学習机評論家のオススメ

学習机評論家・収納マンが、学習机の選び方やオススメのデスクなどを紹介します。

*

【2018年度メーカー別徹底分析】コイズミファニテックの学習机

   

どうも最近は新商品など目新しい情報に飛びついてしまうことが多くて、情報を「面」ではなく「点」で捉えてしまい、読者にとって分かりにくくなってしまっているのではないかと思うことがあります。そんなわけで、こちらにブログを移転してからちょうど3年経つということもあり、改めてメーカー別に分析してみたいと思います。

まずトップバッターは学習机最大手のコイズミファニテックについてお送りしたいと思います。

 

コイズミファニテックとは

コイズミ新ロゴマーク

コイズミファニテックはコイズミ照明などを擁する小泉産業グループの家具メーカーで、大阪市西区に本社を構えています。世間ではコイズミと言うと照明器具やヘアドライヤーなど(小泉成器)のイメージが強いと思いますが、コイズミファニテックは国内家具メーカーとして10本の指に入る規模を誇ります。

業界で初めて照明器具付きの学習机を発売するなど絶えず革新を起こしており、現在主流となっている組み替え式デスク(ステップアップデスク)もコイズミファニテックが開発したものです。



コイズミファニテックの学習机ラインナップ

  • ステップアップデスクシリーズ
  • スタディアップデスクシリーズ
  • コーディネートシリーズ
  • ベッドデスクシリーズ
  • ホームステーションシリーズ
  • マルチラック

コイズミファニテックの学習机ラインナップは現在、ステップアップデスクとスタディアップデスクの2シリーズが主力となっており、コーディネートシリーズはそれらを補完する位置付けと考えられます。また、ベッドと合わせた子供部屋の提案ということでベッドデスクシリーズ、中高生以上や大人向けにホームステーションシリーズを展開しています。

さらに、リビングダイニング学習の普及で、デスクは要らないけど収納スペースが欲しいというニーズが高まっているため、Sラックなどのマルチラックが用意されています。

ステップアップデスクシリーズ

現在学習机のスタイルでもっとも人気があるのは組み替え式デスクです。コイズミファニテックのステップアップデスクLは全部で5パターンのレイアウト変更が可能となっており、デスクをリビングダイニングに、本棚を子供部屋に置くなど、間取りやニーズに合わせて組み替えることができます。

分割して設置すればコンパクトに使える一方、スタンダードスタイルにすれば奥行が762mmとかなり広く使えることも人気のひとつと言えます。一方でデザインがいかにも学習机っぽい、組み替えが大変、無駄なものまで買わされている感じがする、などの意見もあります。

【関連】組み替え式デスクが人気の理由は奥行が広いこととL型カウンターにできること!?

スタディアップデスクシリーズ

リビングダイニング学習の普及や、いかにも学習机っぽいものが敬遠される傾向を踏まえて、2016年度に大量投入されたのがスタディアップデスクシリーズです。全部で10パターンのレイアウト変更が可能で、設置場所の変更や子供の成長に応じてさらに多様に組み替えできるようになりました。

スタディアップデスクが登場するまでは奥行55cmというサイズは一般的ではありませんでしたが、この登場以降、ほかのメーカーからも奥行55cmのデスクが多数発売されるようになりました。奥行55cmというサイズは受験勉強を踏まえるとやや物足りない寸法ではありますが、リビングダイニングに収まりが良いサイズと言えます。

スタディアップデスクのレイアウトで一番人気なのはユニットスタイルとなっています。ステップアップデスクは本棚の圧迫感が強いものの、スタディアップデスクのユニットスタイルは本棚の圧迫感が少なく、いかにも学習机っぽい感じではないことが支持されていると思われます。

【関連】学習机戦国時代を制すのはコイズミ!?2017年度はスタディアップで横綱相撲

コーディネートシリーズ

コーディネートシリーズのビーノは発売から10年が経つコイズミファニテックの定番中の定番となっており、もちろん売れ筋商品なのですが、現在のステップアップデスクとスタディアップデスクの2本立ての状況にあっては、それらの補完的役割を果たしていると言えます。

ステップアップデスクのような大きな本棚は要らない、スタディアップデスクの奥行55cmというのはちょっと心許ない、オールインワンではなく必要なものだけセレクトしたい、といったニーズに応える商品というわけですね。

2018年度登場のルトラは奥行55cmですが、これはスタディアップデスクの必要なパーツだけ選べるタイプと見ることができるでしょう。

ベッドデスクシリーズ

子供部屋を設えるにあたって、デスクとベッドを一緒にコーディネートしたい、狭い空間を有効利用できそう、といったニーズに応じて用意されているのがベッドデスクシリーズです。

ただ個人的には、こういうのを置いちゃったがために家具レイアウトに苦しむというお宅をたくさん見てきましたので、あんまりオススメできないですね。収納スペースが多く確保できそうに見えますが、中途半端な収納量でモノが分散してしまい、使いにくいとも言えます。ただ、お子さんが喜ぶというのも事実ですので、むげには否定できません。

【関連】主に3パターン!子供部屋に学習机とベッドを置くレイアウト

ホームステーションシリーズ

いかにも学習机っぽいものが敬遠される中、人気を集めているのがホームステーションシリーズです。学習机の製造でノウハウを培ったコイズミファニテックが送り出す書斎家具ですね。

学習机売場を外れて書斎机売場を見ても、一昔前はロクなものがありませんでした。かたやカリモク家具や浜本工芸といった国産高級品、かたやあまりにも安っぽいパソコンデスクのようなものばかりで、その中間が存在しなかったのです。

コイズミファニテックのホームステーションシリーズは学習に最適とは言えないものの、子供が使っても問題ない堅牢性を備えており、デザインも子供が成長してから使うにも違和感のない質感を備えています。

マルチラック

リビングダイニング学習が普及し、宿題はダイニングテーブルやリビングテーブルでするからデスクは要らない、けれども収納スペースは必要ということで、にわかにランドセルラックに注目が集まるようになりました。

しかし、以前はロクなものがありませんでした。ダンボールやMDF合板むき出しのものでも価格は割高で、小学校を卒業したら使い物にならないシロモノばかりでした。

他方、コイズミファニテックが2017年度に送り出したSラックだけは将来的な使い方も提案されており、小学校を卒業してランドセルが必要なくなっても十分使えるラックとして大ヒットとなっています。

【関連】ランドセルラックはシンプルなほうが収納しやすい!コイズミファニテックの「Sラック」

 

LEDデスクライトが最強

コイズミファニテックの人気の秘訣は豊富な学習机のラインナップだけではありません。さすが照明器具メーカーを抱える小泉産業グループということもあって、業界でいち早くLEDをデスクライトに採用するなど、常に最先端を進んでいます。

基本的に学習机メーカーが扱うLEDデスクライトはシェードの幅が広いですが、これは参考書などを机いっぱいに広げてもムラなく照らせるようにするためです。また、近年は調色機能を備えたものがスタンダードになっています。いずれも子供の目の健康を第一に考えた結果、このような仕様が採用されていると言えます。

コイズミファニテックのLEDデスクライトはコスパも良く、ほかのメーカーの学習机を買った場合にも買い求められることが多くなっています。

【関連】【保存版】子供の目に良い学習用「LEDデスクライト」の選び方

 

デスクチェアにも注目

子供の目の健康と並ぶ親の関心事は姿勢ですよね。コイズミファニテックのハイブリッドチェアは敢えて回転しないように作られています。また、ベストフィットチェアは6本脚を採用することで安定性を向上させています。

さらにいずれのチェアも板ウレタンではなくモールドウレタンを採用しているので、座り心地が良いだけでなく耐久性にも優れています。

そのほか、コイズミファニテックは木製チェアのラインナップも豊富で、材質や機能だけでなく様々なカラーバリエーションの中から親子一緒に選ぶ楽しみも用意されています。

 

カタログ外の注目モデル

コイズミファニテックは学習机での豊富な実績を買われて、多くの家具販売店などでオリジナルモデルが採用されています。ここではその一部をご紹介しましょう。

KEYUCA・ニノス

ケユカ×コイズミファニテック・ニノス出典:KEYUCA

無印良品的な雰囲気でありながらマトモな家具が買えるインテリアショップの「KEYUCA(ケユカ)」では、ニノス、アロン、ノーブルの3モデルの学習机がラインナップされています。いずれも製造しているのはコイズミファニテックですね。

ケユカのニノスは学習机としての機能を備えながら、女性好みのデザインに仕立て上げられています。しかも、ただ雰囲気が良いだけでなくオーク無垢がふんだんに使われており、「シンプルで長く使えそう」という期待を裏切らない品質となっています。

ファニチャードーム・TOKKU

コイズミファニテック×ファニチャードーム・TOKKU出典:ファニチャードーム

東海地方を地盤とする家具販売店・ファニチャードームでは、オリジナルモデルとして「TOKKU(トックー)」が扱われています。タモ材の木目がちょっとワイルドですが、木の風合いがうまく活かされています。

トックーは2017年度で廃番となったプレオのコーディネートシリーズのように、デスク、ワゴン、シェルフの組み合わせを選ぶことができます。価格も比較的手頃なところが良いと思います。

【関連】ナニこれマジ最高!コイズミファニテックの「TOKKU」@ファニチャードーム(安井家具)

OD-1.5 Lo

コイズミファニテックの隠れた人気商品と言えるのがこちらの「OD-1.5」。これは商品名こそ変わっていますが、品番からすると2017年度の「OD1-WOODY」とまったく同じ商品だと思います。

割りと多くの家具販売店で扱われているコイズミファニテックのカタログ外商品で、CDコンパクトの95cm幅では小さい、やっぱり天然木が良い、といったニーズに応える商品と言えます。

2018年度登場の「RD」のロータイプとも言える存在で、レイクウッドのように取っ手部分のコーディネートを楽しむこともできます。ロータイプだけでなくハイタイプもあります。

【関連】コイズミ・CDファースト/コンパクトよりお買い得!?「OD1-WOODY」ODS-59/ODF-59

 

以上、簡単にまとめたつもりでも、コイズミファニテックのラインナップは豊富なので、かなりのボリュームになってしまいますね。コイズミファニテックはラインナップが豊富なだけでなく商品開発力も圧倒的で、学習机業界のトヨタと言っても良いほどではないかと思います。

ちなみに2018年度のコイズミファニテックの表紙は、従来から長く使われた「Kid’s fun」から「and desk」にキャッチフレーズが変わりました。決して子供の楽しみがなくなったわけではなく、「机と一緒に成長する」という視点をより強く意識したということでしょう。

子供を育てていると学びや気づきが多いものですが、私も学習机を研究していて少しは成長できたように思います(笑)

 - メーカー, 2018学習机

Comment

  1. hide より:

    収納マン様、こんにちは。

    現在、生涯学習センターといういわゆる、公民館みたいなところに勤務していますが、このたび中高生向けの部屋、4部屋ぼどに談話用のイスとテーブル、勉強用のイスとテーブルをたくさん購入することになりました。あと、棚、ロッカーなどの家具類でしょうか。机などは家庭用の学習机とは異なります。
    イトーキかコイズミファニテックを候補にしています。この二つのメーカーで特色はありますか?あと、おすすめメーカーはありますか?ほかに、何か選択にあたりアドバイス等ありましたらよろしくお願いいたします。
    浜本にそういう商品ないのは残念ですが。(笑)

    • 収納マン より:

      hideさま

      こんにちは^^

      それは責任重大なお仕事ですねー。
      利用者に快適に過ごしてもらえるように考えることはやり甲斐もありますが、予算など頭の痛いことも多そうです^^;

      このような場合は、メーカーに直接相談されるのがよろしいかと思います。
      イトーキ、コイズミファニテックともに、コントラクト営業という部門があり、公共施設やオフィスなどの施設向け家具を法人向けに提案しています。
      ほかにも、くろがね工作所、オカムラ、コクヨ、光製作所なども同様の部門があります。
      飛騨産業も最近はコントラクトに力を入れてますね。

      もちろん、規模や要望によって得意不得意があるとは思いますが、自社商品だけでなく関連会社の商品の提案があったり、オーダー家具やリフォームの提案があったりもします。
      レイアウトだけでなくインテリアコーディネートや大事な予算の面でも相談に乗ってくれるはずです。

      あまり決め打ちにせず、まず話を聞いてくれそうなところから片っ端に見積りや提案を受けてみるのが良いのではないでしょうか。
      今はオフィス需要や五輪関係の仕事がひと段落してしまっているので、良いタイミングだと思いますよ^^

  2. hide より:

    収納マン様
    早い回答ありがとうございました。
    予算が確定したのが、昨日で12月10日のイベントに間に合わさなければならず、おかげさまで手間がはぶけました。収納マン様のアドバイスによりさらに、コクヨと光製作所にカタログ請求いたしました。飛騨産業は予算面で厳しく、ネットカタログ見たところ他はデザイン面でどうかという感じでした。あとは、反応が良く、親身にやってくれそうなところで検討してみます。いろいろアドバイスありがとうございました。

    • 収納マン より:

      hideさま

      早いですね!早速、行動に移されたのですね!

      予算が分かっていれば、営業も動きやすいと思います。

      良い提案がもらえると良いですね^^
      私もどんな感じになるのか、興味津々です(@_@)

  3. レインボーベア より:

    収納マンさま

    こんにちは。子どもが小学生になるにあたり、学習机を買おうと参考にさせていただいています。小学生の間はリビングから見える中2階に子ども二人分の学習机を並べたいと思っています。置く場所の広さ的に、幅が90センチのものしか置けないのですが、子ども部屋にうつしたときにはワゴンを横に並べれば使用感は大丈夫でしょうか❓
    コイズミのビーノ、ルトラ、リファルドで迷っています。お店でリファルドを見て一目ぼれしたのですが、学者机ではないからどうかな〜と思っていたところ、カタログでビーノもいいかなと悩み始めて、ルトラにも心をひかれています。どう思われますか❓

    • 収納マン より:

      レインボーベアさま

      はじめまして^^

      コイズミファニテックのビーノ、ルトラ、リファルド。
      この3つの中で言えば、ビーノがもっとも無難だと思います。

      ビーノなら天板奥行が60cmありますし、スリムワゴンでも天板リフティング式となっていますから、幅90cmのデスクと並べればトータル幅120cmの作業面が確保可能です。

      一方のルトラとリファルドは天板奥行が55cmで、スリムワゴンは天板リフティング機能がありません。
      デスク横にワゴンを並べても物置にしかならないというのがネックです。

      個人的には、幅は90cmでも100cmでも大差ないと思うのですが、奥行はやはりA4サイズが前後に並べられる奥行60cm以上が理想だと思います。
      設置場所に奥行の制約や見た目の問題がないならなおさらでしょう。

      あと、脚形状からしてリファルドよりもルトラのほうが、ワゴンを収めた場合に足元がちょっと窮屈になりそうです。
      ルトラはデスク引出しが1杯、リファルドは2杯ということもあり、実用性ではリファルドのほうが上回るのではないかと思います。

      もっとも、リファルドには引出しに鍵がないので、お子さんが「鍵付きのほうが良い!」と言ったら悩ましいですけどね^^;

  4. レインボーベア より:

    収納マンさま

    早速のお返事、ありがとうございます‼︎
    リファルドとルトラの奥行きが狭いことはわかっていましたが、スリムワゴンにリフティング機能がないことには気づいていませんでした。そうなると、ビーノがいいですね!
    ありがとうございます。
    子どもにもカタログを見せたところ、ビーノを気に入ったみたいです。
    月末の主人の休みに店舗に見に行こうと思っています。
    ビーノが第一候補ですが、他メーカーで似たような感じで90センチ幅のおすすめがあれば教えてください。

    • 収納マン より:

      レインボーベアさま

      一昔前は90cm幅のデスクも割りとニーズがあったんですけどね。
      今は家が広くなったわけでもないのに90cm幅を希望される方はほとんど見かけなくなり、ラインナップも非常に少なくなりました。

      ケユカ×コイズミファニテックのノーブルも幅90cmですが、こちらもワゴン天板は固定で、しかもデスク奥行は45cmしかありません。
      イトーキのweb限定モデル・ロロックもワゴン天板は固定です。

      小島工芸のトリトンは90×60cmでワゴン天板はリフティング式、しかも国産ですけど、IDC大塚家具かルームズ大正堂なら置いているでしょうか。
      2018年度新作モデルなので、私もまだ見ておりません。

  5. レインボーベア より:

    収納マンさま

    ありがとうございます。
    90センチ幅は少ないのですね!
    トリトン、見ることができたらみてみたいと思います。
    ありがとうございました。

    • 収納マン より:

      レインボーベアさま

      そうなんですよー。
      でもビーノでご満足いただけるようなら、それがベストだと思います^^

      • レインボーベア より:

        収納マンさま

        週末、見に行ってビーノで決めたいと思います!そこで、もう少し相談させてください。ビーノの机の上のブックラックですが、本立てよりエクステンション本立ての方が使いやすいでしょうか❓様子を見て、後日購入してもいいかなとも思っていますが迷っています。
        それと、収納マンさまはビーノの二段ベッド、どう思われますか❓二段ベッドも前から探していて、机のカタログにのっているのを見てひかれています。

        • 収納マン より:

          レインボーベアさま

          ビーノの本立てかエクステンション本立てか…これは悩ましいところですね~。
          実際のところ、本立てを置いても、それだけでは収納量が足りないので、本立てに本を立て掛けるかたちで天板幅いっぱいに本を並べることが多いと言えるでしょう。
          「それなら最初からエクステンション本立てで良いんじゃない?」という考え方はできると思います。
          また逆に、「そもそも本立てなどを使わずにファイルボックスで良いんじゃない?」という考え方もアリです。

          本立てとファイルボックスを比較した場合、大きく異なるのは小引出しの有無です。
          たいしたものは入らないので、個人的にはあまり小引出しの必要性を感じません。

          つまるところ、個人的にはまずファイルボックスを置いてみて、「やっぱり…」ということであれば本立てやエクステンション本立てのご購入を検討していただければ良いのではないかと思います^^

          ビーノの2段ベッドは、普通に良いと思いますよ。
          いわゆる宮付き2段ベッドですので設置面積はやや大きめですが、スペースに余裕があれば問題ないでしょう。

          また、ビーノの2段ベッドは一般的な2段ベッドと比べた場合、頭のほうを跨ぐかたちで棚が取り付けられているというのが大きな特徴と言えます。
          一般的な宮付きベッドは厚みのあるヘッドボードの上が棚になっています。
          ビーノ、それとレイクウッドの2段ベッドは、デッドスペースをうまく活かしていると言えるでしょう。

          • レインボーベア より:

            収納マンさま

            こんにちは。アドバイスありがとうございました。週末に家具やさんに見に行って、ビーノに決めました。本立ては様子を見て、後日購入にしました。とりあえず机は決めたのですが、今度は椅子で迷ってしまい、ビーノ椅子とビスク、どちらがいいかなあと。どちらも展示がなく、実物を見れなかったので余計迷ってしまい、椅子はきめきれませんでした。あと、店員さんからスリムワゴンはなくてもいいかもしれませんよ?机と椅子だけの方も結構いらっしゃいますと言われたのですが、どう思われますか❓主人もデスクについてる引き出しだけでいいんじゃない?と言うのですが、デスクが90センチなので、ワゴンがないと幅を広げられないし、狭くないかなあと心配しています。
            二段ベッドの件もありがとうございます。あんしんしました!

          • 収納マン より:

            レインボーベアさま

            まず椅子について、ビーノチェアとビスクを比較した場合、違いがいくつかあります。

            ・ビーノは斜め前脚、ビスクはボックス脚
            ・ビーノは座面奥行スライド調節式+高さ連動調節、ビスクは前後2段階
            ・ビーノは足元棚がある、ビスクはない
            ・ビーノの座面はPVCレザー張り、ビスクは布張り
            ・ビーノの材質はタモ、ビスクはオークが選べる

            実はこんなにも違いがあるわけですが、順番に見ていきましょう。
            まず脚形状について、特に幅がコンパクトなデスクに座りやすいのはビーノチェアのほうです。
            前脚が斜めになっているため、椅子をあまり引かなくても斜め後ろから滑り込むようにして座りやすいです。

            座面の奥行調節についても、ビーノチェアのほうが良くできていると言えるでしょう。
            もっとも、お子さんの体格が大きければ、あまり大きな問題はないと思いますが。
            また、これは実際に座り比べてみないと実感しにくいかもしれません。

            足元棚の有無については、実際にここにランドセルを置かなければまったく問題ないでしょう。

            座面の張地については基本的に一長一短です。
            PVCレザー張りは汚れや摩耗に強い一方、ちょっとした切れ目で一気に裂けることもありますし、冬は冷たく感じます。
            布張りは手触りが良く冬は暖かいものの、夏は暑いうえに汗が染み込みやすく、汚れや摩耗にも弱いです。

            材質については些細な違いですが、ビーノデスクはナラ材なのでオークのビスクのほうが近いと言えます。

            ちなみに、床にはカーペットなどを敷かれるご予定でしょうか?
            中二階に90cm幅デスクを2台並べられるということから、そうではないような気がしたのですが…。

            フローリングの上に直接チェアを置いて使う場合、キャスター式だとフローリングに押しキズが付きやすくなります。
            ですので、フローリングで使う場合は4本脚チェアがオススメです。

            【関連】ダイニングテーブルにセットするのに最適な4本脚の子供用学習椅子まとめ

            スリムワゴンについては、文房具を収めるだけであればデスク本体の引出しだけでも十分でしょう。
            ただ、デスク周りは大人であっても「引出しがもっと欲しい!」と言う人が多いくらいです。
            デスクの上にバラバラとモノを置きたくない、勉強をするだけでなく子供にとって居心地の良い空間にしてあげたいと願うなら、私は引出しが多いほうが理想的ではないかと考えています^^

  6. レインボーベア より:

    収納マンさま

    早速のお返事ありがとうございます。イスでもそんなに違いがあるんですね。お恥ずかしいことに、机を決めたら椅子もおなじもので決まりと思っていたのですが、椅子はどれになさいますか❓と店員さんに聞かれ、そこで初めてイスについて考え始めた次第です。
    御察しのとおり、フローリングに置きます。となると、4本脚がいいですね。四本脚の過去記事も見させていただき、また頭が混乱です。ビーノの色合いに合うイスはどれでしょうか❓
    アドバイスいただき、ワゴン子どもは欲しがってたので、購入しようと思います。

    • 収納マン より:

      レインボーベアさま

      ビーノに合わせるなら、材質や色ツヤはケユカ×コイズミファニテックのアロンチェア一択でしょうね。

      次点として、予算的にアンバランスかと思いますが、たなとつくえのハロウチェア、リーズナブルなところで言えば、一生紀のフィオーレでしょうか。

      いずれも、実物をご覧いただける店舗がお近くにないかもしれませんが^^;

  7. レインボーベア より:

    収納マンさま

    いろいろとアドバイスありがとうございます。主人と子どもとおすすめの椅子の画像を何回も見て、検討した結果、私はアロンチェアがいいと思ったのですが、主人と子どもは座るとこが木は嫌だと、私は汚れてもふけるし、いいなあと思ったのですが(^_^;)いろいろ検討するなか、フィオーレに座面カバーが別売してあることに気づき、カバーをしておいて、汚れたら買い換えればいいかと考え、フィオーレを購入することになりました。近くに現物がなく、ネットで注文することになるため、色合いが合うのか、それだけが心配です。

    • 収納マン より:

      レインボーベアさま

      一生紀のフィオーレならビーノのナチュラル色でもウォルナット色でも割りと合うと思いますよ(あくまで私の主観ですが^^;)。
      板座のアロンチェアを外したうえでデスクとのバランスも考えると、先にご案内したリストの中ではフィオーレが一番マッチすると言えるでしょう。

      フィオーレはほとんど取り扱っている店がありませんので、ネットでエイヤと買っていただくしかないですね^^;
      もしくは一度、一生紀に問い合わせてみてください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

イトーキ・カモミール・リビング あしたラック GCL-AR-NW
【妖怪ウォッチのデスクが登場】2016イトーキはリビング学習対応も充実

前回お伝えした通り、2016年度のイトーキは多くの点で変更がありました。前回はほ …

ヒカリサンデスク2018カタログ
【2018年度メーカー別徹底分析】ヒカリサンデスク(光製作所)の学習机

「2018年度メーカー別徹底分析」の第5弾は、ヒカリサンデスク(光製作所)の学習 …

浜本工芸・No.70デスク
浜本工芸の「完コピ」ダイニングチェア、シラカワに「コピー商品」と訴えられるの巻

私は口が悪いもので、ついつい余計なことを口走ってしまいます。先日も浜本工芸のNo …

イトーキ・ポルク棚付デスク
【値引率の大きい激安学習机】イトーキのお買い得No.1は「ポルク棚付デスク」

先日来お送りして参りました「価格帯別オススメ学習机」を調査する過程で、イトーキの …

大商産業(金次郎デスク)2018年度学習机カタログ
学習机のリアルがいま明かされる!大商産業の2018年度学習机と人気ランキング

私の妻は会社でお弁当を食べるときに、よくスープ春雨を食べます。スープ春雨をセット …

レグナテック・リーヴス
脚フェチにはたまらん!?脚と素材と塗装が選べる、レグナテックのリーヴス

調べ物をしていたら、とんでもないデスクを発見してしまいました!学習机とは言えない …

浜本工芸本社
【2018年度メーカー別徹底分析】浜本工芸の学習机

「2018年度メーカー別徹底分析」の第4弾は、浜本工芸の学習机です。 学習机を購 …

イトーキ大阪本社
2016年度イトーキ新作学習家具発表会に行って参りました!

「【お知らせ】2016年度学習机シーズンに向けて」の記事で、”6月に入ると、学習 …

キシル・クラシカルセット
ある意味サイコーの贅沢!15周年を迎えた「純国産」のXYL(キシル)学習机2017

いま家具業界では「違法材」の問題がクローズアップされています。周知のとおり、日本 …

イトーキ・KM67アイスブルー
学習椅子の購入率は70%!?学習机よりも購入率が高い理由は…

前回はJOIFA学習用家具部会公表の学習机の購入率が55%にまで下がっていること …