【価格帯別オススメ学習机】9万円台はコイズミ「WDスペシャル」とカリモク「コーディ」が激突!

4万円台から順番に紹介して参りました価格帯別オススメ学習机も、今回の9万円台が最後となります。しかし9万円台ってなかなか良いのがないですね。

コイズミファニテック・WDスペシャル・ミドルタイプ

コイズミファニテックの「WDスペシャル・ミドルタイプ」。昨年度はこの価格帯で同社「PREO(プレオ)」が買えたんですよ。しかしプレオは10万円台になってしまいましたから、9万円台ではWDスペシャルまでしか手が届かないんですね。

それにしてもコイズミファニテック強し!結局4万円台から9万円台まで全ての価格帯で最有力候補として挙がったきましたもんねー。このWDスペシャルっていうのはいくつかあったWDシリーズのうちの生き残りで、しかも見た目はパッとしないように思えるんですが、予算と機能性のバランスを考えながらいくつか検討していくと、「このへんで良いか―」となることが非常に多いのです。

組み替え式デスクで選ぶならCDシリーズで必要十分。さらに質感を求めればWDスペシャル。もっと満足感を得たければプレオ。こういう展開を描けているのがコイズミファニテックの強みです。こういうマーケティングができているのはコイズミファニテックとカリモク家具くらいじゃないでしょうか。



カリモク家具・コーディ

大人の事情で楽天市場では定価販売となっておりますが、カリモク家具の「Coordi(コーディ)」は事実上9万円台で手に入れることができます。楽天市場では値引き交渉の必要なくポイント15倍。他のキャンペーン組み合わせれば20倍以上は固いので、引き出しユニットをオプションで付けても事実上9万円台で国産のカリモク家具の学習机が手に入るというわけです。

コーディの弱点は引出しの数が少ないことですが、それも引き出しユニットの追加である程度は解消できます。また、幅110cmから135cmに拡張できるギミック付き。上棚は足元棚として活用することもできます。

コーディだったら子供のお下がりをママデスクや書斎デスクとして使っても何の違和感もないですし、子から孫へ引き継ぐこともまったく問題ない耐久性があります。それで実質10万円しないわけですから、むしろ安すぎると言って良いんじゃないでしょうか。

以上、9万円台のオススメは2台だけです。いやしかし何度も言いますけど、コイズミファニテックが強い。2016年度はスタディアップデスクシリーズの大量投入で波乱の予感はありましたけど、どうやら私の想定以上に波乱含みとなっているようです。

こうやって改めて価格帯別にピックアップしてみると、コイズミファニテックの強さが浮き彫りになりますね。もちろんデザインなどの嗜好によって候補は違ってくると思いますが、それも予算あってのことですからね。

私の完全な憶測にすぎませんが、2016年度はコイズミファニテックと、上の価格帯ではカリモク家具の圧勝じゃないかなー。天然木シフトはともかくとして、リビング学習対応では勘違いをしてしまったメーカーが多かったのではないかと感じます。メーカーと消費者の間というよりも消費者寄りに立って見ていると、「ソウジャナイ感」を強く感じます。

学習机に限らず、家具業界では消費増税以降の景気の停滞感や、為替変動や原料高による値上げに言及されることが多いですが、2016年度の学習机商戦に関して言えばメーカーの自責点の要素が強いですね。まだ値下げを断行していないと思われるくろがね工作所を筆頭に、今週以降、ディスカウントが始まるかもしれません。

【関連記事】

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

スポンサードリンク
スポンサードリンク