学習机評論家のオススメ

学習机評論家・収納マンが、学習机の選び方やオススメのデスクなどを紹介します。

*

学習机戦国時代を制すのはコイズミ!?2017年度はスタディアップで横綱相撲

      2016/08/03

ちょっと手違いなどがありまして予定より遅くなりましたが、コイズミファニテック2017年度学習机の全容が分かって参りましたのでご報告したいと思います。

2016年度のコイズミファニテックはスタディアップシリーズを一気に6モデルも投入し、学習机戦国時代に一気に勝負を賭けてきたように見えました。売場では「コイズミでなければ学習机でなし」と言わんばかりに存在力を増し、他社はタジタジ…。少なくとも私にはそういう印象がありました。

とは言え、学習机市場全体が盛り上がりを欠くなか、スタディアップデスクがそんなに売れているようには思えませんでした。かと言ってあれだけ展示を誇ったわけですから、大コケもないだろうと。そして、シーズン最後にはコイズミファニテックから直接「想定通りの売れ行き」と聞いていたものの、「ホンマかいな?」と思っていたのもまた正直なところです。

【関連】安心してください!スタディアップデスクは売れてますよ【コイズミ突撃レポート2】

コイズミファニテックのスタディアップデスクが本当に売れているのかどうかは2017年度のラインナップを見れば分かるはず。コケていればラインナップが減っているだろうし、本当に売れているなら2016年度のラインナップが踏襲されるはずですからね。

今回はまずそこらへんを中心にレポートしたいと思います。

 

スタディアップデスク、まさかの1モデル増!

コイズミファニテック・Colfee(コルフィ)スタディアップデスク

ぶっちゃけ、いくらスタディアップデスクが想定通りに売れても、ラインナップは減るだろうと考えていました。いくら「お子さんがが選ぶ楽しみを大切にしたい」と言ったってビジネスですからねー。ラインナップを維持するとどうしても効率が悪いわけで。

ところがどっこい。2017年度のコイズミファニテックのフタを開けてみれば、まさかまさかの1モデル増!減るどころか増えているではありませんか!うーん…スタディアップデスクは本当に想定通りに売れちゃったみたいですねー。今の今まで信用しなくてゴメンナサイです(苦笑)

いつもご対応くださっているコイズミファニテックのYさん曰く、「ウチはやっぱりカラーデスクNo.1のメーカーですから」ということで自信を持って投入したのが上写真の「Colfee(コルフィ)」。取っ手や上棚の縁のパーツが、ベースカラーまたはアクセントカラーで選べるようになっています。

ベースカラーはこちらのWW色と、あとで紹介するNS色の2色で、アクセントカラーはそれぞれ3色ずつの計6色のラインナップ。カラーデスクと言っても主材はMDF合板ではなくラバーウッド(ゴムの木)無垢。決して安っぽくなく、私は良いと思いますけどねー。

 

さらにバージョンアップして10スタイル対応に

コイズミファニテック・PREO(プレオ)スタディアップデスク

もうひとつ驚いたのが、もともと8スタイルに変化したスタディアップデスクが10スタイルに変幻自在になったこと。上写真の「(新)スーパーワイドスタイル」は2016年度モデルでは実現できなかったレイアウトです。本棚の寸法を一部変更したことで、本棚の上半分が上写真のように足元に収まるようになったのです。

もともとのスーパーワイドスタイルでは本棚の上半分が壁側にあったわけですが、2017年度版では脚に沿って置かれるので足元が広々して良いですね。それにしても新発売の翌年にさらにバージョンアップするなんて、「勝って兜の緒を締めよ」ということわざのお手本のようではないですか。

 

スタディアップデスクはユニットデスクの進化版!?

コイズミファニテック・Colfee(コルフィ)スタディアップデスク

2016年度にスタディアップデスクを購入されたお宅の設置状況についてアンケートを取ったところ、設置場所はリビングダイニングが26%、子供部屋が74%となったそうです。Yさん曰く、「確かにスタディアップデスクはリビング学習用というわけではなく、どこにでも置けることをコンセプトにしていますが、子供部屋に設置されているお宅がこんなに多いとはまったく予想していませんでした…」という通り、私もこの結果には驚きました。

さらに、どのスタイルで設置しているかと問うと、以下のような結果となったそうです。

1 ユニットスタイル 38%
2 コンパクトスタイル 19%
3 セパレートスタイル※ 17%
4 ファーストリビングスタイル 10%
5 リビングスタイル 6%

※2016年度のセパレートスタイルは2017年度はセパレートワイドスタイルとなります

8スタイルも選べるとどのスタイルにしたら良いのかと悩んだ方も多かったと思いますが、フタを開けてみればユニットスタイル、つまり左か右かに本棚を横向きに置いて使う一般的なユニットデスクのかたち(上写真の状態)が圧倒的に多かったということです。

私はスタディアップデスクを「8スタイルに変幻自在な新種の学習机」と解釈していたのですが、どうも「組み替え自由なユニットデスク」と解釈したほうが良かったのかもしれません。そう言えば2016年度はこちらでもユニットデスクの引き合いが多かったですねー。2017年度は他社でもユニットデスクに力を入れる動きがあるようですが、今まで組み替えデスク一辺倒だったのが、2017年度からはスタディアップデスクを中心にユニットデスクにシフトしていくのかもしれません。

 

しかし、コイズミファニテックのスタディアップデスクは想像以上に破壊力がありそうです。昨年度はスタディアップデスクが大量投入されるのを見て、「ほかのメーカーを全部潰す気か!?」と思いましたが、コイズミファニテック自身はそのつもりはないものの、2017年度の展開次第では本気で学習机からの撤退を考えるメーカーが出てくるような気もします。

なにしろ、2016年度は首都圏以外ではあまりスタディアップデスクは展示されていませんでしたから。私も含め、田舎者は保守的なんですよ(苦笑)しかし2017年度はさすがに地方の家具屋もスタディアップデスクを展示せざるを得ないでしょう。そうすると、地方でも「これが東京で人気のスタディアップデスクだべかー」と皆がこぞって買い始める可能性があります。こうなるともう、他社は指をくわえて見ているしかありません。

ほかにもスタディアップデスク関連のネタは豊富にあるんですけど、今から全部ネタバレしちゃうと後の楽しみがなくなってしまうので、とりあえず今のところはここまでということで。次回は他のデスクにも目を向けていきたいと思います。

 

【続編】2017年度のコイズミファニテック学習机はフルマイナーチェンジ!?

 - メーカー, 2017学習机

Comment

  1. りっちゃん より:

    一瞬、かわいい、使いやすそうと思いましたが、やはりシンプルが一番。
    今のところ、これだ!と思うのがないのが、正直なところです。

    • 収納マン より:

      りっちゃんさま

      新商品のコルトですか?
      そうですね、カワイイと思いますよ。
      ラバーウッドの学習机というと一昔前の木目がなくてツヤツヤテカテカのイメージがありますが、そういう安っぽさは感じられないです。
      上手にマット塗装してあります。

      パッと見た目はシンプルですけど、やはり組み替えデスク的な要素があるので、帯に短したすきに長しの感は否定できませんね。
      個人的にはやはりシンプルを目指すならベーシックデスクだと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

キシル・クラシカルセット
ある意味サイコーの贅沢!15周年を迎えた「純国産」のXYL(キシル)学習机2017

いま家具業界では「違法材」の問題がクローズアップされています。周知のとおり、日本 …

ケユカ×コイズミファニテック・ニノス
余計なモノなんて要らない!シンプルな上棚付きベーシックデスクが欲しい!

2017年度はイトーキのリーモとカモミールのベーシックデスクが事実上復活したもの …

ヒノキクラフト・Siデスク[M]
XYL(キシル)にソックリ!?ヒノキクラフトの学習机

前回紹介しましたXYL(キシル)からの流れで、今回はキシルにそっくりなヒノキクラ …

大塚家具製造販売・トライアングル4点セット
大塚家具製造販売の2016新作学習机が楽天市場でも買えるようになった件

引出しが頑丈ということで収納マンが高く評価している大塚家具製造販売の学習机。20 …

アクタス・リピア
アクタスさん出番ですよ!「リピア」にクリソツなシギヤマ家具工業の「結」

先日、オープンしたばかりの東京インテリア家具大阪本店に足を運んだついでに、島忠ホ …

大雪木工・Le Terre(ラ・テール)
横揺れするから大切に使って欲しい。旭川「大雪木工」(にんぐる)の学習机

先日、楽天市場で学習机をいろいろ見ていると、ウレタン塗装の国産学習机で素敵な感じ …

大商産業2016学習机カタログ
まるでコイズミファニテックのビーノとプレオを足して2で割ったみたい!大商産業のオークシリーズ

先日、大商産業(金次郎デスク)から学習机カタログが送られてきました。いやー、大商 …

マルニ木工
高級志向なのにフレンディ!?マルニ木工の学習机

マルニ木工は広島市に本社を置く総合家具メーカー。 財務悪化のため現在は家電量販店 …

コイズミファニテック・ODB-932TN TOKKU Mシェルフ
学習机評論家が選んだ!ベスト・オブ・学習机2017

早いもので、今年も「ベスト・オブ・学習机2017」を発表する時期となりました。 …

小島工芸・ヘンリー
祝・創業130周年!2017年度の小島工芸は久しぶりの天然木デスク「ヘンリー」を投入

確か今年の9月には小島工芸の2017年度学習机カタログのデジタル版が公開されてい …