学習机評論家のオススメ

学習机評論家・収納マンが、学習机の選び方やオススメのデスクなどを紹介します。

*

【2017年度版】コイズミ「オルレア」vsイトーキ「カモミール」ベーシックデスク徹底比較

   

女子に人気のコイズミファニテックの「Orlea(オルレア)」とイトーキの「Camomille(カモミール)」。以前には2015年度にこれらの比較をおこないましたが、2017年度はそれぞれ仕様等が変わってまいりましたので改めて比較してみたいと思います。

なお今回はベーシックデスクを中心に、組み替え式デスク(ステップアップデスク/フリーワンタイプ)の違いについては最後に少し触れる感じで進めたいと思います。

 

コイズミファニテック・オルレア

コイズミファニテックの「オルレア」は2014年度から続くシリーズ。2017年度はLEDデスクライトが大型化したことで、カモミールとの競合がより激しくなることが予想されます。

デスクライトは大型化されましたが価格は据え置きとなっており、2016年9月2日現在、楽天市場では73,800円からとなっています。

オルレアを選ぶメリット

  • LEDデスクライトのシェード幅が広い(シェード幅703mm)
  • LEDデスクライトの操作パネルが大きく色温度の切り替えが容易
  • 天板奥行が650mmで広々使える
  • 足元棚がある
  • ワゴン天板無垢
  • 引出しは全段フルスライドレール
  • 丈夫で使いやすいランドセルハンガー
  • 上棚に小引出しがある
  • レースのシールが付属しておりデコレーションが可能

 

イトーキ・カモミール

イトーキの「カモミール」はコイズミファニテックのオルレアに先行して2010年度から続く人気デザイン。発売当初は真っ白なデスクでしたが、現在はフレンチカントリー風となり、そのテイストが定着しています。

なお、カモミールのベーシックタイプは2017年度のカタログに掲載されておらず、セレクトタイプを組み合わせるかたちとなります。ベーシックタイプ同様に組み合わせたセット品は一部の家具販売店にて79,800円にて販売されています。一部にLEDデスクライトおよびコンセントが別売で79,800円のもの、2016年度モデルのデスクライト(調色機能ナシ)を装備しているものがありますのでご注意ください。

カモミールを選ぶメリット

  • 上棚の棚板とデスク天板面の間に十分な空間がある
  • 本体引出しの専用お片付けトレーが使いやすい
  • ワゴン引出し2段目に十分な深さがある
  • A3用紙が収まるロングサイズワゴン
  • ワゴン引出し最下段はフリーボックス型で自由に使える
  • コンセントは正面からプラグを抜き差ししやすい
  • 使い分けフックでたくさんモノが掛けやすい
  • 天板奥行は600mmでコンパクト(圧迫感が少ない)

 

オルレアとカモミールを比較した結果

それぞれデザインが少し異なるので最終的には好みで選ぶことが多いとは思いますが、機能面で比べた場合も甲乙つけがたいところです。

オルレアはやはりLEDデスクライトが大変素晴らしいです。シェード幅が広くて机上面全体を照らすのに十分で、調色やアームの位置の調整もしやすいです。また天板の奥行がカモミールより5cm広いのも学習用途に適していると言えます。足元棚があるので本が多い場合は便利でしょう。総じて、オルレアはコストパフォーマンスに優れ、勉強をするのにふさわしい仕様と言えるでしょう。

対するカモミールは、上棚の棚板とデスク天板面の間に十分な空間があることが最大のメリットかと思います。そのスペースに本を立てるも良し、鉛筆削りや卓上カレンダーを置くも良し。棚板が高い位置にあると天板奥側にも照明が届きやすくなります。また、本体引出しの専用お片付けトレー、深さのあるワゴン引出し2段目など、片づけやすさという点では他を圧倒しています。総じて、カモミールは使って初めて気づくことのできる使いやすさが随所に盛り込まれていると言えるでしょう。

 

組み替え式デスクを比較した場合

オルレアのステップアップデスクカモミールのフリーワンタイプを比較した場合も、基本的な点についてはベーシックデスクと同様です。強いて違いを挙げれば、オルレアはデスク天板奥行が545mmから625mmとなるのに対し、カモミールは520mmから650mmとなるという点です。カモミールのほうが最小から最大までの差が大きいので使い分けするのに便利である一方、脚のデザインはやや野暮ったくなってしまいます。

ちなみに、ベーシックデスクも組み替え式デスクも、オルレアは主材がカバハギ、カモミールはバーチハギとなっていますが、カバとバーチは同じ樹種です。また念のため、ハギというのはいわゆる無垢(集成材)のことですね。

 

以上、オルレアとカモミールを比較してみたわけですけど、2015年度までであればカモミールに分があったと個人的には思うものの、2017年度は本当に甲乙つけたいですねー。ぶっちゃけデザイン的にはカモミールのほうが好みなんですが、オルレアのLEDデスクライトと天板奥行の広さも捨てがたいです。

きっと2017年度はオルレアにすべきかカモミールにすべきかで死ぬほど悩む人が多いでしょうね。店頭で実物を見ながらお子さんと真剣に悩み抜いてください(笑)

 - 学習机ピックアップ, 2017学習机 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

ウオチ・デスクマット(ヨーロッパ歴史地図 世界遺産74選 城46選 著名人219名)
机の上で世界遺産と名城めぐり!歴史ブームに便乗したウオチのデスクマットがアツイ

わたくし収納マンは大阪の河内長野市というところに住んでいます。大阪府と言えば日本 …

コイズミファニテック・BEENO(ビーノ)
【スタイル別】正面はスッキリ&欲しいモノにもすぐ手が届く!ユニットデスクのオススメ

組み替え式デスク、棚付きベーシックデスク、平机、ベッド付きデスクに続きまして、今 …

イトーキ・COfanO(コファーノ)
【速報版】2016イトーキは「収納性」を本気で考えたコファーノで勝負!

先日、ちょっと調べ物をしていて知ったんですが、イトーキの由来は1890年に伊藤喜 …

コイズミファニテック・ショールーム大阪
悲報!「コイズミファニチャープラザ」が2017年2月26日を以って閉館

※2015年9月撮影 学習机のまち・大阪から、貴重な財産が失われようとしています …

ヒカリサンデスク・SDW-サンワークス
【価格帯別オススメ学習机】5万円台は新旧ベーシックデスクが勢揃い!?

前回の4万円台のオススメはニトリの独壇場でアレだったんですけど、さすがに5万円台 …

コイズミファニテック・ODB-932TN TOKKU Mシェルフ
学習机評論家が選んだ!ベスト・オブ・学習机2017

早いもので、今年も「ベスト・オブ・学習机2017」を発表する時期となりました。 …

浜本工芸・No.46デスク
激安すぎ!浜本工芸・No.46デスク島忠ホームズオリジナルモデル

ただでさえ高級な浜本工芸の学習机が、ここ2年ほどは原料高による値上げでますます庶 …

浜本工芸・No.07デスク
ベーシックデスクの最高峰!浜本工芸・No.07デスク

ベーシックデスク、つまり学習机らしい形で、組み替え式や天板昇降式などの凝った機能 …

ヒカリサンデスク・SDW-サンワークス
4増6減でラインナップ立て直し!?ヒカリサンデスク(光製作所)の2017学習机

ヒカリサンデスク(光製作所)の2017年度学習机カタログは、デジタル版が9月20 …

オカムラ・ノベル・広さ調節タイプ
ベネッセ「学びデスク」と同じ流れ!?オカムラの2017学習机に「広さ調節タイプ」登場

オカムラ(オカムラ製作所)と言えば、天板昇降式デスクの「pierna(ピエルナ) …