『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

2019年度学習机商戦まとめ&2020年度シーズンに向けて

小学校入学・イメージ

早いもので、今年ももう4月に突入してしまいました。毎年言ってますけど、歳を重ねるごとに時間が経つのが本当に早く感じられます(苦笑)

それはさておき、この春からお子様がご入学という方も多いことと思います。

おめでとうございます!平成最後のご入学はきっと良い思い出として記憶に残ることでしょう。

学習机を良き相棒として、お子様が健やかに育つことをお祈りしております。

 

さて、ご入学後もしくは新学年が始まってから学習机を購入するご予定のお宅も少なくないと思います。引き続き、コメントをいただければ随時お返事させていただく所存ではございますが、目新しいネタがない中、ダラダラと書き続けても仕方ありません。ここらで一旦、更新をお休みさせていただきたいと思います。

例年通りであれば5月に新作デスク発表会があり、6月以降に順次、フレッシュなニュースをお届けできると思います。もちろん、それまでにもネタがあれば速報させていただく予定です。

というわけで今回は、2019年度の学習机市場を総括したうえで、2020年度に向けての展望を書いてみたいと思います。

 

2019年度学習机商戦まとめ

夏場の盛り上がりは消滅…?

アクセス推移(2018-2019年度)

まずは直近1年間とその前の1年間の当ブログのアクセス数を見てみたいと思います。様々な要因があるのでバラつきが見られますが、基本的にはそれほど大きくは変わりません。学習机商戦のピークは年が明けてから、最盛期は2月です。

ただ、一時期は「ラン活」の影響で夏場にも盛り上がりが見られましたが、だんだんと夏場の盛り上がりは感じられなくなってきています。6月以降に新情報をお届けしても、反響が非常に小さくて寂しい限りです(苦笑)

一方で、近年のラン活は4月から始まるからか、はたまた入学後に学習机の検討を始める方が増えているからか、5~6月頃のアクセスが増えているようです。しかしながら、当方ブログのアクセス数にバラつきが多かったことから、何とも言えない部分もあります。



2019年度は納期遅れが目立った

2019年度は新作デスクがかつてないほど少ない年になりました。くろがね工作所、オカムラ、カリモク家具はいくつか新作デスクを発表したのですが、大手のコイズミファニテックとイトーキがほぼ2018年度を踏襲するかたちとなったのですね。

しかし、それなら生産効率は良いはずなのですが、納期遅れが目立ちました。イトーキの「スクリプト」(上写真)なんて、売れ筋だと言う割りにはかなり早い段階で欠品してましたものね。

全体的に店頭での展開も遅く、カタログの配布も例年より遅かったように思います。大手メーカーは2019年度、かなり厳しい結果となったみたいですけど、そりゃ当然だろうと思ってしまうわけです。販売店のほうも配送コストの上昇に加え、売れても品物が入ってこないうえに、配送日が後ろ倒しで集中してしまって大変だったんじゃないでしょうか。

カラーデスク離れが加速

近年ますます天然木の学習机の人気が高まっていますが、それ以上に2019年度はカラーデスク離れが急速に進んだように思います。イトーキがまさかの「ジョイカラーデスク」(上写真)撤退、ニトリも「くみあわせですくデラックス」をやめてしまいましたものね。コイズミファニテックもスタディアップデスク版カラーデスクの「コルフィ」を2018年度限りで廃番にしました。

個人的には寂しい限りですが、これも時代の流れでしょう。カラーデスクで数が捌けなくなるとメーカーもラインナップを維持するのが大変だと思いますが、なんとか頑張って欲しいものです。

 

2020年度シーズンに向けて

残念なお知らせ

2019年度のメーカーや販売店の状況を見る限り、残念ながら2020年度に向けて良い材料がまったく見当たりません。

カリモク家具は一部商品を除いて2019年7月1日納品分から値上げ。”原材料の大幅な高騰傾向”が原因だそうですが、他のメーカーも追随するのでしょうか。

コイズミファニテックは本社を阿波座から西成区の物流センターへ移転。おまけに、シニア家具、ダイニング家具、ベッドからも撤退するそうです。まさかと思ってましたが、本当だったんですね。

2019年5月6日にはIDC大塚家具の仙台ショールームが閉店。またかと思われそうですが、山口県に本店を置く太陽家具なども苦戦しています。

この状態では消費税増税前の駆け込み需要があったとしても、業界としてうまく取り込めないのではないかと思います。

2020年モデルの展開は実質的に9月以降?

冒頭でも少し触れました通り、例年通りであれば大手メーカーの新作デスク発表会は5~6月です。これは販売店向けなので、読者の皆様にお伝えできるのは6月以降になると思います。

また、カタログの配布は2019年度の様子を見ていると、早くても8月以降ではないでしょうか。新作デスクの展示についても一時期はお盆に間に合わせようという雰囲気がありましたが、商戦が早い名古屋周辺を除いては概ね9月中旬以降でしょう。

ただし、近年はメーカーによってバラつきが生じやすくなっています。随時、ホームページをチェックしていただければと思いますし、私も情報をキャッチ次第お伝えしてまいる所存です。

 

というわけで、なんだかちょっとテンションが下がってしまいましたが、私自身はそんなに悲観的に思っているわけではありません。なぜなら、業界がピンチになればなるほど私の役割は大きくなると考えられるからです。

もっとも、私に業界のピンチを打開する妙案があるわけではありません。私にできるのは、読者の皆様一人一人に学習机の魅力をお伝えすることだけです。

しかし、それは水面の波紋のように広がっていく可能性があります。学習机が素晴らしいことは間違いないですから、きっとネットとリアルで自然に伝わっていくと信じています。

 

コメント

  1. わさモン より:

    上棚のところで質問させていただいたわさモンです。その節はありがとうございました!(^^)

    ラン活に便乗して学習机も一緒に検討し始めているクチですが、もはやここまでくると2020年度のラインナップの発表を待ってから購入に踏み切っても良いのかなと考えております。。

    ただ2020年度ラインナップ発表を待つにしても、もちろん休日に余裕があれば家具屋さんに足を運んで娘にひたすら机に座らせたり引き出しを開けまくらせたりは続けるつもりです。
    (実際、組み換え式デスクをデスク奥にくっつけて上棚とするタイプは、年長になったばかりの娘は現在115センチ前後と背が高いほうなのですが手が届かず、No.09のように机にバックパネル式などの上棚を取り付けるタイプは容易に手が届き、自分一人で本の出し入れができそうだと実際に座らせてみて目で確認することができ改めて組み換え式ではなくベーシックデスクの方に舵を切ろうと選択肢を狭めることができました。本を取るだけのためにいちいち呼ばれてもたまったもんじゃないので:笑)

    しかしながら地方で購入できる先が限られているため、2020年度の発表を待ってから休日を合わせて購入しに行って売り切れ、欠品などが出ないかというのが不安です(見て買いたいのでネットショップでの購入は考えておりません)

    今年は10月に消費税増税も控えていますし(学習机は食料品ではないですし10%の扱いになると思うんです)今度は購入時期(注文時期)について悩みはじめました(*_*)

    • 収納マン より:

      わさモンさま

      そうそう、私がもともと組み替え式デスクに対して否定的なのはそこなんですよ。
      本棚の前にデスクを置くレイアウトにすると、少なくとも小学校低学年の間は手が届きにくいんですよね。
      なので、組み替え式デスクは基本的にL型レイアウトにするのが良いと思います。

      でも、L型レイアウトは幅を取りますし、足元にかかる部分は本が取り出しにくいというデメリットもあります。
      そういうところを突き詰めていくと、やっぱりベーシックデスクかなーと思うわけです。

      でもまあ、座ったままでは手が届かなくても、椅子の上に立つなりして子供は上手に本を手に取りますよ^^
      ですから、そこはそれほどシビアに考える必要はないと思います。

      それはさておき、2020年度の情報をお伝えできるのは6月以降、カタログが入手できるようになるのは早くて8月以降です。
      その時点で廃番が決定していてもまだ在庫が残っている場合もありますし、逆にネットでも在庫がない場合もあります。

      消費税増税はもはや既定路線なので、おそらくどのメーカーもそれまでの売上をかなり期待しているところはあるでしょう。
      ただ、家具販売店としてはそれ以外の品群の売上増のほうが期待できるので、学習机にリソースを割くことはないと思います。

      そうなるとなおさら、消費者側で情報収集をして、手際良く買い物しないといけないでしょうね。
      私としても例年通りの動きではなく、読者のニーズに合わせて参りたいと思っています^^