学習机評論家のオススメ

学習机評論家・収納マンが、学習机の選び方やオススメのデスクなどを紹介します。

*

コイズミファニテック2018学習家具カタログ公開!新作デスクが明らかに

   

昨日、読者のここままさんに教えていただきました。コイズミファニテックの2018年度学習家具のデジタルカタログが公開されていることを!いや~、待ちに待ったという感じですね!

わざわざ大阪の奥地から東京までコイズミファニテックの新作学習家具の発表会に行った私としては、知っているのに書けないという蛇の生殺し状態が続いておりましたが(苦笑)、これでようやく堂々と紹介できるってわけです。

既に一部ご紹介しておりますが、目玉商品から順番に紹介してまいりましょう!

 

レトロモダンのメラミンデスク「ルトラ」

まずは「Rutra(ルトラ)」です。ルトラは天板に高圧メラミンを貼っており、レトロモダンでカフェ風な印象のデスクです。

高圧メラミンっていうのがポイントで、これは高度成長期のテーブルなどの天板によく使われた、いわゆる「デコラ」のような風合いなんですね。だからこれを見れば、だいたい40代から上の年代の人は「レトロな感じ」と思うわけです。

ルトラの特徴はそれだけではありません。もちろん学習机としての機能的な特徴も多くあります。まず、奥行は昨今流行の55cmで、リビングダイニングに置いても圧迫感がないサイズ感となっています。

また、同じくコイズミファニテックのビーノのようなセレクトタイプとなっており、デスク、ワゴン、シェルフなどの組み合わせを選ぶことができます。なお、デスクの幅は90cm、105cm、120cmの3サイズとなっています。

「ビーノではちょっと地味すぎる」、「スタディアップデスクのような合体ロボ感のある学習机はイヤ!」などという人には、ルトラは最適ではないでしょうか。ちなみに、2018年度はレイクウッドオルレアにも奥行55cmタイプが追加されているので、奥行55cmで探されている方には悩ましいかもしれませんね。

 

書斎デスクの決定版「FRAX」

次は学習机とは言えませんが、ある意味でルトラ以上に大注目の「FRAX(フラックス)」です。

なぜフラックスが注目に値するかというと、ポイントは主に3つあります。一つ目は、ルトラが高圧メラミンを採用しているのに対し、フラックスは低圧メラミンを採用していることです。高圧メラミンは低圧メラミンよりも丈夫である半面、質感は良くも悪くもチープです。一方の低圧メラミンは逆に丈夫さでは劣るものの、質感は天然木と見間違えるほどに良いのですね。

二つ目のポイントは、フラックスは基本的には書斎家具という位置付けであるものの学習家具カタログに掲載されている通り、学習用途を視野に入れている点です。新入学児ではなく中高生を主なターゲットと考えていると思われます。

三つ目のポイントですが、前述のことを裏付けるように、デスク天板は奥行を55cmから65cmに拡張できるようになっているとともに、ワゴンは天板リフティング式のものもラインナップされています。また、肘付きのオフィスチェアをセットしたり、脚を組めるように、デスク天板下には引出を設けていません。

2017年度にリニューアルされた「WISE(ワイズ)」は書斎デスクとしてかなりのヒットとなりましたが、フラックスはそれ以上の大ヒットとなる予感がします。

 

WDとCDの間を埋めるラバーウッドの「RD」

目玉新商品の3つ目は「RD(アールディー)」です。まだ写真が出回っていないのでデジタルカタログのほうでご確認ください。

ナラ突板天板のウッドデスク「WDスペシャル」とカラーデスクの「CDファースト」の間に割って入るようにして投入されたラバーウッド(ゴムの木)デスクの「RD」。分かりやすい商品名と仕様ですよね(笑)

2017年度まではWDの上にプレオのステップアップデスクがありましたが2018年度はこれが廃止となり、代わりにWDとCDの間を埋める作戦を取ったと考えられます。これはカタログ外商品のラバーウッドデスクがよく売れていることも影響しているのでしょう。

ただ、実はRDとCDファーストの定価はまったく同じなんですね。ですから、価格帯を埋めるわけではありません。では何を埋めるのかというと、これはあくまで私の憶測ですが、「CDシリーズはちょっと子供っぽい、けれどもWDにはちょっと手が届かない」という人をターゲットにしているんだと思います。

材質的にはラバーウッドのRDのほうがMDF合板のCDファーストより上、デスクの幅も100cmのRDのほうが95cmのCDファーストより上と言えますが、LEDデスクライトについてはCDファーストのほうがワンランク上と言えます。もっとも、個人的にはツインライトであることはそれほど重要とは思わないですけどね。

 

フェリシモと共同開発した「Sラック2」

お次はデスクではなくて、いわゆるランドセルラックの「Sラック2」です。売れすぎて品切れ続出となったSラックのシリーズ商品という位置付けで、フェリシモのママ社員や女性顧客の声を反映したということでも注目の商品となっています。

ただ、私はSラックを大人になっても使い道のあるシンプルなラックとして高く評価しましたけど、Sラック2は中学生になれば使い道がなくなるのでダメだと思います。いろいろ考えて作ったということですが、これはハッキリ言って捻り過ぎですね。

ちなみに、Sラックはビーチ材を使っているのにMDF合板でできたベーシックタイプと同じ価格のアルフモデルが一番お得だと以前に申し上げましたが、さすがにコイズミファニテックも気付いたようで、2018年度はベーシックタイプ以外が値上げとなりました(苦笑)

【関連】ランドセルラックはシンプルなほうが収納しやすい!コイズミファニテックの「Sラック」

 

2018年度のコイズミファニテックの学習家具ラインナップには他にもいくつかの新商品が加わっています。ビーノの幅75cmタイプとブリッジは、リビングダイニングの隅にコンパクトな学習スペースを設けるのに最適でしょう。また、中高生向けに回転チェアの「Cadet(カデット)」「Lycee(リセ)」が追加されているのも興味深いですね。

かと思えば、スナックワールドのデスクマットが追加されていたり、コイズミファニテックの守備範囲は本当に広いと思わされます。私はスナックワールドなんて知らなかったんですけど、新作デスク発表会から帰ってから息子に聞いたら、息子はちゃんと知ってましたよ。

そんなこんなで新入学児童から中高生、大人まで触手を伸ばしつつあるコイズミファニテック。ここ10年くらい続けてきたカタログのタイトルを「KID’S FUN」から「and desk」に変えたのも、ターゲットを広くしたことの表れと言えるでしょう。

なお、価格については2017年度と比べて、前述の通りSラックの一部が最大10%の値上げとなっているほか、コットコンポなど一部のミドルベッドデスクが最大6%値上げとなっている程度で、学習机そのものには変化はありません。

もっとも、定価がいくらであろうと、消費者にとっては実際ナンボで買えるかのほうが重要ですよね~(笑)

 - メーカー, 2018学習机

Comment

  1. ミキママ より:

    コイズミのFRAXなかなか素敵でした

    アクタスもデジタルカタログが見られるようになりました

    収納に力を入れ始めたように感じますがいかがでしょうか

    収納マン様のウィットにとんだ批評をよろしくお願い致します笑

    • 収納マン より:

      ミキママさま

      コイズミファニテックの新作「FRAX」、なかなか良いでしょ?^^
      こういうのは結構、実物を見ると「あれ?」ということも多いんですけど、実物もかなりイメージに近いんじゃないかと思います。

      アクタスもデジタルカタログが見れますよね!
      それで私も先日、新作の「テオ」を見たいと思ってアクタスに行ったんですけど、あいにくクリアランスセール中で新作の展示もカタログの配布もナシで空振りでした(+_+)
      そんなわけで、アクタスの学習机のご紹介はもうちょっと先になりそうです^^;

  2. ここまま より:

    収納マンさま

    早速の記事アップ、ありがとうございます!秘密が分かってスッキリしました(^^)

    先日、近くの家具店を覗いた所、アルフのデスク(105×55)、デスクライト(スタディアップと同じ物)、マルチラック(ベーシック)がセットで破格の値段で販売していました。
    ビーノで同じ物を揃えた場合の半額でした。
    色がSKしかなく、ナッツシェル色系統で揃えているリビングに置くとなると明るすぎて合わないかな、木の質感はビーノの方が好みだなと思って、即決にはいたらなかったのですが、我が家の大蔵大臣は細かいことに拘らずに買おう!と言っております(^_^;)

    そこでご相談なのですが、デスクワゴンや本立てが無くて使い勝手や収納は大丈夫なのか(マルチワゴンは机の横に置きます)。
    そもそもこのセットはお得なのか?
    (田舎なので比較できる家具屋がありません)

    色々悩んで、やっぱりビーノのスタディアップかな…でも足元収納が狭くて本棚にした場合、棚板が調節出来ないので使い勝手悪いかな〜などと考えていたところ、アルフが登場して悩みが深くなりました。

    ぜひ、収納マンさまのご意見お聞かせ下さいm(_ _)m

    • 収納マン より:

      ここままさま

      アルフの特価品の件、これはアルフのセット品ではなく、アルフのデスク本体のみ+デスクライトECL-611+Sラックのベーシックということですか?

      最初、通常のアルフのセット品かと思って、ビーノのスタディアップデスクと比較してみたところ、微妙な値段だと感じました。
      しかし、アルフのハンパ物の寄せ集めだとすると、ビーノのスタディアップデスクの半値でも高いくらいです。
      これは手を出さないほうが賢明と言えるでしょう。

      やはり学習机にとって引出しは重要です。
      子供の身の周りなんて、文房具やら何やら細かいモノばかりですからね。
      引出しなら放り込んでしまえばスッキリしますけど、棚だけだと小物の収納に困ってしまいます。

      そんなわけで、アルフの寄せ集めかビーノのスタディアップデスクのどちらかと言ったら、後者で間違いないでしょう^^

  3. ここまま より:

    収納マンさま

    早速のお返事ありがとうございます!
    「寄せ集め」確かに!(笑)
    そしてそんなにお得でもないんですね!
    危うく引っかかるところでした(^_^;)
    やっぱり質感も色も納得したものを購入したいと思います(^^)

    相談して良かったです!
    ありがとうございましたm(_ _)m

    • 収納マン より:

      ここままさま

      「寄せ集め」はちょっと過ぎた言葉だったかもしれませんが、大切なお嬢様がこれから大人になるまで付き合う大切な相棒を選ぶわけです。
      ここままさんやご主人様なら、やはり、ふさわしい相手を選びたいと思われることでしょう。

      もちろん、まだシーズンは始まってもいない段階なので、急ぐ必要はありません。
      結婚と同じでタイミングというものがありますが、じっくりと納得のいくお相手を選んでいただければと思います^^

  4. かおる より:

    収納マンさま

    はじめまして、子供(女児)が年中の昨年から読ませていただいております。
    第一候補の「Liten」が廃盤になったようで、少々気が焦っております。

    実は、部屋の広さや、他の家具の色味とのバランスで、「Liten」か「Rutra」で検討しております。
    しかし、「Rutra」の材質が気になり、購入に踏み切れません。
    また、「Liten」の75cm+サイドチェストも、やはり捨てがたく…。

    それぞれのメリット・デメリットをご教示いただきたく、どうぞよろしくお願いいたします。

    迷える子羊(?!)に、光を!!(笑)

    • 収納マン より:

      かおるさま

      はじめまして^^

      ややっ!?リトゥン廃番ですか!?
      展示会でもそんな話はまったくなく、カタログももらってきたので、まさかそんなことはないと思ったのですが、確かに楽天市場で見てもデスクが全く見当たりませんね。
      個人的にはリトゥンはすごく気に入っているので、ウソであって欲しいと願うばかりです^^;

      さて、リトゥンとルトラを比較した場合、いくつかの点で違いがあります。

      ・リトゥン(75デスク+サイドチェスト)の天板サイズ=116×50cmに対し、ルトラだと150または120×55cm
      ・リトゥンの天板はビーチ突板ウレタン塗装、ルトラは高圧メラミン合板(いわゆるデコラ)
      ・リトゥンの引出し内部材はファルカタ、ルトラは白塗りの桐?
      ・リトゥンは引出しに鍵なし、ルトラはデスク引出しに鍵あり
      ・リトゥンはサイドにフックなし、ルトラはフックあり
      ・ルトラは専用の学童用チェアなし、ルトラはあり

      それぞれの違いを列挙すると、概ねこんなところだろうと思います。
      奥行の深さ、サイドフック、学童用チェアを見ると、やはりルトラのほうが学習用に適していると言えるでしょう。
      一方のリトゥンは、たとえばお嬢さんが大学生になって一人暮らしをすることになってもデスクだけ持って行くこともできそうです。

      材質については、リトゥンはこの価格にしては、一般的な鏡台と比べても遜色のない質感を備えています。
      一方のルトラは、昭和を感じさせる良い意味でのチープ感があって個人的には好きです。

      ルトラの高圧メラミンはちょっとやそっとでキズつきませんので、丈夫さで言えばこちらのほうが上です。
      ただ、いわゆるデコラのイメージは人それぞれなので、お嬢さんのお好みに合うかどうかとなると微妙でしょうね^^;

  5. なつ より:

     はじめまして。昨年から拝見し、収納マン様の意見に勉強させてもらっています。

    今、小二の長女に机を購入しようか(リビング設置予定)と思っています。
    現状は、ダイニングテーブルで勉強、娘の本や小物はニトリのカラボや40㎝のシェルフに収納しています。家は賃貸アパート、3ヶ月の妹がいます。しかし、まだ引っ越しの予定はありません。

    元々カラーデスク希望の娘と、天然木でシンプルな物の好む私とはなかなか平行線で、今年になって、オルレアがいいと言い出し、私の許容範囲になった次第です。

    しかし、今年からベーシックタイプが無くなっています。
    セレクトタイプでもいいのですが、気になるところは奥行55㎝。
    娘の希望は、出来ればですが横に本棚、夫は、単品購入とステップアップの値段が大差ないなら、シェルフが付いている方が良いのでは、という意見です。
    二人の意見を考えるとステップアップになるのですが、私にとっては机の奥行はOKでも、それ以上に気になるのがシェルフの奥行と幅…。

    イトーキのカモミール(セレクトタイプ)なら、横に奥行30㎝の本棚、60㎝の机でいいかと思ったのですが、娘はハートが気になるとのこと。

    なかなか思うようには行かないですね。

    机の奥行、55㎝と60㎝の違いって大きいですか?
    使うのは娘なので、私がシェルフを受け入れるしかないのでしょうか?

    ただ、娘のオルレアの決め手が、見た目の可愛らしさと付属品のレースカーテン、鍵、シールなので、他の机でどうにかなりそうな気もするのですが、いいアイデアが浮かびません。

    まとまらない文章ですいません。何かアドバイスがありましたら、よろしくお願いいたします。

    • 収納マン より:

      なつさま

      はじめまして^^

      カタチ的にはイトーキのカモミールのセレクトでユニットデスクにした状態が理想だけど、お嬢さんは「オルレアのハートじゃなきゃヤダ!」というところですね。
      これは実に難しいですね~^^;

      リビングに置かれるご予定ということではありますが、奥行に問題がなければ将来的なことも考えると奥行はやはり60cm以上あったほうがベターだと思います。
      もちろん、「住めば都」で奥行55cmでも慣れてしまえばまったく問題ないのですが、カモミールの場合はワゴンの引出しがA3対応で収納力があるというメリットもあります。

      また、私も組み替え式デスクの本棚は幅が大きすぎると感じるほうです。
      将来的にカウンタースタイルにされるならオススメと言えますが、それ以外はあまりオススメとは言い難いです。

      実際のところ、ご主人様がおっしゃるように、組み替え式デスクとそれ以外のデスクは価格がそれほど変わらないので組み替え式に流れる傾向が強いと言えます。
      私もなつさんのように棚の奥行や収まり具合のほうを重視するほうなので、組み替え式デスクの「大は小を兼ねる」的な考え方はちょっと苦手です^^;

      オルレアに心ひかれているお嬢さんをカモミールになびかせる方法については、たとえば私ならデスクマットで釣るという方法を試してみます。
      案外、デスクマットさえ気に入ったものが見つかれば、机自体はどうでも良くなるというケースもあります。

      そのほか、オルレアは2018年度から木製椅子が1タイプのみになりましたが、カモミールには2タイプありますので座り比べてみるとか。
      オルレアの奥行55cmのデスクとカモミールのユニットデスク、それぞれを座り比べさせてみるとか。

      決して無理強いせず、「泣かぬなら泣くまで待とうホトトギス」の気持ちでお嬢さんに接し、心が揺れるタイミングを待ってみるのが良いと思います。
      楽観的かもしれませんが、そのうちきっとなつさんの希望がお嬢さんの希望と重なり合う瞬間が来るように思います^^

      • なつ より:

        早々のお返事、ありがとうございます。

        デスクマットですか、なるほど♪
        そう言えば、学習机をはじめて見に行った時、長女もまずデスクマットを見に行っていました(笑)
        「それは後回し!」とその時は言ったのですが、子供にとっては、案外重要なアイテムなのですね。

        ちょっと目先を変えて、お互い気持ち良く購入出来る方法を探してみます。
        本当にありがとうございました。

        • 収納マン より:

          なつさま

          それでしたら、うまく折り合いがつくかもしれませんね♪

          なつさん、お嬢さん、ご主人様、みんなが満足できる机に決まることを祈っております^^

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

マルニ木工
高級志向なのにフレンディ!?マルニ木工の学習机

マルニ木工は広島市に本社を置く総合家具メーカー。 財務悪化のため現在は家電量販店 …

くろがね工作所2017学習机カタログ
目指すはカリモク?くろがね工作所の2017学習机はシェルフで「かわるん」だ!

くろがね工作所の学習机は多くの家具店で扱われています。しかし、ほとんどがいわゆる …

「学習机って本当にいるの!?」座談会@コイズミファニテック20161204
満員御礼!12/4「学習机って本当にいるの?!」座談会@大阪のご報告

先日の12月4日(日)にコイズミファニテックのショールームで開催しました「学習机 …

イトーキ・ポルク・フリーワンタイプ
これぞイトーキ品質!すべてはこだわりの結果だった【イトーキ突撃レポート3】

イトーキ突撃レポート第3回目。今回は学習机の脚形状など、細かいことについていくつ …

イトーキ・KM67アイスブルー
学習椅子の購入率は70%!?学習机よりも購入率が高い理由は…

前回はJOIFA学習用家具部会公表の学習机の購入率が55%にまで下がっていること …

BenQ・WiT MindDuo親子デスクライト
シェード幅が狭いのに広く照らせる!BenQ「WiT MindDuo親子デスクライト」

我が家では子供2人の学習机にそれぞれコイズミファニテックのECL-357とツイン …

コイズミファニテック・ショールーム大阪
学習机は入学式に間に合わなくても構わない!?【コイズミ突撃レポート1】

2016年度の学習机商戦もピークを越えた感じではありますが、ひとつどうしても気に …

ヒカリサンデスク・SDW-サンワークス
4増6減でラインナップ立て直し!?ヒカリサンデスク(光製作所)の2017学習机

ヒカリサンデスク(光製作所)の2017年度学習机カタログは、デジタル版が9月20 …

JOIFA「学習机のある生活」ポスター
これは泣ける!「学習机、それは子どもにとって初めてできる自分の空間」

「学習机のある生活」 学習机ができてから五十数年。 いつの時代も子供たちを身近で …

PIENIKOTI(ピエニコティ)2016キッズ家具カタログ
脇木工ってホントに木工家具メーカー?モモナチュラル/ピエニコティの2016学習机

確認してみたら、Momo Natural(モモナチュラル)とPIENIKOTI( …