学習机評論家のオススメ

学習机評論家・収納マンが、学習机の選び方やオススメのデスクなどを紹介します。

*

コツコツと育み、羽ばたく。2018年度のベネッセ&カリモク家具「学びデスク」

      2017/09/13

以前は、ベネッセ&カリモク家具の「学びデスク」にするか、浜本工芸の天板昇降式デスクにするかというご相談をいただくことが多かったですが、最近はめっきり減りました。

2014年にベネッセが顧客情報漏洩事件を起こしたことで、消費者からの信頼が薄らいだことも影響しているでしょう。我が家も娘が塾に入るタイミングと重なったということもあって、ちょうどその頃に「チャレンジ」をやめました。

それよりも影響が大きかったのが天板昇降式デスクのブームの終焉ですね。同様に天板昇降式デスクに依存していたオカムラも戦略の転換を迫られましたし、コイズミファニテックもイトーキもカタログから天板昇降式デスクが消えました。

かと言って2015年度に投入した「学びデスク 広さ調節タイプ」に人気がシフトしたかというとその様子もなく。選択肢が増えたと言うよりはどっちつかずの印象となり、おまけに2017年度は2割前後も値上げしたので余計に蚊帳の外になった感じがします。

そんなジリ貧とも言える「学びデスク」ですが、世間に注目してもらうためにはそのままというわけにもいかないのでしょう。2018年度は少しばかり変化をつけています。

 

2018年度の学びデスクはここが変わった!

icon
icon

  • 高さ調節タイプ→高さ成長タイプ
  • 広さ調節タイプ→広さ成長タイプ
  • 成長チェア→集中力はぐくみチェア
  • デスクマット投入
  • 無地ラグマット→柄入りラグマット投入
  • チェアに限定ファブリックタイプ投入
  • 限定色「モルトブラウン」投入

2018年度の学びデスクを2017年度と比較した場合、もっとも大きな違いと言えるのは商品名ではないでしょうか。無機質に感じられる「調節」という言葉を「成長」に置き換え、それに押し出される形で「成長チェア」は「集中力はぐくみチェア」となりました。

そもそも「ベネッセの机・椅子」と呼んでいた学習家具が「学び育み環境シリーズ」に変わっており、全体的にイメージ戦略を練り直した印象です。ただ、逆に言うと変わったのは呼び方だけで、肝心の中身は基本的に変わっていないとも言えます。

 

新商品はデスクマット「はばたきシリーズ」

icon
icon

事実上唯一と言える新商品はデスクマットの「はばたきシリーズ」です。”学び成長デスクにピッタリサイズのデスクマット”という割りには横65×縦45cmとかなり小さいサイズです。それでいて価格は税込3,240円と高価です。

なんでこんなに小さいのに値段が高いのだろうと思ったら、TPU(ポリウレタン系熱可塑性エラストマー)樹脂でできているんですね。最近はスマートフォン用のケースでよく使われる素材です。

一般的なデスクマットは塩化ビニール製ですが、材料コストが高いTPUを使うことで価格が高くなってしまったのでしょう。ただ、TPUを使うことでどんなメリットがあるかはちょっと分かりません。

 

新商品はデスクマット「はばたきシリーズ」

icon
icon
そのほか、2018年度のベネッセは、今まで扱っていた無地のラグマット(デスクカーペット)を柄入りのものに変えました。このラグマットもデスクマット同様に「はばたきシリーズ」という商品名になっていますが、鳥などが飛んでいる絵柄だからでしょうか。

また、限定ファブリックのチェアも発売していますが、これは2017年度まであったカバーに代わるものでしょう。デスクおよびチェアには限定色のモルトブラウン色も投入されています。

なお、いずれも「限定」とはなっていますが、販売数は明示されていません。数量限定ではなく季節限定ということでしょうか。

 

直近のベネッセの決算では、「進研ゼミ」や「こどもちゃれんじ」の述べ在籍数が減少したことなどにより、国内教育事業の売上は4.9%減、利益は46.4%減となったことが明らかにされています。

しかし、今年の4月時点では前年同月比で1%近く会員数が増えたそうなので、ここから反撃が始まる可能性もあります。チェアとデスクマットなどに採用した「はぐくみ」や「はばたき」という言葉は、ベネッセのそういう気持ちが込められているのかもしれませんね。

 - メーカー, 2018学習机 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

学習家具メーカー売上(推定金額)ランキング
メーカー別 学習家具 売上(推定金額)ランキング

学習机を選ぶ際にそのメーカーの売上やシェアについて気になる人はほとんどいないだろ …

たなとつくえ・フレム60オープンシェルフ
ランドセルラックを買うなら待った!たなとつくえ「フレム」オープンシェルフ

リビングダイニング学習が一般的になってきたことも影響していると思いますが、最近は …

水平移動するアーム
なるほど納得☆Zライトのヒミツに迫る!山田照明が考える理想の「あかり」とは

前回に引き続き、山田照明の東京ショールームからお送りします。 【前回】Zライト兄 …

ウィドゥ・スタイル(旧 大塚家具製造販売)・コンテプラス
もうIDCと混同しない!大塚家具製造販売が「ウィドゥ・スタイル」に社名変更

世間で「大塚家具」と言えば、有明ほか全国にショールームを構える「IDC大塚家具」 …

小島工芸・Brick(ブリック)
おしい!小島工芸の学習机

小島工芸は創業130年を迎える国産書斎家具メーカー(一部は中国製)。本社は東京都 …

橋詰家具・Muffin(マフィン)
楠(くすのき)&自然塗装と言えば!橋詰家具(はしづめ家具)の学習机

IDC大塚家具・大阪南港ショールームにも5台ほど並んでいた橋詰家具(はしづめ家具 …

コイズミファニテック2016学習家具カタログ
コイズミファニテックに凸!2016年度大型新商品「スタディアップデスク」は好発進

1ヶ月ほど前にコイズミファニテックのショールームにお邪魔してきたところですが、今 …

イトーキ・COfanO(コファーノ)
【速報版】2016イトーキは「収納性」を本気で考えたコファーノで勝負!

先日、ちょっと調べ物をしていて知ったんですが、イトーキの由来は1890年に伊藤喜 …

オカムラ・Tenuto(テヌート)
【速報版】脱ピエルナ!?オカムラの2016学習机はリビング対応&天然木路線に

9月28日にオカムラ(岡村製作所)の2016学習机カタログ(デジタル版)が公開さ …

学習机とパソコンデスクなどの違いは?
学習机とは?パソコンデスクや書斎机などと比較した場合の違い

先日の記事の中で、新入学児童の約6割が学習机を購入しており、約2~3割はカジュア …