騨産業と、あとはコイズミファニテックくらいしかオススメできません。

イトーキ・リーモ・フリーワンタイプ

はい、というわけで次にいきましょう。イトーキの「リーモ・フリーワンタイプ」。昨年度も7万円台のおすすめとしてピックアップしましたね。ラテナチュラル色(NAH-F9L-L77UAS)は一応2018年度モデルですが、2017年度モデルの売れ残りがまだ残っている状態です。

そんな言い方をすると、どれだけ不人気なのかと思われるかもしれません。しかし、天板がビーチ無垢の組み替え式デスクで税込79,900円というのはめちゃぐちゃお買い得です。MDF天板のコイズミファニテック「CDコンパクト」でも7万円台からですからねー。

 

イトーキ・カモミール・ベーシックタイプ

お次もイトーキで「カモミール・ベーシックタイプ」です。木製チェアとデスクカーペットのセットで税込78,000円と大変お買い得となっております。期間限定&数量限定の福袋セットです。8万円ポッキリでカモミールの椅子をセットした福袋セットもあります。

大変お買い得であることは間違いありませんが、注意しないといけないのはLEDデスクライトから調色機能が省かれている可能性があるということです。これはカモミール単品はもちろん、リーモも同様です。気になる方はイトーキオンラインショップでお問い合わせの上ご購入ください。ついでに私にもご報告いただけると助かります(笑)

2020/01/30追記:イトーキの方がわざわざご連絡くださいました。カモミールにセットされているデスクライトは「L-77」で、従来から仕様は変わっておらず、調色機能を備えているということです。これはリーモも同様です。また、デスクの品番が変わっているのは業務上の理由によるもので、商品そのものには特に変更はないということです。

 

7万円台のおすすめは以上の3モデルです。無理矢理あと1~2台ピックアップしようかとも思ったんですけど、どれもイマイチ決め手に欠けたのでやめました。

ここ数年、3~5万円台に安くてそこそこ良さそうな机が色々と出てきて、7万円台から上はイマイチ充実しませんねー。もっとも、家具店の店頭ではコイズミファニテックやくろがね工作所のカラーデスクのほか、堀田木工所や杉工場のオイル塗装の机が多くを占める価格帯です。

選択肢がないわけではないはずなので、私が選り好みし過ぎているのかもしれません(苦笑)

続編

【価格帯別おすすめ学習机2020】8万円台は事実上コイズミ「アルフ」のみ
価格帯別おすすめ学習机2020の8万円台はコイズミファニテックの「アルフ」。10パターンにレイアウトを変更できるスタディアップシリーズの生き残りです。ほか、実売価で8万円ということでしたら浜本工芸の「No.90デスクB」も良いと思います。

関連記事

【価格帯別おすすめ学習机2020】6万円台はコイズミ「ブロスト」登場
2020年度の価格帯別おすすめ学習机の6万円台は、コイズミファニテック「レイクウッド ベーシックデスク」や「ブロスト」、ヒカリサンデスク「SDW-サンワークスプラス」といったベーシックデスクのほか、セレクトタイプのコイズミ「ビーノ」、組み替え式のイトーキ「ジョイカラーネオHY-F」がオススメです。
スマッシュヒットの予感!オカムラ2019学習家具展示会レポート
オカムラ2019学習家具展示会レポート。新作「ヴィチーノ」はリビングダイニング学習対応のニュータイプの天板昇降デスク。もうひとつの新作「ラトリオ」は打って変わって奥行65cmのデジタル対応デスク。全体のラインアップの見直しも進み、かなり良い感じになっています。
【2020最新】コイズミ「レイクウッド」vsイトーキ「リーモ」組み替え式デスク徹底比較
【2020年度最新版】コイズミファニテック「レイクウッド・ステップアップデスク」とイトーキ「リーモ・フリーワン書棚ロータイプ」の組み替え式デスク2大人気モデルを徹底比較してみました。「LEDデスクライトのコイズミ」、「片づけやすさのイトーキ」という構図が成り立つと思います。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など