学習机評論家のオススメ

学習机評論家・収納マンが、学習机の選び方やオススメのデスクなどを紹介します。

*

コスモテクノ・高演色性LEDデスクランプ「CDS-90α」をコイズミファニテックのLEDデスクライトと比較してみた

      2015/11/06

先日、某家具店でコスモテクノの高演色性LEDデスクランプ「CDS-90B」が半額で処分販売されているのを見ました。

コスモテクノの高演色性LEDデスクランプについては以前に何度かご質問をいただいたことがあるのですが、決して悪いものではないものの、学習机メーカーが扱っているLEDデスクライトに比べると大したことはないという印象でした。

それでも一応ちょっとだけ気にはなっていたんですけど、CDS-90Bが半額で処分販売されていたのを見て、改めて調べてみることにしました。すると、どうも今年(2015年)モデルチェンジが行われたことが分かりました。

 

コスモテクノ・高演色性LEDデスクランプ「CDS-90α」

このLEDデスクランプ「CDS-90α」はコスモテクノという日本メーカーの商品で、演色性が高いということを一番のウリとしています。旧モデルCDS-90Bよりも演色性が高く、省電力で、シェードにチルト(傾き)機能も付くなど、バージョンアップしています。

割りとスタイリッシュな感じのデザインで、給電用USBポートも付いているなど、ちょっと大人な感じの仕様となっています。

今回は、この高演色性LEDデスクランプCDS-90αが実際のところ学習用として適しているかどうか、コイズミファニテックのECL-357と比較してみたいと思います。

 

演色性はCDS-90αのほうが高い

CDS-90αは演色性が高いということをウリにしていますので、まずは演色性から比較してみましょう。

CDS-90αの演色性はモードによりRa88~93となっています。対してECL-357はRa約85となっています。つまりCDS-90αのほうが演色性が高い=自然光に近いと言えますが、ECL-357でも十分に高演色であると言えます(一般的なLEDライトや蛍光灯の演色性は70前後)。

 

CDS-90αは4つのモード×5段階調光

CDS-90αは4つのモード(読書・スタディ・リラックス・おやすみ)を備え、それぞれ5段階調光となっています。それに対し、ECL-357は3つのモード(計算・勉強・休憩)となっており、調光機能はありません。

学習用として考えるなら「おやすみモード」は必要ないとしても、調光機能がないというのはどうでしょう?個人的には調色機能さえあれば調光機能は別に必要ないと考えております。実際、我が子の様子を見ても調光機能は使っていませんし、あまり光のパターンが多すぎても混乱するものです。学習机メーカーに話を聞いたことろによると同様の考え方のようです。

ただこのあたりについては考え方は人それぞれでしょうね。自転車だって最初から子供に22段変速のロードバイクを買い与える人だっているでしょうし…。

 

CDS-90αのほうが省エネ

CDS-90αは出力が9Wで、毎日5時間使用した場合の1ヶ月の電気代は約30円。一方でECL-357は17Wで、同条件での電気代は約56円です。ECL-357のほうがシェード幅が広くて出力が倍なのですから電気代も倍程度になるのは当然ですが、単純に比較すればCDS-90αのほうが省エネと言えます

 

ECL-357のほうが均斉度が高い

ここまではCDS-90αの売り文句を上から順に検証しましたのでCDS-90αのほうが有利でしたが、ここからはECL-357の反撃が始まります。

CDS-90αの均斉度は2.67倍以下、ECL-357は1.9倍となっています。つまり、ECL-357のほうが均斉度が高い=光にムラがなく、明暗が少ないために視点移動を繰り返した場合の目に負担が少ないと言えます。

均斉度は3.0倍以内が理想とされていますので、この違いはかなり大きいです。

 

ECL-357のほうが実売価は安い

CDS-90αの実売価は税込15,800円、対してECL-357は楽天市場で同12,900円からとなっています。つまりECL-357のほうが実売価は安いのです。

電気代はCDS-90αのほうが安かったわけですが、デスクライトそのものの価格はECL-357のほうが安いので、計算上は108ヶ月(=9年)使用するまではECL-357を買ったほうがお得ということになります。

もっとも、CDS-90αは40,000時間=20年持つそうなので、10年目以降はCDS-90αのほうがお得という計算になりますが、果たして本当にそんなに寿命が長いんでしょうか…?ちなみにCDS-90αの保証期間は1年、コイズミファニテックの製品は3年です。

 

操作性は互角

CDS-90αはタッチセンサー式で、操作部は下のほうにあるので、子供でも操作がしやすいです。また、コンパクトなのでライト本体の移動や光の向きの調整もしやすいと言えます。一方のECL-357も操作部が中央にあるため操作がしやすく、大型ハンドルが付いているため子供でも光の向きの調整がしやすいと言えます。

CDS-90αはシェードにチルト機構が付いているため、シェードの方向きを変えることができます。ECL-357はアーム式なのでより自由に光の向きを変えることができます。

総じて、操作性は互角と言って差し支えないでしょう。

 

以上の通り比較してみた結果、一概にどちらが良いか悪いかというのは難しいという印象です。ぶっちゃけ、どちらも良いと思います。決め手となるのは、CDS-90αは各モードそれぞれに5段階調光機能がある、ECL-357はシェード幅が広く均斉度が高い、というところでしょうか。

ただ、学習用途で選ぶことを考えれば、個人的にはやはり使わない調光機能よりもシェード幅と均斉度を優先したほうが良いのではないかと思います。シェード幅が狭くて机の端まで光が届かなくて、明暗の差が生じて視点移動で目が疲れてしまうようでは困りますからね。大人が読書で使うんだったらどちらでも良いというか、私が仕事で使うんだったらCDS-90αのほうがカッコイイかなと思いますが。

ちなみに英語伝でのCDS-90αの商品紹介ページは通販サイト特有のメリットだけ強調型となっていますが、コスモテクノの直販サイトは演色性やブルーライトの説明の仕方が適切で分かりやすいです。是非こちらも参照して選んでいただければと思います。

 - デスクライト, 2016学習机 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

セシール・お片付けデスクマット
リビング学習に最適!?「お片付けデスクマット」があれば消しゴムかす対策になるかも

リビング学習と言えば聞こえは良いですが、現実には母と子でダイニングテーブルの取り …

イトーキ・カモミール・リビング ダイニングテーブル GCL-DT14-NW
もし私が子供にリビング学習をさせるとしたら…必要な家具とレイアウトについて考えてみた

我が家には現在、小学5年生の娘と2年生の息子がいます。そして彼女らの学習机はダイ …

2016年度 コイズミ 学習机 arf アルフ スタディアップデスク LDL-099 SK / LDL-100 BN 105幅
【速報版】2016コイズミファニテックは超大型新商品「スタディアップデスク」投入で新しい学習机の歴史を作る!?

学習机メーカー最大手のコイズミファニテックが8月3日に2016学習家具カタログ( …

飛騨産業2016デスクカタログ
続・我が道を行く!2016年度の飛騨産業の学習机は値上げ以外変化なし

今年は飛騨産業のショールーム「飛騨の家具館 大阪」に行こうかと思ったんですけど、 …

ニトリ ・くみあわせですく(JDN-16H WW/LBL)
【ガチ比較】ニトリ・くみあわせですくJDN vs コイズミファニテック・CDファースト

前回、ニトリの2016年度学習机「くみあわせですくJDNシリーズ」を紹介しました …

コイズミファニテック・オルレア・ベーシックデスク
【価格帯別オススメ学習机】平均購入価格帯の7万円台!オルレアの対抗馬はポルク!?

価格帯別オススメ学習机、いよいよ平均購入価格帯の7万円台です。 昨年度はコイズミ …

橋詰家具・Muffin(マフィン)
楠(くすのき)&自然塗装と言えば!橋詰家具(はしづめ家具)の学習机

IDC大塚家具・大阪南港ショールームにも5台ほど並んでいた橋詰家具(はしづめ家具 …

コイズミファニテック・ECL-357の照度分布図
なぜ学習机には多灯式のLEDデスクライトがオススメなのか?本気で説明しちゃいます!

前回は学習用LEDデスクライトのシェード幅が広いほうが良い理由について説明しまし …

コイズミ レイクウッド スタディアップデスク LDL-310AL
【速報】2016年度新作学習机が各社出揃ったようで

6月中旬に学習机メーカー各社の新作モデルの発表会があり、その模様が業界紙である家 …

山田照明・Z-80PRO演色評価数
学習用LEDデスクライトは演色性が高いものが良い?そのメリットとデメリット

前回は日立のLEDシーリングライト「まなびのあかり」を紹介しました。演色性(色の …