『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

【価格帯別オススメ学習机】平均購入価格帯より安い6万円台は個性派揃い!

4万円台、5万円台と順番に、価格帯別オススメ学習机を紹介して参りまして、今回は平均購入価格帯である7万円強より少し下となる6万円台の学習机のオススメです。

4万円台と5万円台はなんだか物足りない感じがしましたので、何とか6万円台に期待したいところ。そう思って調べてみると、おや、これはちょっと良い感じになってきましたよ!

 

イトーキ・ロロック

とか何とか言っちゃって、1発目はイトーキのweb限定モデル「ロロック」。たぶん昨年度から値段は変わってないはずなので、どうして今更6万円台のオススメに登場するのかっていう話。いかに私が気分次第でオススメをピックアップしているかという誤解を生みかねません(苦笑)

ただ、2017年度はLEDデスクライトが調色機能付きにバージョンアップしているのですよ。実はスイッチもシェード上面から下面に移動して、子供にとっての操作性が良くなっています。

幅90cmというコンパクトサイズですが、奥行は62cmとゆったりで、この価格帯にしてはバーチ突板で質感も良いです。これをweb限定モデルのまま放っておく家具屋が不思議に思えるほどです。

 

コイズミファニテック・ビーノ105+昇降ワゴン+本立て

先日、googleで「収納マン」と検索しようとしたところ、一番最初に「コイズミ ビーノ」と検索語候補が出てきて驚きました(笑)

私がビーノのことを「浜本工芸キラー」などと言って高く評価しているからでしょうか。正直、そんなに私と縁が深いモデルとは思ってないんですが、来年度あたり、「学習机評論家推奨」とか言ってコイズミのカタログに載ることになりますかねー?(爆)

冗談はさておき、コイズミファニテックの「ビーノ」(セレクトタイプ)は組み合わせ次第で予算はもちろん変わるわけですが、105cm幅デスクにリフティングワゴンと本立てという組み合わせは、「大人になっても使えそう」と思わせてくれるシンプルさ、品質、機能性を必要十分に満たしてくれていると感じます。

LEDデスクライトは付属しませんが、それは「別腹」と考えれば非常にお手頃だと思います。

 

コイズミファニテック・ODF-932/931

コイズミファニテックの「ODF-932」は、2016年度カタログ外モデルの100cm幅・天板ラバーウッド無垢の学習机です。ブラウン系の「ODF-931」もあります。

定かではないんですけど、こちらのODF-932/931は、先日取り上げたOD1-WOODYのロータイプと基本的には同じ仕様なんじゃないかと思います。商品詳細ページには書かれていないものの、引出し取手カラープレートも付属しているはずです。

それにしても、このニコニコ動画のコメントの嵐のような画像は斬新ですね(笑)

 

コイズミファニテック・デコプリ・ベーシックデスク

最後はコイズミファニテックの「デコプリ・ベーシックデスク」です。ぶっちゃけ、これはどうしようかと思ったんですよ。2016年度はギリギリ5万円台で登場していたんですね。でも2017年度はギリギリ6万円台になっているもので。ちなみに、仕様も品番も2016年度から変わっていません。

それでも、6万円そこそこで、ちゃんとしたメーカーのカワイイ学習机が手に入るというのはありがたいです。同じ価格帯にもバッタものみたいな学習机はたくさんありますからね。ハイエンドモデルだけでなく、バリューゾーンもしっかりとメーカー品がカバーしてくれると私も安心です。

 

そのほか、この価格帯にはコイズミファニテックの「CDコンパクト」やイトーキの「元祖ジョイカラーデスク・ロータイプ」もあります。つまるところ、6万円台はコイズミとイトーキの2強がかなり強いというわけですね。

そう考えると、平均購入価格帯っていうのは、実に妥当な線なんだと思います。予算が厳しくても、耐久性や機能性を考えると、落としどころとなるのが6万円台というわけで、コイズミもイトーキもそこはしっかりと押さえているということでしょう。

【続編】【価格帯別オススメ学習机】2017年度は平均購入価格帯の7万円台がアツい!

 

【関連記事】

コメント