もう2018年度新作学習机が並んでる!東京インテリア家具神戸店

東京インテリア家具神戸店

先月6月23日にオープンした東京インテリア家具神戸店に行ってきました。

オープンから約半月後、しかも学習机は完全にシーズンオフということで、なーんにも期待せずに行ったのです。ところが、予想に反して見どころ満載でした!



ビーチ無垢のリーモ・ベーシックタイプが59,800円!

ビーチ無垢のイトーキ・リーモ・ベーシックタイプが59,800円!

東京インテリア家具神戸店のグランドオープンのチラシは、大阪本店のオープンのときよりも魅力的な特価品が多いと感じていました。学習机に関しては掲載数が2台と少なかったものの、やはり魅力的で、なんとイトーキのリーモ・ベーシックタイプが税込59,800円!こりゃ安すぎるだろうと思ってました。

しかし、限定5台。おまけにチラシの有効期限は7月2日までです。もう売り切れて店頭にはないと思っていたんですが、アルダー無垢ではなくビーチ無垢のラテナチュラル色がまだ店頭にあったのです!

こんなのは普通なら即日完売するはずなんですけど、それほどまでに今は学習机を買う人が少ないんでしょうか?

コイズミ「ルトラ」など2018年度新型デスクも多数!

東京インテリア家具神戸店の学習机売場の目玉は特価品だけではありません。なんと、2018年度新型デスクも多数並んでいるのです!

神戸店がオープンした6月23日と言ったら、学習机メーカー各社の新作発表会から約1週間後という状況です。普通、新作発表会には試作品が並ぶもので、家具店の店頭に並べる初回ロットの生産は1~2ヶ月先のはずです。

ですからまさかこの時期に2018年度の新作デスクを家具店の店頭で拝めるとはまったく予想していませんでした。ひょっとしたら、東京インテリア家具神戸店は日本で一番早く2018年度の新作デスクが見れるということになるのかもしれません。

私が確認した範囲で言うと、東京インテリア家具神戸店に並んでいる2018年度新作デスクは以下の通りです。

  • コイズミファニテック・Rutra(ルトラ)
  • コイズミファニテック・リファルド・マルチシェルフ(Sラック)
  • コイズミファニテック×カリフォルニア工務店・デスク等一式
  • オカムラ・lieble(リュブレ)
  • オカムラ・マルチラック

コイズミファニテックの「Rutra(ルトラ)」というのは、以前に新作発表会レポートで紹介した”昭和レトロを感じさせる新作学習机「R」”のことですね。いわゆるデコラっぽい高圧メラミンの天板で、カフェっぽいかわいいデスクです。

2017年度に売れに売れて欠品続出となったマルチラック(Sラック)にはリファルドのデザインらしきものもありました。これは新作発表会でも見た覚えがありません。

あと、コイズミファニテックがカリフォルニア工務店とコラボして作ったデスクや書棚。これは正面の目立つところにドーンと置かれていますが、値段を見たらビックリするでしょう(笑)

他には、来年4月1日に社名が岡村製作所から変更となる予定の「オカムラ」の「lieble(リュブレ)」。これは昨年発売されたラポールのようなリビングデスクですね。ただ、ラポールが国産だったのに対し、リュブレは引出しの作りからしてベトナム製かなーと思います。でも、ホワイトボードが付けられたりと、コンセプトは良いと思います。

最後にオカムラのマルチラックはほぼコイズミファニテックに似た感じです。値段も同じみたいなので、コイズミファニテックのほうが品質が高くて良いと思います。

東京インテリア家具神戸店の学習机の展示台数は約50台。シーズンオフの6月23日にオープンしたことを考えると、これは相当なボリュームだと言えます。今の時期にこれだけの台数、しかも2018年度の新作デスクを並べている店は他にはないはずです。

ただ、東京インテリア家具の学習机売場が残念なのは、「これじゃあ売れないだろう」と思わざるを得ない点です。店舗全体の売場はとても良く仕上がっているのに、なんで学習机売場だけはこんなことになってしまうのでしょう。

とまれ、お値打ち品を探している人も、2018年度の新作学習机をいち早く見たい人も、東京インテリア家具神戸店の学習机売場は必見だと思います。

【関連記事】

スポンサードリンク
スポンサードリンク